コンパクト盤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
17cmレコードのコンパクト盤

コンパクト盤(コンパクトばん)とは、「シングルレコードのサイズ(17cm=7インチ)で、1分間の回転数がLP盤と同じ33回転(33 1/3rpm)」のレコードの通称。「17cm LP」とも呼ばれる。

EP盤Extended Play)とはシングル盤と同じ45回転で収録されており、アメリカやイギリスではコンパクト盤はEPが主流になるとともに廃れたが、日本ではその後も主流であった。

すなわち、EP盤と同じ大きさで回転数を33 1/3に落として収録時間を長くしたものをコンパクト盤またはコンパクトLPと呼ぶ。曲数が多く安価だったことから、学生などの若年層に1960 - 1970年代初頭にかけ好評だった。ただし音質は通常のLPでの内周部にあたるために劣る。

中心部の穴の大きさはLPと同サイズである。ただしイギリスでは折り取りる事のできる中心部がつけられていた。

その後に主流となったCDデジタル・ダウンロードの形態ではミニ・アルバムに相当し、同時にEPの名も残っている。

日本ではシングルレコードのことをEP盤と呼ぶことがあるが、Extended Playとは本来、「収録時間がLP(フル・アルバム)よりは短いが、シングルよりは長い」という意味である。そのため、英語圏ではあくまで、EPは「シングルより長いもの」を指す。

歴史[編集]

小さいので扱いやすいが収録時間の短い17センチ・シングル盤と、収録時間は長いが大きく比較的高価な30cm LP盤の中間に位置するもので、シングルと同じサイズながら収録時間が長いため「Extended Play」と呼ばれ、その略称がEPである。「各面に2曲 - 3曲ずつ収録した、計4 - 6曲入り」(シングルレコードは通常、各面に1曲ずつ収録)、「1曲の演奏時間の長い楽曲の収録」などの目的に用いられた。収録曲数が多いといっても「アルバム」として作成される30cm LPと異なり、片面に2 - 3曲なので実際には「お徳用」としての性格が強い商品が多かった。

コンパクト盤は33回転のため、実質LPの内周分に当たることから、45回転やLP外周に比べて音質が劣ってしまう。一方EP盤は回転数がシングル盤と同じため、音質で勝っている。

CD以降で「ミニ・アルバム」などと呼ばれるものも、実質的にはEPと同じである。

ポピュラー音楽の場合、1960年代半ばまでをピークとして多数のコンパクト盤がリリースされたが、徐々に廃れ、1970年代半ばから、リミックス・ヴァージョンが増加した1980年代以降は、現在のレコード復刻も含め、より音質の良い45回転で30cm(12インチ)の製品(12インチ・シングル)に取って代わられることが多くなった。

アニメソングの場合、1970年代に日本コロムビアから多数発売されたアクション・シリーズなどがコンパクト盤の形態を取っていた。

その後に取って代わったCDデジタル・ダウンロードの形態では、マキシシングルやミニ・アルバムとして数多くの作品がリリースされている。

ちなみに、シングル盤は「45回転レコード」「7インチ(7インチ盤)」「ドーナツ盤」、または単に「シングル」と呼ばれる。

主な作品[編集]

EP盤はあくまで7インチだが、12インチ・シングルの例も参考までに挙げる。

EP盤[編集]

12インチ・シングル盤[編集]

製品名[編集]