服装規定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

服装規定(ふくそうきてい、英語:dress code)とは社会の中のさまざまな場所と機会、また行事や催し物、パーティなどの場面で当然、その場面でしかるべきとされる服装のことをいう。周囲への配慮から始まったエチケットである。行事によっては主催者側でフォーマル、インフォーマルなどと指定されることも少なくない。英語の表現をそのまま使ってドレスコードと表現されることもある。

こうした服装の規定は、個人の生活の中では冠婚葬祭において最も顕著に現れてくる。レストラン短パン、ノーネクタイを禁止するのもドレスコードの一種。クルーズ客船の中でも時間帯によって服装を選ぶ必要がある。また国のレベルでは国家元首、その関係者、首相閣僚大使公使軍人などその役職や格式により歓迎の儀礼や晩餐会などでもその都度の服装が細かく規定されている。

背広はフォーマルウェア(礼装)ではなく、ビジネス用の服装である。しかし、日本では略礼装として扱われることが多い。

フォーマルウェア[編集]

結婚式[編集]

  • 必ずコード指定された服装を着用する。本来は準礼服以上が基本であるが、日本では「平服でお越しください」と招待状に記載されていることが多く、背広(略礼装)が着用されることが多い。ネクタイは白や黒以外の縞ネクタイが望ましい。シングルの背広の場合はグレーのベストを着用し、チーフを差すことが望ましい。
  • ウェディングドレスの多くが白色であるため、それを引き立たせるために参列者は白色の服を着ない。着てもいいのは新婦と新郎だけ。
  • 新婦を引き立たせるため、女性のアクセサリーは真珠など控えめが望ましい。
  • 学生の場合は学生服でも代用可能とする。
  • 過度な露出をした服装は避ける。

葬儀[編集]

  • 喪章を着用する。日本では黒ネクタイがその代用となる。
  • ベールをかぶるのは特に近い親族の女子のみ。
  • 学生の場合は学生服でも代用可能とする。
  • 海外の葬儀参列では、日本で一般的なブラックスーツ、黒いネクタイを着用すると葬儀社員と間違われるので現地の衣服習慣に合わせる。通常は背広で事足りる。

和服[編集]

  • 男子は着流しで正式な場に出てはならない。羽織或いは裃を着用すべき場もある。
  • 未婚の女子は振り袖、既婚の女子は留袖を着用する。女子の羽織は略礼装になっても正礼装にならない。
  • 葬儀・法要には、男子は黒染抜き五つ紋に羽織袴、女子は黒染め抜き五つ紋に黒帯(夏季は絽や紗)が正礼装、三回忌以降の法要では色喪服(藍、紫、グレー)の三つ紋、一つ紋、紋なしに黒帯の略礼装も。

帽子[編集]

  • 神社仏閣の境内、飲食をする場、講演など知識を伝授する場、その他の結界においては脱帽する。女子にのみ着帽が許される場もある。

競馬場[編集]

馬主席、貴賓(来賓)席では、男性は背広・またはジャケットネクタイ、女性もそれに準じたジャケット・フォーマルなドレスの着用が義務付けられている。

またアスコット競馬場で行われるイギリス王室主催「ロイヤルアスコット開催」においての来賓席では厳格な服装規定がある。

  • 男性はシルクハットにモーニングコート(黒・グレーのみ)・カッターシャツネクタイボウタイでないもの)、女性も帽子・フォーマルドレス(肩などが露出しないようにしてあるもの)を持参・着用することが義務付けられている(イギリス以外の諸外国から入場する場合は、その入場者本人自身の出身国の民族衣装での来場も認める)。
  • 一般の観客も背広・またはジャケットの着用が基本であり、ジーンズジャージといった比較的ラフな衣装では入場することができないことになっている。

入場規制[編集]

宗教施設や社交場、商業施設などへの「服装による入場規制」を「ドレスコード」と呼ぶケースもある。

1990年代ディスコの入場時にドレスコードを応用した入場制限の方法がマスコミに取り上げられ話題になったこともあった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]