ストラップレスドレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
初期のストラップレスドレスを着用する女優のリビー・ホルマン、1932年7月

ストラップレスドレス英語: strapless dress)は肩紐などの外部から見えるような支える用具がない状態で上半身に身につけたドレスを指す。通常、ストラップレスドレスは内部からコルセットもしくはブラジャーによって支えていることが多く、着用位置からドレスがずり落ちることがないよう身体に密着したような形で着用する[1]

歴史[編集]

1930年代 - 1980年代[編集]

リチャード・マーティンやハロルド・コーダによると、現代のストラップレスドレスの先駆けとなるドレスは1930年代に初めて出現し、1940年代後半にメインボッチャー英語版クリスチャン・ディオールなどのデザイナーが衣装作りを手がけて人気となった[1]。1938年7月18日、雑誌ライフは「肩紐も袖もまったくないイブニングドレス」を1937年から38年の間に創案したと主張している[2]。しかし、女優のリビー・ホルマン英語版は1932年に明らかにストラップレスドレスを身にまとって写真に収まっており、ライフによる掲載よりも数年前から存在していたことが確認できる[3]。ホルマンはストラップレスドレスの代名詞となり、ストラップレスドレスの開発の際には必ず協力者の一人として名前が上がる[4][5][6]、もしくは最低でも有名人最初の着用者として名前が上がっていた[7]。数年後の1934年、メインボッチャーは自身初の黒いサテンのストラップレスガウンを開発し、これは初のストラップレス・イブニングドレスとされている[8]。1938年11月14日号の「ライフ」ではホルマンやメインボッチャーに続いて、デビュー時にデビュタントドレス英語版を着用して人気を取った女優のブレンダ・フレーザーがクレジットに名前を連ねている[9][10][11]

ストラップレスドレスは第二次世界大戦後も依然として人気であり、時に「ネイキッド・ルック (Naked look)」と形容されるようなスタイルをとっていた[12]。この時期の有名なストラップレスドレスとしては、映画ギルダにおいて歌やダンスの際にリタ・ヘイワースが着用していた黒のサテンガウンが挙げられる[13]。ヘイワースの演技により、ストラップレスドレスは公然わいせつの心配をすることなく安全に移動やダンスのできる衣装であると認識されることとなった[13]。これにもかかわらず、多くの保守的な消費者は新しいストラップレスドレスに肩紐をつけていた[12]。また、このスタイルは不謹慎であると考える反対派に問題視されていた。1940年代から1950年代までの間、アメリカ合衆国のカトリック活動家はビキニや肩紐のない水着、ストラップレスドレスなどを含む「露出度の高い」衣装に対して抗議した[14]。1954年のドイツでは、アメリカ合衆国軍は軍関係者の妻や娘がストラップレスドレスやショーツ、その他の露出度の高い衣装を公の場でを着用することを禁止しようとした[15]

1950年代の特筆すべきストラップレスドレスのデザイナーとしてはマダム・グレがおり、彼女が制作してアリス・キャドル英語版が着用した流れるようなギリシャ風のドレスは特注品のコルセットを内部に取り付けたものであった[16]

1970年代、ホルストン英語版はコルセットなどで構造化されていないストラップレスドレスをデザインした[17]チューブトップは肩紐のないカジュアルウェアの選択肢の1つとして着用されるようになり[18]、1980年代までにはストラップレスドレスはその内部構造にコルセットなどのボーンを必要としない伸縮性のある生地で作られるようになった[19]

1990年代以降[編集]

ストラップレスドレスをつけて結婚式を行う日本人の夫婦、2010年

1990年代以降、ストラップレスドレスは西洋スタイルの結婚式に使用されるウェディングドレスに広く使用されるようになっている[20]。ストラップレスドレスは1990年代からカジュアルな結婚式が人気になったことで妥当な選択肢の1つとして次第に着用されるようになっていたが[21][22]ヴェラ・ウォンが21世紀最初の十年間にこのようなブライダルドレスを大きく広める要因を作った人物のひとりとして知られている[20]。しかし、宗教的な意味合いの濃い結婚式では、肩紐がなく肩を露出するスタイルのドレスは物議を醸す可能性が高い[21]。また、ストラップレスドレススタイルの結婚式の人気にもかかわらず、「処女を理想とすることへの拒否行動」であると考える者もいる[23]

ストラップレスドレスはレッドカーペット・ファッション英語版において非常に人気のあるスタイルとなっている[13]

社会の認識[編集]

ストラップレスドレスが紹介されて以降、肩紐のない衣装は多くの場で議論を呼んできた。21世紀初頭時点で、多くの学校や職場ではドレスコードの条項の一部として、肩紐のない衣装の着用を禁止している。2012年にウォール・ストリート・ジャーナルが出版したアデコの調査では、72%のアメリカ人が肩紐のないトップスは職場で着用する衣服として不適切だと考えているという結果が出た[24]

宗教団体の見解[編集]

ストラップレスドレスには特に牧師神父などの聖職者から非難の声が上がっている。2005年、ムスリムの聖職者はストラップレスドレスはミニスカートシースルーのようなその他の露出度の高い衣装と同様に「悪魔的」であると宣告した[25]モルモン教の教会の長であったスペンサー・W.キンバル英語版は肩紐のないガウンは正しい衣装でも認められるものでもなく、いかなる時にあっても聖女がストラップレスドレスを着用するべきではないと宣告している[26]。また、他のモルモン教の聖職者は肩紐のない服装をする者を「主の面前で醜態を晒す者」と宣告している[27]。このような見解は必ずしも宗教団体の大多数に一致した見解というわけではないが、一般的なルールとしてカトリックの信者やユダヤ教バル・ミツワーなどの間では、肩と腕が衣服で覆われている場合に限り肩紐のない服装が認められる[28][29]

脚注[編集]

  1. ^ a b Martin, Richard; Koda, Harold (1996). Bare witness. New York: Metropolitan Museum of Art. pp. 6. ISBN 9780870998027. http://books.google.co.uk/books?id=PmuEqgZPdeUC&pg=PA6#v=onepage&q&f=false. 
  2. ^ “Underthings for the Strapless Vogue”. LIFE: 33. (1938-07-18). http://books.google.co.uk/books?id=nU8EAAAAMBAJ&pg=PA33#v=onepage&q&f=false 2013年5月17日閲覧。. 
  3. ^ “Former actress questioned in husband's death”. New York World-Telegram. (1932年7月9日). http://www.loc.gov/pictures/item/95504786/ 2013年5月17日閲覧。 
  4. ^ Scheper, Jeanne. "Libby Holman." Jewish Women: A Comprehensive Historical Encyclopedia. 1 March 2009. Jewish Women's Archive.
  5. ^ Casstevens, Frances H. (2006). Death in North Carolina's Piedmont : tales of murder, suicide and causes unknown. Charleston, SC: History Press. p. 74. ISBN 9781596291966. http://books.google.co.uk/books?id=kgt3ssXE7dsC&pg=PA74#v=onepage&q&f=false. 
  6. ^ Bowie, Angie (2002). Bisexuality. Harpenden , Herts: Pocket Essentials. p. 58. ISBN 9781903047910. "Libby Holman was a Jewish American who invented the strapless gown and was a celebrated torch singer." 
  7. ^ Waggoner, Susan (2001). Nightclub nights : art, legend and style, 1920-1960. New York: Rizzoli. p. 18. ISBN 9780847823314. "Then there was the scandalous Libby Holman, whose accomplishments ranged from challenging race and gender stereotypes to popularizing the strapless evening gown." 
  8. ^ Steele, edited by Valerie (2010). The Berg companion to fashion. Oxford: Berg. pp. 492. ISBN 9781847885920. http://books.google.co.uk/books?id=Hemsvn9ZbRkC&pg=PA492#v=onepage&q&f=false. 
  9. ^ Gourley, Catherine (2008). Rosie and Mrs. America : perceptions of women in the 1930s and 1940s. Minneapolis, MN: Twenty-First Century Books. ISBN 9780822568049. http://books.google.co.uk/books?id=hK07reQCYbkC&pg=PA66&dq#v=onepage&q&f=false. 
  10. ^ Ketchum, Richard M. (1989). The borrowed years, 1938-1941 : America on the way to war (1st ed. ed.). New York: Random House. ISBN 9780394560113. http://books.google.co.uk/books?ei=Y_5GUaWODu_I0AX0lYHwAQ&id=k7QNAAAAIAAJ&dq=+strapless#search_anchor. 
  11. ^ “The Glamour Girl Reached her Peak”. LIFE. (1946-11-25). http://books.google.co.uk/books?id=cE0EAAAAMBAJ&pg=PA86&dq 2013年5月17日閲覧。. 
  12. ^ a b Palmer, Alexandra (2001). Couture & commerce : the transatlantic fashion trade in the 1950s. Vancouver: UBC Press [u.a.]. pp. 154. ISBN 9780774808262. http://books.google.co.uk/books?id=eeGDr5ZzCsEC&pg=PA154&dq#v=onepage&q&f=false. 
  13. ^ a b c Rubenstein, Hal (2012). 100 unforgettable dresses. New York: Harper Design. pp. 206-207. ISBN 9780062198884. http://books.google.co.uk/books?id=KvzSrWl5QP0C&pg=PT206#v=onepage&q&f=false. 
  14. ^ Jay, Kathryn; Winston, Diane (2002). John M. Giggie. ed. "In Vogue with Mary" - How Catholic Girls Created an Urban Market for Modesty; published in Faith in the market : religion and the rise of urban commercial culture. New Brunswick, N.J.: Rutgers University Press. pp. 177-198. ISBN 9780813530994. http://books.google.co.uk/books?id=niIAHkP89JgC&pg=PA177#v=onepage&q&f=false. 
  15. ^ “Wives Told to Dress in Good Taste”. The Age. (1954年8月6日). http://news.google.com/newspapers?id=FNJVAAAAIBAJ&sjid=F8QDAAAAIBAJ&pg=3488,4736627&dq 2013年5月17日閲覧。 
  16. ^ Polan, Brenda; Tredre, Roger (2009). The Great Fashion Designers. (English ed. ed.). Oxford: Berg. pp. 69. ISBN 9781847882271. http://books.google.co.uk/books?id=H5oadQtleT4C&pg=PA69#v=onepage&q&f=false. 
  17. ^ Polan, Brenda; Tredre, Roger (2009). The Great Fashion Designers. (English ed. ed.). Oxford: Berg. pp. 139. ISBN 9781847882271. http://books.google.co.uk/books?id=H5oadQtleT4C&pg=PA139&dq=#v=onepage&q&f=false. 
  18. ^ Peterson, Amy T.; Ann Kellogg (2008). Greenwood Encyclopedia of Clothing through American History , 1900 to the Present. ABC-CLIO. pp. 209. ISBN 0313043345. http://books.google.co.uk/books?id=rQCEF-tG77AC&pg=RA1-PA209#v=onepage&q&f=false. 
  19. ^ Steele, edited by Valerie (2010). The Berg companion to fashion. Oxford: Berg. pp. 266. ISBN 9781847885920. http://books.google.co.uk/books?id=Hemsvn9ZbRkC&pg=PA266#v=onepage&q&f=false. 
  20. ^ a b Daniels, Maggie; Carol Loveless (2012). Wedding Planning and Management. Routledge. ISBN 9781136349140. http://books.google.co.uk/books?id=i6bVaaeNopEC&pg=PT256&dq#v=onepage&q&f=false. 
  21. ^ a b Steer, Deirdre Clancy (2009). The 1980s and 1990s. New York: Chelsea House. pp. 47-48. ISBN 9781604133868. http://books.google.co.uk/books?id=cgU5OQuHTRcC&pg=PA47&dq#v=onepage&q&f=false. 
  22. ^ Woram, Catherine (1993). Wedding dress style : the indispensable style-file for brides-to-be and designers. London: Apple. ISBN 9781850764632. http://books.google.co.uk/books?id=wtDfAAAAMAAJ&q=strapless#search_anchor. 
  23. ^ Kohl, Martha (2011). I do : a cultural history of Montana weddings. Helena: Montana Historical Society Press. pp. 74. ISBN 9780980129229. http://books.google.co.uk/books?id=Lq2HGZvRcrgC&pg=PA74&dq#v=onepage&q&f=false. 
  24. ^ Kom, Melissa (2012年7月20日). “What Not to Wear To Work”. The Wall Street Journal. http://blogs.wsj.com/atwork/2012/07/20/work-wear-101-what-not-to-wear-to-work/ 2013年5月17日閲覧。 
  25. ^ Devine, Miranda (2005年4月24日). “Muslim cleric: women incite men's lust with 'satanic dress'”. The Sun-Herald. http://www.smh.com.au/news/National/Muslim-cleric-women-incite-mens-lust-with-satanic-dress/2005/04/23/1114152362381.html 2013年5月17日閲覧。 
  26. ^ Kimball, Spencer W. (1982). The Teachings of Spencer W. Kimball, Twelfth President of the Church of Jesus Christ of Latter-day Saints. Bookcraft. p. 286. http://books.google.co.uk/books?id=TA6QAAAAMAAJ&q=strapless. 
  27. ^ Wiley, Robert Gottlieb & Peter (1984). America's saints : the rise of Mormon power. New York, NY: Putnam's. p. 199. ISBN 9780399129247. http://books.google.co.uk/books?ei=TqlHUdacJMKwOb6KgQg&id=ny7rX_XqEBsC&dq=strapless&q=strapless#search_anchor. 
  28. ^ Copeman-Bryant, Callie (2007). A Marriage Made in Italy - Area Guide 3: Rome. Lulu.com. p. 7. ISBN 9781847530707. http://books.google.co.uk/books?id=UHH6cfbp4r8C&pg=PA7-IA1&dq=strapless#v=onepage&q=strapless&f=false. 
  29. ^ Reinharz, edited by Barbara Vinick & Shulamit (2011). Today I am a woman stories of bat mitzvah around the world. Bloomington: Indiana University Press. p. 18. ISBN 9780253005175. http://books.google.co.uk/books?id=uLdNQi2-j9EC&pg=PA18#v=onepage&q&f=false.