スタート・サムシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スタート・サムシング
マイケル・ジャクソンシングル
収録アルバム スリラー
リリース 1983年5月
録音 1982年
ジャンル ディスコ
時間 4分05秒
レーベル エピック・レコード
作詞・作曲 マイケル・ジャクソン
プロデュース クインシー・ジョーンズ
チャート最高順位
  • 米国5位
  • 英国8位
マイケル・ジャクソン シングル 年表
今夜はビート・イット
(1983年)
スタート・サムシング
(1983年)
ヒューマン・ネイチャー
(1983年)
テンプレートを表示

スタート・サムシング(原題:Wanna Be Startin Somethin)は、1983年マイケル・ジャクソンが発表した楽曲、及び同曲を収録したシングルアルバムスリラー』のスタート・トラックで、同作からの第4弾シングルとしてリリースされた。作詞・作曲ともジャクソン自身による。アルバム・バージョンは6分に及ぶが、7インチ・シングルでは短く編集された。

アメリカビルボード誌では1983年7月16日に、週間ランキング最高位の第5位を獲得した。ビルボード誌1983年度年間ランキングは第60位。

解説[編集]

コンサートツアーでも必ず演奏される曲であり、その際も“何かを始める”という曲名の意味に合わせて、最初または最初の方にラインナップされる。(ジャクソン自身は、自分の頭の中でのイメージを完全に再現することができなかったと多少の不満があるようではある。)。ライブ映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』でも、最初に演奏されている曲である。

Bad Tourではこの曲を1曲目に歌い、Dangerous Tourではこの曲を2曲目に歌い、History Tourではこの曲を4曲目に歌唱した。THIS IS ITのライヴのセットリストでも最初の1曲目に歌う予定だったが、マイケルが亡くなってしまったため、コンサートは実現できなかった。

補足[編集]

2008年2月発表の『Thriller 25』(スリラー25周年記念リミテッド・エディション)に収録のリミックス・バージョン「スタート・サムシング2008」は、エイコンのボーカルをフィーチャー。同バージョンはダウンロード販売もされた。