作業服

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲームセンターCX』を参照。

作業服(さぎょうふく)は、様々な作業・労働をする際に着用する衣服全般。特に、両胸にポケットの付いた襟付きシャツ(又はジャケット)と揃いのカーゴパンツ風のもの(又はスラックスチノ)の上下を指すこともある。作業着作業衣とも呼ばれる。

会社工場などの制服に指定されている場合もあり、ポリエステル素材においては再生ペットボトル繊維が用いられているものもある[1]。また、速乾は元より、制電などの特殊な機能性を持つものや、半袖タイプもある。防寒性を意識した綿製もある。

広義での作業服[編集]

人力車のスタッフ(1897年)

カーハートディッキーズはワークウェアブランドとも呼ばれる。ジーンズデニム)のルーツも、ワークパンツとしてのものだった。白地と紺地のヒッコリーストライプは、汚れを目立たせない模様として考案された[2]。他にもペインターパンツ、オーバーオールカバーオールなどもある。これらは、デザイン性や機能性が評価され、今日ではファッションアイテムともなった。

日本では、洋服の導入の影響で、大正時代頃から仕事着全般も洋風化していったといわれる[3]。すでに江戸時代にも火消鳶職などの職人は、洋服に近く動きやすい股引き姿だった。現在の鳶職はニッカーボッカーズ型の「鳶服」を着用していることが多いが、高所でバランスを取るためや突起物への安全対策からの普及といわれる[4]

防災服[編集]

日本では、災害などの有事に、閣僚らが防災服を着用することもある[5]。見た目は作業服風だが、アラミド繊維などの難燃素材を用いている場合がある。

脚注[編集]

関連項目[編集]