プレーリースカート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
一例

プレーリースカート: Prairie skirt)とは、西部開拓時代をイメージした女性用スカートのデザイン。ウェスタンファッションの一種。

西部開拓時代をテーマとして、ラルフ・ローレンが1978年の秋のコレクションとして発表したのが最初になる[1]

概要[編集]

プレーリースカートは1820年代ごろの西部開拓時代の女性が着用していた手縫いのスカートをイメージしてデザインされた。全体に少しフレアが入った、一列以上のティアードフリル(またはラッフル)が特徴で、フリルの下にはハトメやレースでトリミングされたペチコートがしばしば着用されている。

伝統的なプレーリースカートは、デニム更紗などのアメリカ産生地で作られている。最も典型的なウェスタンファッションとして、スクェアダンスの際にも着用される。

ラルフ・ローレンのデザインした、ふくらはぎの真ん中までの長さ、ボタンの前立て、シングルフリル、スカートより長めのペチコートのプレーリースカートは、1970年代から1980年代初頭にかけて大流行した[1]

2005年に再び流行したプレーリースカートは、短め、ティアードフリル、ボイルシフォンなどの軽量の生地を用いていた。それよりも控えめなスリップの入った長めのプレーリースカートや、アンダースカートなども流行した。

出典[編集]

  1. ^ a b George-Warren, Holly, and Michelle Freedman: How the West Was Worn, p. 184-187.

参照[編集]

  • George-Warren, Holly, and Michelle Freedman: How the West Was Worn, Harry N. Abrams (2001), ISBN 0-8109-0615-5.

関連項目[編集]