デフ・レパード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デフ・レパード
Def Leppard
DefLeppard1.JPG
デフ・レパードのコンサート(2007年7月26日アメリカノースダコタ州マイノットで)
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド シェフィールド
ジャンル ハードロック[1]
ヘヴィメタル[1]
グラム・メタル[1]
活動期間 1977年〜現在
レーベル マーキュリー
ユニバーサル・ミュージック
フォノグラム
ヴァーティゴ
アイランド
ポリグラム
公式サイト www.defleppard.com
メンバー ジョー・エリオット
リック・サヴェージ
リック・アレン
フィル・コリン
ヴィヴィアン・キャンベル
旧メンバー スティーヴ・クラーク
ピート・ウィリス
トニー・ケニング
フランク・ヌーン

デフ・レパード (Def Leppard) は、イギリスロックバンドである。1980年代初頭にアイアン・メイデンサクソンなどと並んで、NWOBHM (New Wave Of British Heavy Metal) ムーヴメントの中心的存在となった(ただし、彼ら自身はNWOBHMバンドに括られることを嫌っていると言われる)。

イギリスのトップバンドのひとつで、アルバム総売上は6500万枚を超える(3500万枚は全米での売り上げ)。アルバム『炎のターゲット』と『ヒステリア』が空前の大ヒットを飛ばし、80年代を代表するロックバンドのひとつとなった。また、「VH1の最も偉大なハードロックバンド」において31位を獲得した。

メンバー[編集]

ジョー・エリオット
リック・サヴェージ
リック・アレン
フィル・コリン
ヴィヴィアン・キャンベル

オリジナル

現メンバー

  • ジョー・エリオット (Joe Elliott) (リードヴォーカル、アコースティックギター、ピアノ)
  • リック・サヴェージ (Rick Savage) (ベース、ヴォーカル)
  • リック・アレン (Rick Allen) (ドラム)
  • フィル・コリン (Phil Collen) (ギター、ヴォーカル)
  • ヴィヴィアン・キャンベル (Vivian Campbell) (ギター、ヴォーカル)

タイムライン[編集]

ヒストリー[編集]

1977年~1979年[編集]

1977年、タプトン・スクールの生徒であったリック・サヴェージ(ベース)、ピート・ウィリス(ギター)、トニー・ケニング(ドラム)により、バンドの母体となるアトミック・マスが結成される。偶然、バスに乗り遅れたピートがジョー・エリオットと出会い、ギタリストとして勧誘するが、最終的にはジョー・エリオットはヴォーカリストとして参加。

バンド名は、元々"Deaf Leopard"(耳の聞こえない豹)であったが、ケニングの提案で現在の綴りに変更される。1978年1月には、スティーヴ・クラークがバンドに加入する。

同年11月には3曲のコンパクト盤であるDef Leppard EPのレコーディング作業に入る。この時トニーはバンドを去り、後任としてフランク・ヌーンが加入するが、彼も脱退し、その月末には当時15歳のリック・アレンが正式なドラマーとして加入する。その後フォノグラム社と契約。

1980年~1983年[編集]

1980年3月14日発売の『オン・スルー・ザ・ナイト』 (On Through the Night) でレコードデビュー。同作は全英チャートで15位となった。

1981年7月11日には2ndアルバムの『ハイ・アンド・ドライ』 (High 'n' Dry) をリリースする。プロデューサーはAC/DCなどを手がけたロバート・ジョン・マット・ランジ(Robert John "Mutt" Lange)。ヨーロッパ・ツアーではオジー・オズボーンブラックフットのオープニングアクトを務めた。

翌年1982年7月、飲酒問題でバンドを解雇されたウィリスの後任として、元ガール(Girl)のフィル・コリンが加入する。

1983年1月20日は3rdアルバム、『炎のターゲット』 (Pyromania) を発表。同アルバムの先行シングル、「フォトグラフ」はMTVのリクエスト放送でマイケル・ジャクソンの「今夜はビート・イット」を超える支持を集めた。全米シングルチャートでは12位に入るヒットとなった。続くシングル、「ロック・オブ・エイジ」、「フーリン」により、アルバムは年末までに600万枚を売り上げ、全米チャートではマイケル・ジャクソンの『スリラー』に次ぐ最高2位を獲得した。アメリカではRIAAによりダイアモンドディスクに認定されている。

3月にはビリー・スクワイアをオープニングアクトに迎えて、ツアーを開始し、9月にはカリフォルニア州サンディエゴのジャック・マーフィー・スタジアムに5万5千人を集めた。

1984年~1989年[編集]

1984年2月、バンドは本拠地をアイルランドのダブリンへ移した。バンドは新しいアルバムの制作に取りかかるが、同年12月31日にドラマーのリック・アレンがシェフィールド郊外で交通事故を起こし、左腕を全て切断することになった。他のメンバーはアレン以外のドラマーは考えられないとメンバーチェンジを考えることなく、一時期はバンド自体を解散することも考えたが、事故報道を経て、そのような経緯を知ったシモンズ社がアレンの両足・右腕だけでも演奏が可能なカスタマイズのエレクトリック・ドラムを製作し、他のメンバーが、アレンがそれに対応しての復帰を待つかたちで、1986年にドニントンで開催されたモンスターズ・オブ・ロックでバンドは久々にライブを行った。

1987年8月3日には4thアルバム、『ヒステリア』 (Hysteria) を発表。セカンド・シングルの「アニマル」は全英シングルチャートで6位を記録し、母国イギリスでもスターの仲間入りを果たす。アルバム自体もその週には全英1位となった。4thシングル、「シュガー・オン・ミー」は全米シングルチャートで2位を記録。アメリカでの売り上げは前作『炎のターゲット』と比べ、スローペースであったが、ほぼ1年後の1988年7月に遂に全米でも1位を獲得する。10月には「ラヴ・バイツ」が全米1位、1989年1月には「アーマゲドン」が3位に入る。

ヒステリア』は7つものシングルが全米でチャートインし、アルバム自体も3年間チャートインした。これまでに全米だけで1200万枚、全世界で2000万枚以上を売り上げている。

センター・ステージを採用したツアーは、15ヶ月間にわたって行われた。

1990年~1999年[編集]

1991年1月8日、ギタリストのスティーヴ・クラークが、アルコールと精神安定剤、鎮痛薬の過剰摂取で死亡。当時5作目のレコーディング中であったが、バンドは後任ギタリストは迎えず、残りのギターパートは全てフィル・コリンが担当。1992年3月30日に5枚目のアルバム『アドレナライズ』 (Adrenalize) を発表した。このアルバムは15カ国で1位を記録、全世界で700万枚以上を売り上げた。

アルバム発表後、クラークの後任として元ディオホワイトスネイクヴィヴィアン・キャンベルが加入。翌年の1993年にはB面曲、未発表曲等を集めたアルバム『レトロ・アクティヴ』 (Retro Active) をリリースした。スウィートのカヴァー「アクション」や、映画『ラスト・アクション・ヒーロー』のサントラに使われヒットした「トゥー・ステップス・ビハインド」 (Two Steps Behind) はこのアルバムに収められている。

1995年には彼ら初のベスト・アルバムデフ・レパード・グレイテスト・ヒッツ』 (Vault: Def Leppard's Greatest Hits (1980-1995) ) をリリース。新曲として「ラヴ・アンド・ヘイト」(When Love & Hate Collide)がシングル・ヒットし、チャートインした。

1996年に4年ぶりのスタジオ・アルバム『スラング』 (Slang) をリリースしたが、作風が過去の作品群とは異なっていたため、売り上げはふるわなかった。

1999年4月にはアルバム『ユーフォリア』 (Euphoria) を発表。先行シングル「プロミセス」 (Promises) がヒットし、メインストリーム・ロックのチャートで3週間1位をキープした。

2000年~[編集]

2001年、彼らのドキュメンタリーDVD『Hysteria - The Def Leppard Story』をリリースした。

2002年7月、8枚目となるスタジオ・アルバム『X』 (X) をリリースした。このアルバムは全米初登場で11位となったが、売り上げは思うように伸びずに終わった。このアルバムのツアーは、所属レコード会社との関係が悪かったため、レコード会社から資金を提供されず、バンドの費用負担で行われた。アルバムの売れ行きとは裏腹に、10000人程度収容できる会場をメインに行われた北米ツアーはほぼ満席で、大成功に終わった。

2004年、イギリスで『Best Of』、2005年にはアメリカで『Rock of Ages: The Definitive Collection』のベストアルバムをリリース、それぞれ最高位6位、10位を記録した。また2005年7月にフィラデルフィアで行われたLIVE 8(ライブ・エイト)に参加した。

2006年5月23日(日本発売6月28日)にカバー・アルバム『Yeah!〜イエーイ』 (Yeah!) をリリース。

2008年4月、10枚目のスタジオ・アルバム『ソングス・フロム・ザ・スパークル・ラウンジ』 (Songs from the Sparkle Lounge) をリリースし、全米5位、全英10位を記録した。同アルバムからの先行シングル「ナイン・ライヴス」はアメリカのカントリー歌手、ティム・マッグロウがボーカルと作曲で参加している。本作品のツアーより、ホワイトスネイクとのダブルヘッドライナーでのツアーを敢行、同年、来日を果たし、武道館公演が行われた。

2011年6月7日(日本発売7月20日)に、ライブ・アルバム『ミラー・ボール』(Mirror Ball)をリリース。11月に3年ぶりの来日コンサートが大阪、東京で行われた。

ディスコグラフィ[編集]

スタジオアルバム[編集]

発売年 タイトル(邦題) タイトル(原題) UK US 全米売上
1980年 オン・スルー・ザ・ナイト On Through The Night 15 51 1,000,000
1981年 ハイ・アンド・ドライ High 'n' Dry 26 38 2,000,000
1983年 炎のターゲット Pyromania 18 2 10,000,000
1987年 ヒステリア Hysteria 1 1 13,000,000
1992年 アドレナライズ Adrenalize 1 1 3,000,000
1996年 スラング Slang 5 14 500,000
1999年 ユーフォリア Euphoria 11 11 500,000
2002年 X X 14 11 -
2006年 Yeah!〜イエーイ! Yeah! 52 16 -
2008年 ソングス・フロム・ザ・スパークル・ラウンジ Songs From The Sparkle Lounge 10 5 -


Def Leppard World - Discography

コンピレーションアルバム[編集]

発売年 タイトル(邦題) タイトル(原題) UK US 全米売上
1993年 レトロ・アクティヴ Retro Active 6 9 1,000,000
1995年 デフ・レパード・グレイテスト・ヒッツ Vault:Def Leppard's Greatest Hits (1980-1995) 3 15 4,000,000
2004年 ベスト Best of Def Leppard 6 - -
2005年 ロック・オブ・エイジズ Rock of Ages:The Definitive Collection - 10 1,000,000


ライブアルバム[編集]

発売年 タイトル(邦題) タイトル(原題) UK US 全米売上
2011年 ミラー・ボール Mirror Ball 44 16 -

全米通算売上枚数 3500万枚

  • 売上はRIAA(全米レコード協会)による認定枚数。

日本公演[編集]

1月24日 渋谷公会堂、25日 大阪厚生年金会館、26日 中野サンプラザ
5月17日 国立代々木競技場第一体育館、19日 横浜文化体育館、21日・22日 大阪フェスティバルホール、24日 名古屋市公会堂
6月15日 仙台サンプラザ、16日 横浜文化体育館、18日 大阪城ホール、19日 広島厚生年金会館、21日 - 23日 日本武道館
6月11日 名古屋国際会議場センチュリーホール、13日 広島厚生年金会館、14日 福岡サンパレスホール、17日 大阪城ホール、18日・19日 日本武道館、21日 横浜文化体育館、22日 仙台サンプラザ
9月24日 名古屋市民会館、26日 大阪フェスティバルホール、27日 大阪厚生年金会館、28日 Zepp Fukuoka、30日・10月1日・2日 東京国際フォーラム ホールA、4日 パシフィコ横浜国立大ホール
11月17日 Zepp Sendai、18日 金沢市観光会館、20日 愛知厚生年金会館、21日 大阪厚生年金会館、22日 神奈川県民ホール、25日~27日 渋谷公会堂
ホワイトスネイクとのジョイント・ツアー
10月23日・24日 日本武道館、27日 大阪城ホール、28日 名古屋 日本ガイシホール
11月5日 グランキューブ大阪、7日・8日 東京国際フォーラム ホールA

出典[編集]

  1. ^ a b c Def Leppard - デフ・レパード - キューブミュージック・2014年12月30日閲覧。

外部リンク[編集]