ジェームズ・ダイソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェームズ・ダイソン卿、2013年

サー・ジェームズ・ダイソンSir James Dyson, 1947年5月2日 ノーフォーク、クローマー - )はイングランドプロダクトデザイナーダイソン社の創業者として、また紙パック不要のデュアルサイクロン掃除機の発明者としてとりわけ著名である。車輪のかわりにボールを用いた猫車(手押し車)の発明者でもある。(以下、「ダイソン」と略記する場合は、ジェームズ・ダイソンのことを指す。メーカーについては、「ダイソン社」というように峻別する。)

1968年から1970年まで、英国王立美術大学(ロイヤル・カレッジ・オブ・アート)で家具インテリアデザインを学び、その後は工学に転向。ダイソンの純益は、優に1億ポンドを越すと言われている[1]

母校である英国王立美術大学の学長を務めている。

掃除機[編集]

Dyson.cleaner.dc07.arp.jpg

ダイソンは、そもそも1970年代後半には、掃除機の吸塵力が低下してしまわないように、1886年にアメリカのモース(M.O.Morse)によって発明されたサイクロンを使うことを発想していたという。1983年には、Gフォース型サイクロン掃除機の試作品を、諸説あるが、2000台から5000台は製作したと伝えられている。英国内にてダイソンのアイデアに基づく製品の製造流通を行おうという業者がいなかったため(年間1億ポンド相当のマーケットの喪失がおこると考えていたため(詳細は次々段落を参照))、ダイソンは日本において、明るいピンク色のGフォース型サイクロン掃除機を、カタログ販売によって2000ポンド相当で発売を開始。 1986年には、米国で特許を取得している(特許番号 #4,593,429)。

ダイソンは、主要なメーカーにこの発明が売れなかったため、自前の製造工場を持つことにした。

ダイソン社の英国市場における突破口は、テレビコマーシャルにおいて、他社と違って紙パックの買い替えが不要であることを訴え続けたことによる。当時イギリス市場で使い捨ての紙パックは、1億ポンド相当が出回っていた。「紙パックよ、さようなら」というスローガンは、それまでの、ダイソン社のテクノロジーがもたらした吸引力が低下しないことを強調する販売戦略よりも、顧客にずっと魅力的に響いたのである。

最初の家庭用真空掃除機は、布袋などのフィルターでゴミを濾す方式から始まった。しかしゴミ捨ては憂鬱な作業で、手が汚れるだけでなく、布袋から大量のホコリが舞うという不潔な作業であった。ところが紙パック式掃除機が発明されるやいなや、ゴミ捨ては格段に清潔な作業となり、ゴミの溜まった紙パックを捨てるだけで済むようになった。このため、紙パック式は急速に普及したが、安価な紙パックでも捨てるのが惜しいという、庶民の心理的な要因を生み出すことになった。紙パック不要を掲げたダイソンの掃除機が、比較的高価であったにもかかわらず庶民に受け入れられたのは、このような心理的要因があったためであることは言うまでもない。ダイソン社のこの成功に影響されて、他の主要なメーカーも、紙パックが不要な真空掃除機を再び売り出すようになった。しかし、このような先祖返りともいえる掃除機は、ダイソンの掃除機も含めて、昔ほどではないにせよゴミ捨て時には多少のホコリが舞い、定期的なフィルターのメンテナンスが必要になり、かつ、一般に紙パック式掃除機よりも高価になったことは皮肉である。なお、ダイソンは、フーヴァーUKを特許侵害によって告訴し、約500万ドルの賠償金を獲得している。

2005年にダイソン社は、ダイソンが以前開発したボール式猫車(手押し車)の発明をもとに、車輪代わりのボールを掃除機に取り付けるようになった。これは人間工学的な観点からも、いくつかの配慮が加えられている。

美術作品[編集]

2002年にダイソンは、オランダの画家エッシャーリトグラフに描かれた騙し絵を現実にしようと構想した。土木技師のデレク・フィリップスは、1年間の作業の後、この任務を首尾よく成就し、正方形の4辺に沿って、下から上に逆流する状のウォーター・スカルプチャーを創り出した。この作品は「誤った庭 Wrong Garden」と名付けられ、2003年春に「チェルシー花の展覧会」に展示された。

著書[編集]

外部リンク[編集]