スリーピース・スーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スリーピース・スーツThree Piece Suit)とは背広の種類の一つ。その名称の通り、全て同一の布で仕立てられたジャケット、ベスト、スラックスの3つのセットから成る(どれか一つが欠けても「スリーピース」にはならない)。日本では明治時代以降に伝わった。現在でも「三つ揃え」スーツとして呼ばれる。

現在あらゆる国で着用されるスーツの正統派。もともと、スーツといえばこのスリーピースを指した。現在、ほとんどのスーツはベストがセットされていないツーピースであるが、元来スーツというものはイギリスで生まれ、紳士の礼服とされた。イギリスからアメリカへの移民もイギリスの風習を色濃く受け継ぎ、礼装時にはスーツを着用した。その際もいずれのスーツもスリーピース仕立てだった。

仕様・着方[編集]

スリーピース・スーツ着こなしの例(フランクリン・ルーズベルト1900年4月)
ダブルのウェストコートを着用した場合
ダブルのウェストコートを着用した男性
立襟のウェストコートを着用した場合

ワイシャツなどを着た後、スラックスを穿き、ボタン式のサスペンダーで吊り(正式のスリーピースではウェストコートの下が浮くのを防ぐためベルトは締めない)、ウェストコートを着用し、その上から上着を羽織る。スーツとウェストコートは基本的に同じ生地のものでなければならない。好みによってあえてオッドベストなどの別の柄や素材・織物を着る事もあるが、原則、同じ仕立てのものでなければならないとされる。

例外として腰・胸ポケットを増やしたり、背面に尾錠を取り付けたり付きや襟なし、ラペルを変えた物、襟にフラワーホールを取り付けたものを仕立てることもできる。ウェストコートの背面は通常は動きやすさを重視して背広の裏地と同様のもので仕立てるが、背広の表地と同様のもので仕立てることもできる。通常は、シングルのスーツにシングルのウェストコートや、ダブルのスーツにダブルのウェストコートだが、シングルのスーツにダブルのウェストコートや、ダブルのスーツにシングルのウェストコートという着こなしも楽しめる。スラックスはスーツのシングルやダブルに合わせる事は少なく、シングルのスーツにダブルのスラックスや、ダブルのスーツにシングルのスラックスも見掛ける。

シングルのスーツは2つ掛け以上の場合は最下部のボタンを外すのが正式。ウェストコートは5つ掛けなら全てボタンを掛け、6つ掛け以上ならボタンが一直線に並んでいる状態なら全て掛け、最下部のボタンが離れているなら最後のボタンは掛けないで外しておく。カーディガンの場合も同様にする。ボタンとボタンの間隔は5センチ(体型により上下する)。

2つボタンのスーツの場合は第一ボタンをかけた状態でウェストコートの上のボタンが2個のぞくくらい、3つボタンのスーツの場合は1個~1個半覗くくらいで仕立る。

ダブルのスーツの場合はシングル・ダブル問わずにウェストコートを見せない、もしくはウェストコートを着用しない(ツーピース)とされている。

長年スーツというものに接したことのなかった日本人が明治以降初めて洋装を着始め、スーツを着用するようになった頃はこのスリーピーススーツしかなかった。

今でこそスーツには様々なタイプがあるが、元々スーツはベストを含めて一式であり、ベスト等を廃したツーピースは伝統的なものではない。当時のイギリスにあってはスーツに加えハットマントステッキを揃えるのが正統とされ、現代の日本で一般に着られているようなスーツとは大きく違う。

日本にスーツが伝わった当初はスーツの普及も少なく、スーツを着ていた日本人はイギリスにおいてのスーツの礼式をしっかりと守った着方をするのが一般的であった。

現在でもスーツは基本的に欧米の文化を色濃く受け継いでいるので「日本風のスーツ」という概念は存在しないが、日本人の着こなし、ライフスタイルに合わせた形のスーツは多くの日本人デザイナーや服飾店によって開発・販売されている。

日本ではスーツは明治初期は一部の階級の者(皇族、華族、高名な学者、政治家、高級官僚、財界人)くらいしか着る事がなかったが、昭和期以降ホワイトカラーに従事する労働者などにも広がり一般化したが、第二次世界大戦頃まではスリーピースが一般的だった。

その後、これらスリーピースを簡略化したツーピース、マオカラースーツ立襟)などがアメリカやイタリアで開発され、日本にも伝わり普及した。

ツーピースは現在、むしろ主流とも呼べるスーツであるが、これは誰でも簡単に着られるように作られた簡略化スーツとも言え正統派のスリーピースに伴う礼式は継承されていない。

現代においては、スーツの選択肢の一部としてスリーピースが選ばれることもあるが、マント、ステッキ、ハットなどを含めることは一般にはない。

ネクタイピンはウェストコートがネクタイ止めの役目を果たしているので付けない。

背広以外にもマオカラースーツのスリーピースも存在する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]