USAフォー・アフリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USAフォー・アフリカ
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
活動期間 1985年
旧メンバー
#メンバー参照

USAフォー・アフリカ(USA for Africa, United Support of Artists for Africa)は1985年アメリカスーパースターが一堂に会したプロジェクトの名称。当時深刻化していたアフリカの飢餓救済のためのチャリティーソングである「ウィ・アー・ザ・ワールド(We Are The World)」をリリースした。

いきさつ[編集]

1984年ボブ・ゲルドフの呼びかけでイギリスのスーパースターたちが集まり、アフリカの飢餓救済のためのプロジェクト「バンド・エイド」を結成。大きな話題を呼び、チャリティー・ソング「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス」が大ヒットする。

これに触発された形でハリー・ベラフォンテがアメリカで同様のプロジェクトを作ることを提唱する。呼びかけたのはまずライオネル・リッチー。そこからマイケル・ジャクソンスティーヴィー・ワンダークインシー・ジョーンズら数々の大物アーティストが芋づる式に呼びかけに応じ、最終的に集まったアーティストは45人に達した(主な参加アーティストはウィ・アー・ザ・ワールドの項を参照)。もちろん無償である。

マイケル・ジャクソンとライオネル・リッチーが共同で曲を書き、プロデューサーのクインシー・ジョーンズの下、1985年1月28日にレコーディングが開始された。プロジェクトは「United Support of Artists」のイニシャルとアメリカ合衆国の略称とのダブルミーニングで「USAフォー・アフリカ」と名付けられ、3月8日、「We Are The World(ウィー・アー・ザ・ワールド)」をリリース。世界的な話題を呼んだこの曲は瞬く間に世界各国でチャート1位を記録した。しかし日本では、通常盤と12インチ盤とで売り上げ集計が分散されたこともありオリコン週間シングルチャート最高位は第2位であった。(通常盤と12インチ盤を合計すれば同チャート1位相当、同12インチ盤第1位は小泉今日子の「常夏娘」)。

We Are The World(ウィー・アー・ザ・ワールド)」はシングルとアルバムの両方がリリースされた。また2004年には制作ドキュメンタリー映像「We Are The World THE STORY BEHIND THE SONG」のDVDがリリースされている。

メンバー[編集]

楽曲提供[編集]

  • スティーブ・ペリー "If Only for the Moment, Girl"
  • ポインター・シスターズ "Just a Little Closer"
  • ブルース・スプリングスティーン & Eストリートバンド "Trapped"
  • ノーザン・ライツ "Tears Are Not Enough"
  • プリンス "4 the Tears in Your Eyes"
  • シカゴ "Good for Nothing"
  • ティナ・ターナー "Total Control"
  • ケニー・ロジャーズ "A Little More Love"
  • ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース "Trouble in Paradise"

影響[編集]

プロジェクトはポピュラー音楽界に一大チャリティー・ブームを巻き起こした。カナダからは「ティアーズ・アー・ノット・イナフ」、ドイツからは「ナクト・イム・ヴィント (Nackt im Wind)」、ヘヴィメタル界では「スターズ」などなど、数多くのプロジェクトとチャリティー・ソングが生まれる。ブームは同年夏に開催されたチャリティー・コンサート「ライブ・エイド」で最高潮を迎えた。

レコーディング[編集]

レコーディングは、「ウィー・アー・ザ・ワールド」参加者も含め多くのスターが集まるアメリカン・ミュージック・アワードの終了直後に行なわれた。そのためにマイケルは授賞式を欠席し、リッチーは司会終了後にスタジオに来た。

ところが、そのせいか出演者達の間には当初、緊張感が少なく、この曲の持つ重要性を忘れ始めていた。これにはライヴエイドの発起人であるボブ・ゲルドフが大激怒し、アフリカで起こっている惨状を出演者達にとうとうと語り出した。結果、話が終わる頃にミュージシャン達の目の色は変わっており、中には涙を浮かべている者もいた。特にダイアナ・ロスは、その場に泣き崩れていた。

その後のリハーサルで、ゲルドフは「ブルース・スプリングスティーンダリル・ホールの真剣さに圧倒された」と語っている。

逸話[編集]

外部リンク[編集]