ザ・ダークネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・ダークネス
}
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド サフォーク ローストフト
ジャンル グラムロック
ハードロック
活動期間 2000年2006年2011年~現在
レーベル アトランティック・レコード
マスト・デストロイ
ワーナーミュージック・ジャパン
メンバー
ジャスティン・ホーキンス
ダン・ホーキンス
エド・グラハム
フランキー・ポーレイン
旧メンバー
リッチー・エドワーズ

ザ・ダークネスThe Darkness)は、イギリス出身のロックバンドである。2000年サフォークにて結成された。

AC/DCクイーンエアロスミスレッド・ツェッペリンヴァン・ヘイレンなどの1970年代風のハードロックを演奏するのが特徴で、リアルタイムだったリスナーからも支持を得ている。

メンバー[編集]

ジャスティン・ホーキンス
ダン・ホーキンス
ザ・ダークネス

略歴[編集]

ロンドン周辺で殆どの土曜日にライブを行っていた彼らは当初「エンパイア」というプログレ・バンド(ジャスティン、ダン、フランキー)で活動していたが、ジャスティンが叔母経営するパブカラオケ大会に出場し、クイーンの『ボヘミアン・ラプソディ』を1行も狂わずに歌い、そんなジャスティンのスター性を弟のダンが感じ取った事をきっかけに、ホーキンス兄弟の学友であるエド・グラハムが参加して「ザ・ダークネス」が誕生する。

日本では2003年10月にデビューアルバムの「パーミッション・トゥ・ランド」をリリース。このアルバムはUKアルバムチャート初登場2位にランクイン(後に4週連続1位を獲得)。「注目の新人」としてイギリスでは注目された。「KERRANG!」アワードで2部門受賞するだけでなくマーキュリー・アワードにレディオヘッドコールドプレイらと共にノミネートされている。

ボーカルのジャスティンはテクニックやパフォーマンスに異常なまでの拘りがあり、「選ばれた人間による音楽であったロックを貶めた」と、しばしば専門誌においてパンクグランジに対して敵対的ともいえる発言を行っている。 マドンナアヴリル・ラヴィーンといった歌手だけでなく、イギリスのブレア首相までもがファンだと公言していた。

2005年5月23日、ベーシストのフランキー・ポーレインがザ・ダークネスからの脱退を発表、新メンバーとして同年6月13日にリッチー・エドワーズが加入した。 2006年10月、ジャスティン・ホーキンス薬物問題とその治療のため引責脱退した。3人はバンド名を変更すると発表。ザ・ダークネスは事実上の解散となる。 メンバーは、トビー・マクファーランドを迎えて2007年11月にストーン・ゴッズを始動させた。 2008年、ジャスティン・ホーキンスは自身の新バンドホット・レッグを始動させた。

2011年3月15日、バンドは公式に再結成を発表。 2011年のダウンロードフェスティバルへの参加を発表した。 LOUD PARK11にも出演。

2012年には、レディー・ガガのワールドツアーの前座を行っている。

来日歴[編集]

ディスコグラフィ[編集]

パーミッション・トゥ・ランド Permission To Land2003年
  1. ブラック・シャック Black Shuck
  2. ゲット・ユア・ハンズ・オフ・マイ・ウーマン Get Your Hands Off My Woman
  3. グロウイング・オン・ミー Growing On Me
  4. アイ・ビリーヴ・イン・ア・シング・コールド・ラヴ I Believe In A Thing Called Love
  5. ラヴ・イズ・オンリー・ア・フィーリング Love Is Only A Feeling
  6. ギヴィン・アップ Givin' Up
  7. スタック・イン・ア・ラット Stuck In A Rut
  8. フライデー・ナイト Friday Night
  9. ラヴ・オン・ザ・ロックス・ウィズ・ノー・アイス Love On The Rocks With No Ice
  10. ホールディング・マイ・オウン Holding My Own
  11. ザ・ベスト・オブ・ミー The Best Of Me(日本盤のみ)
  12. メイキン・アウト Makin' Out(日本盤のみ)
ワン・ウェイ・チケット・トゥ・ヘル…アンド・バック One Way Ticket To Hell...And Back2005年
  1. ワン・ウェイ・チケット One Way Ticket
  2. ノッカーズ Knockers
  3. イズ・イット・ジャスト・ミー Is It Just Me
  4. ディナー・レディ・アームス Dinner Lady Arms
  5. シームド・ライク・ア・グッド・アイディア・アット・ザ・タイム Seemed Like A Good Idea At The Time
  6. ヘイゼル・アイズ Hazel Eyes
  7. ボールド Bald
  8. ガールフレンド Girlfriend
  9. イングリッシュ・カントリー・ガーデン English Country Garden
  10. ブラインド・マン Blind Man
  11. グリーフ・ハンマーGrief Hammer(日本盤のみ)

外部リンク[編集]