スムーズ・クリミナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スムーズ・クリミナル
マイケル・ジャクソンシングル
収録アルバム バッド
リリース 1988年10月24日
規格 5"CDシングル、3"CDシングル、7"CDシングル、レコード、カセット・シングル
録音 1987年
ジャンル ファンク
時間 4分17秒(アルバム)
4:10(ビデオ/7"ミックス)
レーベル エピック・レコード
作詞・作曲 マイケル・ジャクソン
プロデュース マイケル・ジャクソン
クインシー・ジョーンズ
ゴールド等認定
チャート最高順位
  • 7位(アメリカ)
  • 8位(イギリス)
マイケル・ジャクソン シングル 年表
アナザー・パート・オブ・ミー
(1988年)
スムーズ・クリミナル
(1988年)
リーヴ・ミー・アローン
(1989年)
バッド 収録曲
ダーティー・ダイアナ
(9)
スムーズ・クリミナル
(10)
リーヴ・ミー・アローン
(11)
ナンバー・ワンズ 収録曲
ダーティー・ダイアナ
(10)
スムーズ・クリミナル
(11)
ブラック・オア・ホワイト
(12)


マイケル・ジャクソン THIS IS IT 収録曲
ヒューマン・ネイチャー
(3)
スムーズ・クリミナル
(4)
ザ・ウェイ・ユー・メイク・ミー・フィール
(5)
テンプレートを表示

スムーズ・クリミナルSmooth Criminal)は、1988年リリースされたマイケル・ジャクソンシングル1987年のアルバム『バッド』からの7枚目のシングル・カットである。後に『ナンバー・ワンズ』、『アルティメット・コレクション』、『エッセンシャル・マイケル・ジャクソン』、『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』にも収録。

ビルボード誌では、1989年1月14日に週間ランキング最高位の第7位を獲得。ビルボード誌1989年度年間ランキングでは第98位。スペインベルギーデンマークでは週間チャート第1位を獲得した。ドイツや東京などいろいろな場所でライブを行った。

マイケルのプロモーション・ビデオはショートフィルムと呼ぶが、この曲のそれは映画「ムーン・ウォーカー」の一場面でもあり、その中で披露した45度傾くダンス・パフォーマンス「ゼロ・グラヴィティ」は特許を取得していた("Methods and Means for Creating Anti Gravity Illusion" U.S. Patent No. 5,255,452)。

ツアーでのパフォーマンスでも定番の曲であり、ショートフィルムそのままのダンスと傾きを披露している。

2001年エイリアンアントファームによりカバーされ、全米ビルボードチャート1位に輝いている。他にもデイヴィッド・ギャレットもカバーしている。2011年2CELLOSはこの曲を2本のチェロだけで演奏し、YouTubeに投稿して300万回再生されたことで有名になり、TVドラマ「glee」でもゲスト出演し演奏した。

関連項目[編集]