ピーター・グリーナウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピーター・グリーナウェイ
Peter Greenaway
ピーター・グリーナウェイPeter Greenaway
生年月日 1942年4月5日(72歳)
出生地 ニューポート
国籍 イギリスの旗 イギリス

ピーター・グリーナウェイPeter Greenaway, CBE,1942年4月5日 - )はイギリスウェールズ)出身の映画監督脚本家である。

略歴[編集]

小さいころから画家を志すも、美術学校に通う傍ら映画を撮影するようになり、1965年からは中央情報局に入って記録映画を撮影するようになる。

66年に短篇『Train』を撮影、その後もいくつかの短篇を撮影して評判になる。1980年からは長編に挑み、1982年の『英国式庭園殺人事件』で世界的に評価される。1996年には、『ピーター・グリーナウェイの枕草子』を日本で撮影する。『数に溺れて』ではカンヌ国際映画祭の芸術貢献賞、『コックと泥棒、その妻と愛人』では、イブニング・スタンダード映画祭の特別賞を受賞する。

近年は、映画だけでなくインスタレーション作品や小説も発表するようになり、1998年には、ベルリンで開催された巨大規模のオペラ『コロンブス』を作成する。

その衒学趣味、独特の構図、難解なストーリーなどから一部に圧倒的な支持を得て、世界中にファンがいる。音楽は、代表作のほとんどをマイケル・ナイマンが手がけ、そのミニマリズムとあいまって、グリーナウェイの作品は他に類を見ない存在感を持つ。『ZOO』では、裸体が頻出するため、日本での公開当時は多くの修正が施されたりもしたが、現在入手できる媒体では、その修正は取り除かれている。

監督作品[編集]

中・長編のみ記載。短編も多数製作。
  • VERTICAL FEATURES REMAKE Vertical Features Remake (1978年) 中編
  • THE FALLS The Falls (1980年)
  • 英国式庭園殺人事件 The Draughtsman's Contract (1982年)
  • Four American Composers (1983年) ドキュメンタリー
  • ZOO A Zed & Two Noughts (1985年)
  • 建築家の腹 The Belly of an Architect (1987年)
  • 数に溺れて Drowning by Numbers (1988年)
  • コックと泥棒、その妻と愛人 The Cook the Thief His Wife & Her Lover (1989年)
  • プロスペローの本 Prospero's Books (1991年)
  • Darwin (1992年) 中編
  • ベイビー・オブ・マコン The Baby of Mâcon (1993年)
  • キング・オブ・フィルム/巨匠たちの60秒 Lumière et compagnie (1995年) オムニバス
  • Stairs 1 Geneva (1995年) ドキュメンタリー
  • ピーター・グリーナウェイの枕草子 The Pillow Book (1996年)
  • 8 1/2の女たち 8 ½ Women (1999年)
  • The Death of a Composer: Rosa, a Horse Drama (1999年)
  • The Tulse Luper Suitcases, Part 1: The Moab Story (2003年)
  • The Tulse Luper Suitcases: Antwerp (2003年)
  • The Tulse Luper Suitcases, Part 2: Vaux to the Sea (2004年)
  • The Tulse Luper Suitcases, Part 3: From Sark to the Finish (2004年)
  • A Life in Suitcases (2005年)
  • レンブラントの夜警 Nightwatching (2007年)
  • Peopling the Palaces at Venaria Reale (2007年)
  • レンブラントの告発 ~名画「夜警」に隠された31の秘密~ Rembrandt's J'accuse (2008年) ドキュメンタリー
  • The Marriage (2009年) ドキュメンタリー
  • Goltzius and the Pelican Company (2012年)
  • Eisenstein in Guanajuato (2014年)
  • Walking to Paris (2015年)
  • The Eisenstein Handshakes (2016年)

関連項目[編集]

  • 高山宏 (著書『魔の王が見る』で、グリーナウェイ論を展開している)

外部リンク[編集]