今夜はビート・イット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
今夜はビート・イット
マイケル・ジャクソンシングル
収録アルバム スリラー
リリース 1983年
録音 1982年
ジャンル ハードロック/R&B
時間 4分16秒
レーベル エピック・レコード
作詞・作曲 マイケル・ジャクソン
プロデュース クインシー・ジョーンズ
ゴールド等認定
チャート最高順位
マイケル・ジャクソン シングル 年表
ビリー・ジーン
(1983年)
今夜はビート・イット
(1983年)
スタート・サムシング
(1983年)
テンプレートを表示

今夜はビート・イット (原題:Beat It)は、マイケル・ジャクソンの楽曲、及びアルバムThriller』から3作目のリカット・シングル。

概要[編集]

ハードロックR&Bの融合が特徴的で、エディ・ヴァン・ヘイレンスティーヴ・ルカサーポール・ジャクソン・ジュニアのギタリスト3人が参加しており、エディはギター・ソロも担当している。エディは、ビクトリーツアーの一公演に飛び入りで参加し、ソロ・パートを弾いている(その時の写真や動画が少なからず存在する)。ミュージック・ビデオは、ウエスト・サイド物語をモチーフとしている[1]。 2008年2月に発売された『Thriller 25』には、この曲をリミックスしてファーギーのボーカルをフィーチャーしたものが収録されている。

反響[編集]

アメリカビルボード誌では、1983年4月30日に週間ランキング第1位を獲得。ビルボード誌1983年年間ランキングは第7位。

ローリング・ストーン』誌が選んだ「オールタイム・グレイテスト・ソング500」と「オールタイム・グレイテスト・ギター・ソングス100」に於いて、それぞれ344位[2]と81位[3]にランクイン。

パロディ[編集]

この曲は人気の高さから、パロディの題材に使われることも多い。以下はいくらかの事例である。

脚注[編集]