靴下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
靴下
5本指の靴下

靴下(くつした、: sock)は、を覆う袋状の布のことである。特に薄く伸縮性のする布を用いたものは、ストッキングと呼ばれる。古称をメリヤス足袋といい、足袋もこれに近いが、一般には別個のものとして扱われる。

概要[編集]

靴下は、と素足の間の緩衝材としての役目のほか、足を暖かく保つ保温作用、を吸収して乾燥させ、通気性を確保することのほか、靴の外にでる皮膚の保護、靴と下半身の衣服との間を埋める衣服としての役割がある。

靴下の長さは様々であり、踝(くるぶし)のすぐ上を覆うものから膝上を覆うものまで様々な長さがある。さらに足首より短く、裸足に近いスニーカーソックスもあり、最近では若者を中心に流行している。靴下の先は通常分割されていないが、つま先が分割されている靴下もある[1]。具体例としてはつま先が5つに分かれて指が1本ずつ離れるようになっているタイプ(5本指ソックス)や、足袋と同様に親指部分のみ離れているタイプ(足袋ソックス)などである。

綿アクリル、毛(ウールカシミア)、ナイロンポリエステルポリウレタンポリ塩化ビニルポリプロピレンなどの素材から作られる。

礼装に用いるものは背広や弔事・夜では黒、慶事では黒や白黒の縞柄、ビジネスでは黒、濃紺、濃茶、チャコールグレーのハイソックスとなっている。

なお、靴と同様に専用の着脱具もある[1]

靴下の種類[編集]

丈の長さに応じて[編集]

ニーソックス、オーバーザニーについては、場面によって指すものが異なる。詳細は各項目を参照。

なお、日本意匠分類では短型(ふくらはぎ中程以下のもの)と長型(ふくらはぎを覆う丈があるもの)に分類されている[1]

機能・形状に応じて[編集]

靴下の製造工程[編集]

ほぼすべての工程において検品が行われる。

編み立て[編集]

丸編み[編集]

シングルシリンダー機[編集]

K式ともいう。口ゴムの部分に、袋状の折り返しができる。カットボスという機能により、刺繍のような柄出しができる。

ダブルシリンダー機[編集]

W式ともいう。複数枚の靴下がチューブ状に長くつながった状態で排出される。スポーツソックスによく使用されるパイルソックスや、畦あるいは畝のような、凹凸の縦縞を持つリブソックスを製造できる。リンクスやジャカードといった機能により、幾何学的な柄出しができる。

平編み[編集]

5本指ソックスを製造できる。先縫いをしなくてもいいので、下記のタンブラー工程まで省略ができる。軍手軍足の製造工程に同じ。

抜き[編集]

上記ダブルシリンダー機で編まれた複数枚のチューブ状の靴下を、1枚1枚に切り分ける工程。通常は手作業によるが、近年、編み機から排出される段階で1枚ずつ切り分けることのできるダブルシリンダー機も出てきている。

返し[編集]

靴下を裏返す。手作業、あるいは、専用の機械を使う。

先縫い[編集]

丸編み機から排出された段階では、爪先が閉じられていない。これを裏側から縫って袋状に仕立てる工程。専用の機械を使う。

ロッソ[編集]

オーバーミシンのような機械で、生地を大雑把に縫い合わせる。現在のほとんどの靴下がこの方式。イタリアのロッソ社が最初に機械を製造したため、工程の名称もロッソとなった。

かがり(リンキング)[編集]

編目のひとつひとつを掬い縫いする(かがる)。ロッソに比べ、熟練が要求され、工賃単価も格段に高い。

傷見[編集]

裏返しになった靴下を表に返す。検品の最重要工程。

タンブラー[編集]

省略可。あらかじめ靴下を大きめに編んでおき、それを柔軟剤とともに洗濯機に投入し、水を含ませた後、乾燥機を使って熱を掛けて縮ませる。縮柔ともいい、柔らかな風合いになる。洗濯機の工程において、柔軟剤のかわりに他の薬剤を投入することにより、防虫・抗菌・香り付けなどの加工を施す場合もある。

刺繍[編集]

省略可。ブランドのロゴなどを刺繍する。

セット[編集]

靴下を型板に差し込み、蒸気や電熱などにより、熱をかけ、形を整える。日本の市場に出す製品では省略できない。

ペアリング[編集]

2枚を合わせて1足にする。口ゴム部分とつま先を、パッカー(正式にはパッチャー)と呼ばれる金具・シール紙などで綴じ合わせ、脚部と足裏の間を折る。

装飾加工[編集]

省略可。ブランドのロゴ・サイズ・品質表示(使用糸)・製造者番号を明示する。

シール[編集]

転写[編集]

アイロンを使って、足底の土踏まず部分にプリントする。

口紙[編集]

口ゴム部分の上から紙を掛け、糸などで綴じ付ける。販売店の店頭で吊り下げるためのフックが付いていることも多い。

帯紙[編集]

縦置きしたときの中央あたりに、横方向に掛ける紙。

中紙[編集]

袋入れ[編集]

ギャラリー[編集]

文化[編集]

  • クリスマス:プレゼントは靴下に入れられる。
  • 日本の中学校や一部の高等学校では、白い靴下に限るという規制がある。伝統校などでは三つ折を校則とする例もある。

芸能[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]