全裸水泳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スキニー・ディップ中の女性

全裸水泳とは、水着を着用せずにのままで泳ぐ行為のこと。スキニー・ディップ(Skinny Dip)とはヌーディズム思想が背景になって生まれた言葉である。スキニー・ダイビングがある。

スキニー・ディップ[編集]

この用語は、ただ単純に裸で冷たい水の中で泳ぐことを表す言葉として用いられる。ただし、風呂温泉に裸のまま入ることを意味する場合もある。この言葉が水着を身に着けて入ることになっている風呂や温泉に浸かる行為(多くは暗闇の中で行われる)を意味して用いられる場合、より悪ふざけ的な意味合いを帯びることになる。この意味では、たとえ性行為に及ばなくとも、男女混合で行われるスキニー・ディップは性のモラルに反抗する意味合いがある。「スキニー」が「生身のまま」を意味し、「ディップ」が「元気よく水に飛び込む」ことを意味する。

インドでの子供の水泳

歴史[編集]

過去においては全裸水泳こそが唯一の水泳法であった。何故なら未だ水着が考案されていなかったからである。かつて西洋世界においても、全裸水泳は一般的な行為であった。特に、池、川の深みや入り江などで泳ぐ子どもたちにとって、全裸水泳は当たり前の行為であった。当時、水着は羊毛で織られており、その扱いには十分な注意が必要であり、それほど実用的なものではなかった。水着がより実用的になった現在でも、あまり見知らぬ人が訪れず、他人の見られる恐れの無い田舎などでは、全裸水泳はかなり一般的な行為であり続けている。しかしそのような場所でも、その行為が非道徳的であると見なされるのであれば、法律や親の権限などにより、禁じられていることもある。

アメリカ合衆国では、様々な地域で独自の服装規定が制定されている。公共の場で裸になる事に関して、合衆国政府による規制は無い。サンフランシスコのベーカービーチのように、連邦公園の中にヌーディストビーチがある場合もある。競合管轄(concurrent jurisdiction)と呼ばれる規定により、連邦公園の監視員が州や地域の決まりを施行したり、所轄当局に通報したりすることができる。YMCAが1960年代に女性の入学を認めるまでは、プールにおいて水着を着用することは禁止されていた。また高校の水泳授業においても、同じような方針が採られることもあった。それは水着の清潔さを保つことが、現実的には難しいことが理由であった。誰もがみな平等に「生まれたままの姿」であり、それが閉じられた室内で行われる以上、同じ性別の者の裸を目にすることは奇妙なことではなく、性的な色合いも帯びていないと認識されていたため、このようなやり方は一般的であった。2006年現在、裸での入場を義務付けている男性専用プールが多くある。

関連項目[編集]