ノーフォーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーフォーク
EnglandNorfolk.png
地理
様態 典礼および非都市カウンティ
リージョン イングランド東部
面積
総面積
行政区画
5 位
5,371 km2 (2,074 sq mi)
5 位
カウンシル所在地 ノリッチ
ISO 3166-2 GB-NFK
ONSコード 33
NUTS 3 UKH13
人口統計
人口
総人口 (2006年推計値)
人口密度
行政区分
25位
832,500
155 /km2 (400 /sq mi)
7位
民族構成 98.5% 白色人種
政治
http://www.norfolk.gov.uk/
与党 保守党
国会議員
ディストリクト
NorfolkNumbered.png
  1. ノリッチ
  2. サウス・ノーフォーク (South Norfolk)
  3. グレート・ヤーマス (Great Yarmouth)
  4. ブロードランド (Broadland)
  5. ノース・ノーフォーク(North Norfolk)
  6. キングス・リン・アンド・ウェストノーフォーク (King's Lynn and West Norfolk)
  7. ブレックランド (Breckland)

ノーフォーク (Norfolk) はイングランドイースト・オブ・イングランドにある低地カウンティである。西側でリンカンシャー、西および南西でケンブリッジシャー、南側でサフォークに接している。北側および東側は北海に面しており、イギリス最大の入江であるザ・ウォッシュ (The Wash) もある。カウンティカウンシルは北緯52度37分59秒 東経1度17分38秒 / 北緯52.63306度 東経1.29389度 / 52.63306; 1.29389ノリッチである。ノーフォークの面積は 5,371 平方キロメートル (2,074 平方マイル) で、イングランドの典礼カウンティでは 5 番目である。

ノーフォークはイングランドに 34 ある非都市カウンティの中で 7 番めの人口 816,500 人を擁するが、殆どが郊外であるため人口密度は平方キロメートルあたり 152 人に過ぎず、人口密度では 25 番めである[1]。この事実は農業と観光を中心とするノーフォークの経済に象徴されている。ノーフォークにも一部が含まれるザ・ブローズ (The Broads) を国立公園に指定する最近の法案は成立しなかったが、それは自然保護が航行に優先するということになるからである。ノリッチ中心部といった歴史的な場所も観光資源として貢献している。

自然植物保護団体プラントライフ (Plantlife) によるコンテストで、ノーフォークのとしてヒナゲシが投票により選ばれた[2]が、これは投票で一位だったAlexandersが代表的ではないという抗議によるものである。

歴史[編集]

ノーフォークにはローマ時代以前に定住がみられフリントの出土する西部高地の新石器時代の遺跡が発見されている[3]ブリトン人の一部族イケニ族紀元前1世紀から紀元後1世紀までノーフォークに居住していた。イケニ族はローマによる侵攻の侵攻に対し、47年と、ブーディカが率いた60年の二度にわたり反乱を起こした。二回目の反乱は失敗に終わり、ノーフォークはローマ人が支配した。ローマ時代に道路と港が整備され、各地で農耕が始まった。

東海岸に位置するがゆえに、ノーフォークはスカンディナヴィアならびに北ヨーロッパからの侵入の脅威にさらされており、アングル人サクソン人に対する防御として砦が作られた。イースト・アングリアおよびイングランドという名の元になったアングル人5世紀までにはこの地域の支配を確立し、後に「north folk」 (北村) と「south folk」 (南村)、すなわち 「Norfolk」(ノーフォーク) と「Suffolk」 (サフォーク) となった。ノーフォークは周囲の地域とともにイーストアングリアの王国となり、後にはマーシアとあわせウェセックスとなった。初期英語の影響は地名末尾の「thorpe」「ton」「ham」といった綴に見られる。9世紀にはヴァイキングからの攻撃を受け、エドマンド殉教王が殺害された。ノルマン・コンクエスト以前の数世紀にわたり東部の湿地は農地に転換され、人口の増加が見られた。ドゥームズデイ・ブックの調査ではこの地域はブリテン島でも人口密度の高い地域の一つであり、ノルマン・コンクエストまでにはイーストアングリアへの移住が多数行われていたはずである。

中世盛期から終期を通じ、ノーフォークでは農耕と毛織物産業が発達した。1349 年に劇的な人口減少をもたらした黒死病までの期間、経済は減退傾向にあり、以降現在まで人口にあまり変化がないことを述べれば十分であろう16世紀までにノリッチはイングランド第二の都市にまで成長したが、1665年のペストの流行により人口の三分の一が死亡した[4]イングランド内戦の間、ノーフォークは議会派が主であった。地域経済と農業は減退気味であり、産業革命期にノーフォークでの工業は発達せず、 鉄道敷設も遅かった。

20世紀に入ると、ノーフォークの航空界での役割が増した。まず第一次世界大戦の際に飛行場が発達し、第二次世界大戦中のイギリス空軍 (RAF) の発展と多くのノーフォークの飛行場を基地としたアメリカ第8空軍の合流により大規模展開が見られた。第二次世界大戦中、農業は急速に強化され、以降も穀類ならびにナタネの大規模農場の確立とともに盛んである。ノーフォークは、低地と、多くが石灰と粘土であって侵蝕されやすい崖のため海の影響を受けやすい。最近の大きな被害としては1953年の北海水害がある。

経済と産業[編集]

Wells-next-the-Sea.
ノリッチのウェンサム (Wensum) 川
ノリッチ ローマンカトリック教会

1998 年、ノーフォークのGDPは93億1900万ポンドであり、イングランド経済の 1.5%、イギリス経済の 1.25% を占めた。一人当りの GDP は 11,825 ポンドであり、一方イーストアングリアで 13,635 ポンド、イングランドで 12,845 ポンド、イギリス全体では 12,438 ポンドであった。1999 - 2000 年、ノーフォークの失業率は 5.6% であったが、イングランドとイギリス全体ではそれぞれ 5.8%、6.0% であった[5]

ノーフォークの平坦で肥沃な土地の殆どは農地に転換されている。被雇用者の 20% は農業または食品工業に従事している[6]アグリビジネスはノーフォークで成功を収めており、大規模農地での農業は極めて盛んで、かつての家族経営の農地は大規模農地に集約され効率化が図られる一方、生物多様性と雇用の減少を招いているとの批判対象ともなっている。

ノーフォークの有名企業に保険会社のノリッヂ・ユニオン、食品工業のコールマンズならびにベーナード・マシュウズがある。建設工業研修所の本拠地が以前のRAFバーチャム・ニュートンに置かれている。BBCイーストの中心はノリッチにある (放送対象地域はミルトンキーンズまで及んでいる)。

ノリッチの地域工業支援のため、地域カウンシルにより無線ネットワークが提供されている[7]

教育[編集]

ノーフォークは 11 歳から 16 または 18 歳までを対象とするセカンダリスクールを含め公立学校が完備している他、私立学校も存在する。村部の殆どでは近くにシックスス・フォーム (16 歳でのセカンダリスクール終了後の、2 年間の延長教育で、大学入学相当の資格試験に対する準備を行う) はないが、大きな町には存在している。ノーフォークには北部のホルト (Holt) にあるグレシャム・スクール (Gresham's School) とノリッチのノリッチ・スクール (Norwich School) を含め 12 の私立学校がある。就学人口最大なのはキングス・リン・ディストリクトである。

政治[編集]

ノーフォークは、ノーフォーク・カウンティ・カウンシルが治めるシャイア・カウンティであり、以下の 7 ディストリクトに分割されている: Breckland District, Broadland District, Great Yarmouth Borough, King's Lynn and West Norfolk Borough, North Norfolk District, ノリッチ・シティ and South Norfolk

コミュニティー・地方政府省では、ノリッチをノーフォーク・カウンティ・カウンシルから分離した単一行政体とするかどうかを目下検討中である[8][9]

ノーフォーク・カウンティ・カウンシルの与党は保守党であり、Daniel Cox が率いている。議席構成は保守党 46 議席、労働党 22 議席、自由民主党 14 議席、緑の党 2 議席[10]である。最近の選挙での議席交替は 63% であった。

ノーフォーク選出の庶民院議員は、保守党議員 4 名、労働党議員 3 名、自由民主党議員 1 名である。労働党議員はノリッチやグレート・ヤーマスの都市的な地域を代表している。前内務大臣チャールズ・クラークノリッチ南部の選出である。

2005年5月5日のノーフォーク選挙結果
国会 カウンティ・カウンシル[1]
政党 得票数 得票率 議席数 議席率 政党 得票数 得票率 議席数 議席率
保守党 163224 40% 4 50% 保守党 158942 39% 46 55%
労働党 122650 30% 3 38% 緑の党 18786 5% 2 2%
自由民主党 103805 25% 1 13% 労働党 108043 27% 22 26%
その他[2] 19371 5% 0 0% 自由民主党 113048 28% 14 17%
その他[3] 6924 2% 0 0%
合計 409050 8 405743 84
改選議席 64% 63%

[1] 2005 年 5 月 26 日選挙による Town Close 地区代表を含む。立候補届出締切から投票日の間に候補者が死亡したため、Town Close の有権者は 2005 年 5 月 5 日の投票は行わなかった。
[2] UKIP, 緑の党, LCA, Independents, Others
[3] UKIP, LCA, Independents, Others

村、町、交通[編集]

ノーフォークのカウンティ・タウンであり、唯一のシティであるノリッチは、ノルマン時代にはイングランド最大の居住地であった。ノリッチはノーフォーク唯一の大学であるイースト・アングリア大学の所在地であり、ノーフォークの商業および文化の中心地である。その他の主要な町には港町であるキングズ・リンや海岸のリゾート地、ザ・ブロードの入口であるグレート・ヤーマスがある。また、市場町もある: AylshamDownham MarketEast DerehamFakenhamHoltNorth WalshamSwaffhamThetfordWymondham

ノーフォークはイングランドで高速道路のない数少ないカウンティの一つである。A11はノーフォークとケンブリッジおよびロンドンを結んでおり、A47イースト・ミッドランズへ走っている。グレート・イースタン本線はロンドンのリバプール・ストリート駅からエセックス、サフォーク、ノーフォークを結ぶ主要な鉄道である。ノーフォークにある主要な空港ノリッヂ国際空港ただ一つであり、ヨーロッパへの航空便があり、アムステルダムを経由してさらに全世界への飛行が可能である。

方言、アクセント、ニックネーム[編集]

"Broad Norfolk" ともいわれるノーフォーク方言はノーフォークに住む人々のアクセントと方言だが、ラジオ、テレビ、地域外からノーフォークへ移住してきた人などさまざまな要因により、今日では多くの語彙と言い回しが失われつつある。その結果、ノーフォークの話し方は方言というよりはアクセントというのに近くなっている (一部ノーフォーク方言由来の地域固有の文法はあるが)。


観光ハイライト[編集]

ノーフォークは人気ある観光地である。主な観光資源として、海岸、ザ・ブローズ、ノリッチ市街がある。田園地帯、特にBurnham Market周辺も都市生活者が週末を過ごす別荘を購入する場所として人気がある。

ノーフォーク出身の著名人[編集]

ノーフォーク生まれ、またはノーフォークで育った著名人として以下の人々があげられる: ドロシー・シェパード=バロン 女子テニス選手。バイトン出身。

ノーフォークに関係のある著名人[編集]

以下の著名人は生まれも育ちもノーフォークではないが、ノーフォークに長いこと居住しているか、ある時期ノーフォークに住んでいたことが知られているか、ノーフォークに顕著な貢献がある人々である。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Office for National Statisticsの 2004 年人口推定に基づく。List of non-metropolitan counties of England by populationを参照
  2. ^ Norfolk county flowers www.plantlife.org.uk
  3. ^ John Barwell, n.d. "ノーフォーク史"
  4. ^ 匿名 2002. ノーフォーク史
  5. ^ Office for National Statistics, 2001. Regional Trends 26 ch:14.7 (PDF). 2006年1月3日確認
  6. ^ Invest in Norfolk, Agriculture and Food.
  7. ^ [1]
  8. ^ Unitary Norwich City Council - The business case for unitary Norwich
  9. ^ Communities and Local Government - Proposals for future unitary structures: Stakeholder consultation
  10. ^ Norfolk County Council, 2005. County election results.

外部リンク[編集]