刺繍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
本来の表記は「刺繡(糸偏に肅)」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
カザフスタンの民族刺繍に見られるチェーン・ステッチを施したラグ。現代のもの。

刺繍(ししゅう、: Embroidery)とは、布地あるいはその他の素材により糸で装飾を施す技術、もしくは手芸のことである。刺繍には金属片や真珠ビーズ、羽柄、スパンコールなどが用いられる場合もある。

刺繍の特徴は、チェーン・ステッチen)、ボタンホール・ステッチen)、ランニング・ステッチen)、サテン・ステッチen)、クロス・ステッチen)など、ステッチen)の最古の技法に基づいていることで、それらは現代の刺繍の基本的な技術として残っている。

機械刺繍en)は産業革命の初期に登場し、手刺繍、とりわけチェーン・ステッチを模倣するために使われた。しかし機械によるサテン・ステッチやヘム・ステッチは、複数の糸によって施されるため、見た目は手刺繍と似ているが構造は異なる。

概要[編集]

大まかにわけて、人の手で行う手刺繍(てししゅう)と、機械を使用する機械刺繍剣山状のを使って布にを埋め込むパンチニードルとがある。

刺繍には、さまざまな色に染められた六本取りロウ引きなしの専用の糸(刺繍糸)と針穴を大きく取った専用の針(刺繍針)が使われる。材料が糸であるという性質上、使っている糸の色や材質を刺繍の最中に変更したり出来ないので、使用する色や材質の数だけ糸を用意する必要がある。そのため、文化刺繍など数十色の色を使用する刺繍を行う場合は、専用の針山が使われる。

歴史[編集]

中国の刺繍は3000年近い歴史を持つと見られ、の『礼記』に養蚕や刺繍に関する記載があり、毛織物に簡単な刺繍を施したものも出土している。湖北省からは戦国時代中期の、湖南省からは前漢の細かな刺繍を施した布の実物が多数出土しており、現在の湘繍のルーツと見られる。の都であった汴州(べんしゅう)では刺繍が盛んに行われるようになり、現在まで1700年の歴史がある。

日本では、縫い目に呪力が宿るとされていた。そのため、大人の着物に比べ、縫い目の少ない子供の着物には悪いモノが寄り付きやすいと考えられ、子供を守るために着物の背中に「背守り」と呼ばれる刺繍を施す風習があった。

中世ヨーロッパでは刺繍は上流階級の女性の教養として広まった。

種類[編集]

  • フランス刺繍 - フランス刺繍独特の技巧をこらしたステッチが多種ある。一般的な「刺繍」
  • リボン刺繍 - リボン状のヤーン(糸)を刺す。刺繍糸よりも立体感をだす事ができる。
祭礼山車の幕に施された刺繍
  • 中国刺繍 - 中国には、少数民族のものと漢族のものがある。漢族の四大刺繍と呼ばれるものに江蘇省蘇州蘇繍(そしゅう)、湖南省湘繍(しょうしゅう)、四川省蜀繍(しょくしゅう)、広東省粤繍(えつしゅう)がある。この他、河南省開封汴繍(べんしゅう)、北京京繍(きょうしゅう)、江蘇省南通沈繍(しんしゅう)、上海顧繍(こしゅう)、浙江省温州甌繍(おうしゅう)などが有名である。各地で糸の種類や技法などに特徴があるが、蘇州のシルクを用いた両面刺繍が特に名高い。少数民族では、ミャオ族苗繍(びょうしゅう)が最も有名であるが、ヤオ族チワン族リー族ペー族ウイグル族など、各民族が独特の図案や風合いの刺繍を行っている。
  • 日本刺繍 - 京都で作られる日本刺繍を京繍、江戸(東京)で作られる日本刺繍を江戸刺繍、金沢で作られる日本刺繍を加賀刺繍と言い、その中で京繍は日本伝統工芸として認定されている。
  • 絽刺し - 専用に作られた「」地の布の織り目の孔に一針ずつ糸を縫い込んでいくもの。図案には伝統的幾何学文様のものと絵画的なものとがある。まるでアップリケのように図案の部分の布地を全て繍糸で埋めてしまうのが特徴。天平時代には中国より伝来していたと見られる。主に皇室公家将軍家大名家の女性達によって受け継がれてきたが、現在その技術を持つ者は少数である。
  • 東京文化刺繍 - 表面一方からのみ針を刺し、糸を表にたわます手法。ジャガード織の風合いに仕上がる。
  • 刺し子 - 木綿地の補強を目的としたステッチ。機能以上に伝統的な美しさもある。
  • キルティング
  • クロスステッチ
  • プチポワン
  • ミシン刺繍 - 機械刺繍の一種。

関連項目[編集]