アイランド・レコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アイランド・レコードIsland Records)はジャマイカ生まれのレコードレーベルで、ミリー・スモールの『マイ・ボーイ・ロリポップ』を製作してスカのリズムを世界に広めたクリス・ブラックウェルにより、1959年に設立された。

初期はフォークの作品を主に発表していたが、ブラックウェルがスティーヴ・ウィンウッドと出会ったとによりロックを志向する。またレゲエのレコードも数多く発表している。1962年、ブラックウェルが学生時代を過ごしていたロンドンにイギリス法人を構え欧州での活動を本格化。キング・クリムゾンエマーソン・レイク&パーマー英国内での配給もこのレーベルであった。しかし1973年にはボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズザ・ウェイラーズ)やジミー・クリフをジャマイカから発掘し、レゲエブームを巻き起こし、設立当初の目的も成し遂げた。

1989年にはポリグラム(現ユニバーサルミュージック)傘下に入り、ブラックウェルは会社を離れ、アイランド・デフ・ジャム・ミュージック・グループ(The Island Def Jam Music Group)内のレーベルとして運営されている。かつては、レゲエ専門のレーベル内レーベル、マンゴ(Mango)を所有していた。

所属アーティスト[編集]

注:過去に所属していたアーティストも含む。

日本盤の発売元[編集]

1970年に日本に初めて紹介された当時は、日本ビクターレコード事業部(現:ビクターエンタテインメントフィリップスレーベル部門から発売していた。これは英国での配給先であるフォンタナのプレス先を親会社でもある英フィリップスに委託していたためである。直後に同部門は日本フォノグラム(その後マーキュリーミュージックエンタテインメント→ユニバーサルシグマとなる)として独立した。1971年にキングレコードへの移動を経て、1974年に本社のプレス先が英EMIに変更されたため、東芝EMI(現:EMIミュージック・ジャパン)に移った。1981年、本社のプレス先を再度フィリップス(この当時はポリグラムの一部になっていた)に戻したため、当時新興のポリスターに移動した。1989年、ポリグラムの傘下に入ったこともあり、1992年より日本フォノグラムから配給されることになった(実際には復活)。1998年、ポリグラムはシーグラムの子会社であるユニヴァーサル・ミュージック・グループ(UMG)に売却され、現在、日本盤はユニバーサルミュージック(日本法人)から発売されている。

外部リンク[編集]