ボウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボウの結び方 (A)
ボウの結び方 (B)
ボウタイ
ピアネス・タイ
解いた状態

ボウ英語:bow)は、服飾用語としては、など)に巻き付けた1本のや細長いの両端を、蝶結びにしたもの。

たすきネクタイリボンなどがボウに結ばれる。

衣服を留め合わせる技術としてはほかにボタンファスナーなどがあるが、それらより歴史は長い。そのほか、髪留めや、純粋に装飾として使われる。見た目が華やかなため、女性用の衣服やアクセサリーに特によく使われる。

ボウに結んだネクタイボウタイ (bow tie, bowtie) と呼ぶ。これはネクタイの一種であり、男性のファッションである。

ボウの種類[編集]

ボウは歴史が長いため、下記のような様々なタイプが存在する。

ボウタイ(蝶ネクタイ)
ピアネス・タイ(クリップ・オン、プレ・タイド)
初めから結び型があって、首の側面や後ろ側で金具、マジック テープなどで止める。
ツウ・タイ(バット・ボウ)
長い紐状のものを、 蝶型に手で結ぶ。
バタフライタイ
蝶が羽を広げたような形のもの。フォーマル用。
クラブボウタイ
結んだときに両翼が一直線になるもの。
スクエアボウタイ
クラブボウタイの幅が3cm以下のもの。
チビタイ
クラブボウタイの非常に小ぶりなもの。
ポインテッドエンドボウタイ
先端が三角にとがった形のもの。パーティー用。
シャルマンボウタイ
自分のサイズに合わせて、ハサミで切って結ぶもの。

関連項目[編集]