ノーフォークジャケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーフォークジャケットとニッカボッカを着てゴルフをしている男性(1901年)

ノーフォークジャケットとは、ジャケットの一種。

概要[編集]

ルーズなジャケットで、後身頃と前身頃にボックスプリーツが入っているのが特徴。肩にはヨークが当てられている。前合わせはシングルブレスト。共布のベルトで留められるが、ハーフベルトのものもある。

男性のスポーツ用ジャケットとして利用された。現在は主に軍や警察の制服として利用される。元々はシューティングコートとして制作され、肘を上げて銃を構える時に束縛されないようになっている。

ノーフォークの名前の由来はノーフォーク公が最初に着たからとも、あるいはイギリスのノーフォーク地方に由来するとも言われている。ノーフォーク地方にはサンドリンガム・ハウス宮殿があり、そこを拠点として王太子時代のエドワード7世が主催したスポーツサークルにおいて1860年代にノーフォークジャケットが流行した。

参照[編集]