ライヴエイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライヴエイド
会場 イギリスロンドン郊外ウェンブリー・スタジアム
アメリカ合衆国フィラデルフィアJFKスタジアム
開催年 1985年
発起人 ミッジ・ユーロ
ボブ・ゲルドフ
開催日 1985年7月13日
ジャンル ポップ・ミュージック
ロック・ミュージック
公式サイト Live 8 Site

ライヴエイドLIVE AID)は「1億人の飢餓を救う」というスローガンの下、「アフリカ難民救済」を目的として、1985年7月13日に行われた、20世紀最大の「チャリティー・コンサート」。「1980年代ウッドストック」とも、一部でいわれていたが、その規模をはるかに超越したものとなった。2004年DVDとして発売された。ライブエイド

経緯[編集]

バンド・エイド」を提唱した、「ブームタウン・ラッツ」のリーダー「ボブ・ゲルドフ」が、中心となって開催されることとなり、その呼びかけに賛同した、多くのミュージシャンたちが、国とジャンルを越えて参加した。

概要[編集]

  • メイン開催場所:
イギリスロンドン郊外ウェンブリー・スタジアム
アメリカ合衆国フィラデルフィアJFKスタジアム
日本でも協賛する形で、解説とは別に、独自にテレビでのミュージシャン出演が設定され、3元中継となる。
なお、フィル・コリンズのようにロンドンの会場に出演した後、超音速旅客機のコンコルドで移動し、
フィラデルフィアの会場にも出演したミュージシャンもいた。
日本での放送は、同年、同日夕刻から7月14日午前中まで。
  • 開催総時間:計12時間に及ぶ。[1]
計84か国に衛星同時生中継。録画放映分を含めて、140~150か国ともいわれている。
  • 進行
    • ウェンブリーにて現地時刻正午(フィラデルフィアは午前 7時)に開始。前半はイギリスからのみ中継。
    • ポール・ヤングの出番の後、アメリカとの二元中継が始まり、カメラは一旦アメリカの方へ移る。以後イギリス・アメリカ会場とだいたい交互にアーティストが歌っていくことになる。
    • ウェンブリーは、途中でアメリカに移動したフィル・コリンズを除く全ての出演者がステージに登場し『ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス?』を披露し大団円を迎えた。そして、ロンドンのナイトクラブにいるクリフ・リチャードにアメリカのライヴ再開まで歌で時間を繋いでもらう。
    • トム・ペティ&ハートブレイカーズの出番から完全にアメリカ中継。
    • アメリカ会場では最後まで残ったアーティスト達がステージに登場し、『ウィ・アー・ザ・ワールド』でライヴエイドのフィナーレを飾った。
  • その他、協賛した地域

参加ミュージシャン(以下、順不同)[編集]

ウェンブリー・スタジアム[編集]

JFKスタジアム[編集]

出演していたが欧州では未中継だったアーティスト(全てアメリカ出演組。DVDには収録)[編集]

出演していたがDVD未収録のアーティスト(全てアメリカ組)[編集]

その他、メイン会場以外での出演アーティスト[編集]

イギリスロンドンウエスト・エンドのナイトクラブ[編集]

オランダハーグ・オランダ会議センターの「ノース・シ・ジャズ・フェスティバル」[編集]

  • B.B.キング - ロック草創期からの大御所。オランダにいながら、このライヴエイドへの出演を熱望し、オランダ会場からの世界中継が実現した。

オーストラリア[編集]

その他

ドイツ[編集]

その他

日本[編集]

※以上の4組のライヴ映像が、全世界に中継された。
その他

なお、音楽アーティスト以外にも長嶋茂雄やソニーの盛田昭夫会長などのコメントも全世界に向けて放送された。

ソ連[編集]

その他

ユーゴスラヴィア[編集]

その他

ノルウェー[編集]

その他

出演が予定・噂されていたが結局、出演しなかったアーティスト[編集]

※以上の2名は飛び入り参加が噂されていた。
※原因不明の出演辞退。
※ポスターに名前まで載っていたがサポートメンバーのギタリストが脱退を表明し、それを引き止めるために直前になっての辞退。
※以上2名。特にスティーヴィーはポスターに名前が掲載されていた。本番前日になりスティーヴィーとマイケルがデュエットで出演ということになった。本番当日、『マイケルとスティーヴィーが共にフィラデルフィア入りした』ということが本番中のステージで発表され会場は一気にヒートアップ。ところが2人の消息は、それっきりつかめなくなり結局、会場に姿を見せることはなかった。

追記[編集]

  • その年の、ノーベル平和賞候補として、「ボブ・ゲルドフ」の名が挙がった。

日本での放送[編集]

日本では、フジテレビが放送権を獲得し、7月12日午後9時から7月13日午後0時まで放送した。正式な番組名は『THE 地球CONCERT LIVE AID』(ザ・ちきゅうコンサート・ライヴ・エイド)。

司会[編集]

後記の中継の不手際に加え、司会の逸見の「洋楽に対する知識の不足」にも視聴者からの批判が集中した(海外から中継が入る度に「これが○○と言うアーティストですか」「私は存じ上げませんが」を連発していた)。逸見は後に著書「マジメまして逸見です」の中で「長丁場の衛星中継で、しかも何時に誰が出演するか全く読めない状況だったため進行はある意味で命がけだった」と語っている。一方の南こうせつも、洋楽に対しては知識があるものの、「ビートルズ再結成」ばかりを気にしていた。

日本国内の中継場所[編集]

新宿 アルタ内特設会場
アルタの特設会場内には、ニッポン放送の特設スタジオもあり桑田佳祐の司会でライヴエイドの特別番組を放送していた。また、一般人が飛び入りで参加できるコンサート会場も用意された。ちなみに、アルタビジョンではライヴエイドの生中継が流されていた。
環状8号線沿い 用賀のデニーズ
デニーズの駐車場に移動式の巨大スクリーンを設置。ライヴエイドを生中継していた。

スタジオ[編集]

当時フジテレビがあった新宿河田町のフジテレビ社屋内にあるスタジオから主に放送を行った。スタジオ内には、中継用の巨大スクリーンが用意された他、電話で募金を受け付ける数十人のオペレーターの席や、ラジオ中継のためニッポン放送の仮設スタジオも置かれた(テレビスタジオから最新の状況をお伝えしますと紹介されていた)。

日本国内での放送に関しての問題点[編集]

当時は衛星中継の技術が発達していなかったことや、過去に例のなかった長時間の生放送ということもありハプニングが続出した。

衛星中継の中断
時々衛星の不具合で0.5秒程度中継が途切れ砂嵐になることがあったが、フィラデルフィアからブライアン・アダムスが出演した時に歌いだす直前で衛星中継が完全に途切れてしまった。映像は急遽フジテレビのスタジオに切り替わり司会者とゲストのトークで場をつなげたが、結局ブライアン・アダムスの映像は放送されなかった。また、U2のパフォーマンスなどに映像が波打つようなノイズが入った。[4]
CMのタイミング
海外からの中継でアーティストが熱唱し、盛り上がっている所で唐突にもCMを入れることが何度もあった。特に、ビーチ・ボーイズが曲のサビを歌っている時にCMへ切り替わった際には視聴者から抗議が殺到した。
邦楽アーティストの出演
下記にもあるように、邦楽ファンの取り込みも狙ってか海外からの中継を中断してフジテレビが独自にスタジオで収録した邦楽アーティストのパフォーマンスを流した。もちろんその時は洋楽ファンから抗議が殺到した。
同時通訳の技術不足
海外からの中継でアーティストのMCはすべてフジテレビ側の同時通訳が日本語に吹き替えたが、同時通訳の*はずなのにまるで台本を棒読みしているかのようなぎこちない通訳は大変不評だった。
ゲストのチャリティへの理解不足
スタジオへ集まったゲストのアーティストへ「このようなチャリティコンサートについてどう思いますか?」と司会の逸見が質問していったが、ほとんどのアーティストが「う~ん、いいんじゃないですか」程度の意見しか答えられなかった。ラッツ&スターのメンバーに至っては、他のアーティストがスタジオのカメラに向かって答えている時も変な顔やピースなどをしてカメラに割り込み、緊張感の欠如を晒してしまった。そんな中でも、帰国子女の早見優が見事な英語でスタジオに来ていた外国の合唱団にインタビューするなど評価すべき点もあった。

なお、これはフジテレビに非があるわけではないが、深夜に募金申し込みの電話番号と一桁違いの電話番号を使っている病院の電話へ間違い電話が殺到し、司会の逸見が「大変迷惑しているそうなのでどうか電話番号はお間違いのないようお願い致します」と放送中呼びかけた。

募金の流れ[編集]

日本国内で電話受付や銀行受付(富士銀行住友銀行第一勧業銀行)で集められた募金は、すべてフジテレビ内にある「地球コンサート事務局」にまとめられ、そこからイギリスのバンド・エイド・トラストへ送られた。

その他[編集]

  • 番組はステレオで放送されたため、当時高価だったステレオで音声記録できるビデオデッキをこの放送のために購入する洋楽ファンが続出した。

問題点[編集]

放映(企画)面[編集]

  • 不可抗力の部分もあるが、長時間の衛星生中継のため、上記の例のように回線切れが何度もあった。
  • 「国内では、民放による放映のため、やむをえないことではあるが、進行予定表があったはずなのにもかかわらず、「演奏途中でCMが入る」「英米2会場の衛星生中継と、日本での生放送、及び、録画による演奏シーンや、スタジオでの解説、座談会といった部分にみられた、連携のうまくいかない箇所」などが随所にあった。
  • 黒人歌手の出演が少ない。白人主体。黒人ミュージシャンも出るには出ていたが、あくまで白人受けするジャンルのアーティストに限られた。これはアメリカの業界の現実を如実に物語っていた。その上、観客を集められるかどうかを基準に出演者を決めたとボブ・ゲルドフも証言している。
  • 日本ではフジテレビが放送権を獲得し、生中継を行ったが視聴者の多数に及ぶ、邦楽ファンにも楽しめるような企画や構成が、一方では、英米現地での放送シーンの寸断や中断にもつながった。フジテレビ側で司会を担当した逸見政孝は、当時番組内で「視聴者の皆様から、アメリカ会場から中継している時はイギリス会場を映せ、イギリス会場から中継しているときはアメリカ会場を映せと言う苦情がフジテレビに殺到しております。これに関してなんですが、ライヴエイドの中継と言う物はすべてフィラデルフィアの中継センターが全世界へ向けて中継する映像を選んでおりまして、こちらには中継する映像を選ぶ権利はございません。その点をご理解頂けたらと思います」と釈明している。

コンサートの目的や結果として[編集]

  • 後に、開催者側の金銭がらみのトラブルが発生した。
  • 支援物資が、末端まで行き届かず、アフリカの港の段階での腐敗等、使い物にならなくなった食料も少なくなかった。
  • アフリカ数ヶ国では、国家側の政治的目的のために利用されてしまった。
などといった、21世紀現在、国際援助や民間支援に伴う問題点と同様のトラブルが、既に露呈していた。
  • ウッドストック以来の大規模なイベントであり、その時代に活躍したシンガーソングライター系のアーティスト達(ディラン、バエズ、CS&N等)はいずれもかつての自分達のスタイルでの演奏、ステージングを試みたが、1980年代の同時代性とは合わず、「時代遅れの過去の遺物」として冷ややかな反応を受けた。
  • フィナーレの「ウィ・アー・ザ・ワールド」で「マイクの奪い合い」に見えた点は各人がコーラスをマイクに乗せようとする気持ちが勝ちすぎたものと思われる。しかしながらリードシンガーのマイクを握って自分の方に向けようとすることはいかんせんやりすぎであった。また、パティ・ラベルの声量が大き過ぎた点に関してはリフレインのユニゾンコーラスのところでパティがオブリガートを乗せる役割を与えられたようであり、そのことに関して彼女自身の落ち度はない。声量が大き過ぎた点に関してはPA担当のミキシングの不手際であると思われる。
  • ボブ・ディランはフィラデルフィア会場の自身のパートに於いてのMCで「収益の一部をアメリカの困窮する農民にも回してあげたい」と発言(DVDではカット)し、その言葉がきっかけで「ファーム・エイド」が生まれた。しかし後年、ボブ・ゲルドフは自身の伝記で「彼はライヴ・エイドの趣旨を全く理解していなかった。『食を与えられない』問題と『職を与えられない』問題とは次元の違う話であり、そのことをないまぜにしてあのような発言を行ったのは愚かしいことであった。もちろんファーム・エイドが生まれた事自体はいい影響ではあったけれども」と述べている。
  • 渋谷陽一は「ウッドストックは、イベントそのものが大きな事件であった。しかし、ライブエイドは「チャリティ」という話題を借りなければイベントが成り立たず、音楽の影響力が低下した証拠だ」という旨の発言をしている。

脚注・参考資料[編集]

  1. ^ 「計16時間」と記載されているものもあり。米英間の時差による、コンサート開催時間のズレを含むものと推測される。
  2. ^ ただ、ボブが必死にアフリカへの食糧支援を訴えていたが全く聞く耳を持たなかったといわれる当時の英国首相サッチャーは招かれなかった。
  3. ^ 2007年発売のDVD『The McCartney Years』にて本人が明言。
  4. ^ これは当時の通信衛星の仕様であると後に発売されたDVDの注意書きにも記されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]