ケニー・ロジャース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケニー・ロジャース
Kenny Rogers
Kenny Rogers Whitecaps Rehab.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ジョージア州サバンナ
生年月日 1964年11月10日(49歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1982年 ドラフト39巡目
初出場 1989年4月9日
最終出場 2008年9月14日
年俸 8,000,000ドル(2008年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ケネス・スコット・ロジャースKenneth Scott Rogers , 1964年11月10日‐)は、メジャーリーグベースボールの元選手。ポジションは投手アメリカ合衆国ジョージア州サバンナ出身。ニックネームは「The Gambler」。

経歴[編集]

テキサス・レンジャーズ[編集]

1982年ドラフトテキサス・レンジャーズから39巡目に指名され入団。高校時代は家の農場の手伝いなどで、まともに野球に打ち込んだのは3年時の1年だけで、外野手だったが、強肩を生かすため投手へ転向[要出典]。怪我などもあり、メジャーデビューはプロ入り8年目の1989年4月6日。この年、リーグ3位の73試合に登板し、防御率は2.93。新人選手としてはメジャー最多の登板数となった[2]4月9日にメジャー初勝利を記録し、7月20日にメジャー初セーブを記録した[2]

1990年ジェフ・ラッセルの故障により、6月以降クローザーとして起用され、チーム最多の69試合に登板し、15セーブを記録した[3]。リリーフとして9勝(リーグ3位)を挙げ、左投手としての球団記録となった[3]

1992年はリーグ最多の81試合に登板したが、1993年先発投手に転向し、チーム最多の16勝を挙げ、防御率4.10。中継ぎ時代に培った牽制技術を生かし、メジャー有数の『盗塁をさせない投手』との評価を確立した[要出典]1994年7月28日カリフォルニア・エンゼルス戦でMLB史上12人目の完全試合を達成。

1995年は自己最多の17勝を記録し、ロジャース自身が持つ左投手としての球団記録を更新した[4]。5月には4試合連続無失点に抑え、39回連続無失点を達成した。これはチャーリー・ハフの36回連続無失点(1983年)を上回る球団新記録となった[4]オールスターに初めて選出され、1回を2三振、無失点に抑えている。

ヤンキース、アスレチックス、メッツ[編集]

1996年FAニューヨーク・ヤンキースと4年総額2,000万ドルで移籍した[5]。シーズンは12勝8敗を記録し、防御率は4.68。ロジャースは初のポストシーズンとなった。4試合に登板し、防御率14.14で全くの期待外れとなったが[5]、チームは18年ぶりにワールドシリーズを制覇した。

1997年は開幕から不調で5月27日から6月15日にかけての5試合の防御率は8.87[6]6月22日には4年ぶりにリリーフとして登板した[6]8月5日に先発に復帰したが[6]、この年の成績は6勝7敗・防御率5.65と1993年に先発転向後最悪の成績となった。一度ケガを隠して先発登板したためジョー・トーリ監督の信頼を完全に失い[5]、ポストシーズンでは登板機会がなかった。11月7日に1998年と1999年の年俸の半分をヤンキースが負担し[5]スコット・ブロシアスとのトレードでオークランド・アスレチックスへ移籍した。

1998年はチーム最多の16勝、防御率は3.17(リーグ3位)を記録し、8月20日には通算100勝を達成した[7]。守備ではMLB最多の66補殺を記録し、ア・リーグでは1977年にジェリー・ガーヴィンが66補殺して以来の多さである[7]

2000年 - 2005年[編集]

1999年7月23日ニューヨーク・メッツにトレードされ、2000年にレンジャーズに復帰。この年は13勝をあげ、ゴールドグラブ賞を4年連続で受賞中だったマイク・ムッシーナに代わり初受賞。翌2001年は怪我により7月17日の登板を最後にシーズンを終え、5勝7敗・防御率6.18の成績に終わった。

2002年はチーム最多の13勝を挙げ、通算10回目の2桁勝利となった。2003年ミネソタ・ツインズへ移籍。2004年1月14日に2年総額600万ドルでレンジャースに復帰した[8]。9回当たり6.85点(リーグ4位)の打線の援護もあり、自己最多の18勝を挙げ、投手としてリーグ史上最高齢で3回目のゴールドグラブ賞を受賞した[9]

2005年は4月27日から6月17日にかけて9連勝し、その間に球団史上3番目の長さとなる31回連続無失点を達成している[10]。オールスターまでに10勝4敗・防御率2.54の成績を残し[10]、3回目のオールスターに選出されたが、6月に地元テレビ局のカメラマンに暴行し、怪我を負わせたため、ブーイングを浴びた[11]。それ以後の後半戦は4勝4敗・防御率4.72だった[10]

デトロイト・タイガース[編集]

2006年から2年総額1600万ドルの契約でタイガースに移籍[12]。移籍してからは若い投手のまとめ役、相談役としてリーダーシップを発揮[11]。苦手だったメディアとも積極的につきあうようになった[11]。6月18日に通算200勝を達成。40歳代で2度目の14勝以上を達成(MLB史上10人目)。チームは19年ぶりのリーグ優勝。

2005年までのポストシーズンの成績は0勝3敗、防御率8.85と苦手にしていたが、10月6日のヤンキースとのディビジョンシリーズ3戦を7回・2/3を無失点。 ランディ・ジョンソンとの史上初の40歳代対決に完勝し、続くオークランド・アスレチックスとのリーグチャンピオンシップシリーズ第3戦でも7回・1/3を無失点に抑え勝ち投手となった。セントルイス・カージナルスとのワールドシリーズ第2戦では8回を無失点で勝ち投手となった。チームは第5戦で敗退。ワールドチャンピオンになれなかったが、ポストシーズンで23イニング連続無失点を記録し、これを上回ったのはクリスティ・マシューソン(1905年、27回連続無失点)しかいない[13]

2007年シーズン終了後FAを宣言したが、代理人のスコット・ボラスを解雇し、自ら交渉し、1年800万ドルで残留[1]2008年5月9日に92回目の牽制で走者をアウトにし、マーク・ラングストンを抜きMLB史上最多記録となった[14]

選手としての特徴[編集]

若い頃は速球派だったが、晩年はベテランらしいカーブチェンジアップを駆使した投球術が光った。

元野手だけあってフィールディングも軽快で、ゴールドグラブ賞を5度受賞している(2000年、2002年、2004年 - 2006年)。

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1989 TEX 73 0 0 0 0 3 4 2 -- .429 314 73.2 60 2 42 9 4 63 6 0 28 24 2.93 1.38
1990 69 3 0 0 0 10 6 15 -- .625 428 97.2 93 6 42 5 1 74 5 0 40 34 3.13 1.38
1991 63 9 0 0 0 10 10 5 -- .500 511 109.2 121 14 61 7 6 73 3 1 80 66 5.42 1.66
1992 81 0 0 0 0 3 6 6 -- .333 337 78.2 80 7 26 8 0 70 4 1 32 27 3.09 1.35
1993 35 33 5 0 0 16 10 0 -- .615 885 208.1 210 18 71 2 4 140 6 5 108 95 4.10 1.35
1994 24 24 6 2 1 11 8 0 -- .579 714 167.1 169 24 52 1 3 120 3 1 93 83 4.46 1.32
1995 31 31 3 1 0 17 7 0 -- .708 877 208.0 192 26 76 1 2 140 8 1 87 78 3.38 1.29
1996 NYY 30 30 2 1 0 12 8 0 -- .600 786 179.0 179 16 83 2 8 92 5 0 97 93 4.68 1.46
1997 31 22 1 0 0 6 7 0 -- .462 651 145.0 161 18 62 1 7 78 2 2 100 91 5.65 1.54
1998 OAK 34 34 7 1 1 16 8 0 -- .667 970 238.2 215 19 67 0 7 138 5 2 96 84 3.17 1.18
1999 19 19 3 0 0 5 3 0 0 .625 528 119.1 135 8 41 0 9 68 3 1 66 57 4.30 1.47
NYM 12 12 2 1 1 5 1 0 0 .833 317 76.0 71 8 28 1 4 58 1 0 35 34 4.03 1.30
'99計 31 31 5 1 1 10 4 0 0 .714 845 195.1 206 16 69 1 13 126 4 1 101 91 4.19 1.41
2000 TEX 34 34 2 0 0 13 13 0 0 .500 998 227.1 257 20 78 2 11 127 1 1 126 115 4.55 1.47
2001 20 20 0 0 0 5 7 0 0 .417 552 120.2 150 18 49 2 8 74 4 1 88 83 6.19 1.65
2002 33 33 2 1 0 13 8 0 0 .619 892 210.2 212 21 70 1 6 107 5 1 101 90 3.84 1.34
2003 MIN 33 31 0 0 0 13 8 0 0 .619 851 195.0 227 22 50 5 11 116 6 4 108 99 4.57 1.42
2004 TEX 35 35 2 1 0 18 9 0 0 .667 935 211.2 248 24 66 0 9 126 2 1 117 112 4.76 1.48
2005 30 30 1 1 1 14 8 0 0 .636 828 195.1 205 15 53 1 8 87 0 0 86 75 3.46 1.32
2006 DET 34 33 0 0 0 17 8 0 0 .680 849 204.0 195 23 62 2 9 99 5 0 97 87 3.84 1.26
2007 11 11 0 0 0 3 4 0 0 .429 275 63.0 65 8 25 0 1 36 1 0 36 31 4.43 1.43
2008 30 30 0 0 0 9 13 0 0 .409 782 173.2 212 22 71 3 9 82 4 1 118 110 5.70 1.63
通算:20年 762 474 36 9 4 219 156 28 0 .584 14280 3302.2 3457 339 1175 53 127 1968 79 23 1739 1568 4.27 1.40
  • 2008年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・記録・表彰[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Free agent Kenny Rogers returning to Detroit” (英語). 2008年5月22日閲覧。
  2. ^ a b Kenny Rogers 1989 Career Highlights” (英語). 2008年5月21日閲覧。
  3. ^ a b Kenny Rogers 1990 Career Highlights” (英語). 2008年5月21日閲覧。
  4. ^ a b Kenny Rogers 1995 Career Highlights” (英語). 2008年5月21日閲覧。
  5. ^ a b c d 水次祥子、林直樹「優勝請負人たちの光と影 73 ケニー・ロジャース[メッツ]」『月刊メジャー・リーグ』1999年10月号、ベースボールマガジン社、1999年、雑誌 08625-10、44 - 45項。
  6. ^ a b c Kenny Rogers 1997 Career Highlights” (英語). 2008年5月21日閲覧。
  7. ^ a b Kenny Rogers 1998 Career Highlights” (英語). 2008年5月21日閲覧。
  8. ^ 「地区別ペナントレース展望 アメリカンリーグ西地区」『月刊メジャーリーグ』 2004年3月号、33項、雑誌 08625-3
  9. ^ Kenny Rogers 2004 Career Highlights” (英語). 2008年5月22日閲覧。
  10. ^ a b c Kenny Rogers 2005 Career Highlights” (英語). 2008年5月22日閲覧。
  11. ^ a b c 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2007』 廣済堂出版、2007年、126項。ISBN 978-4-331-51213-5
  12. ^ Rogers signs to two-year, $16M with Tigers” (英語). 2008年5月22日閲覧。
  13. ^ Kenny Rogers 2006 Career Highlights” (英語). 2008年5月22日閲覧。
  14. ^ Pickoff gives Rogers all-time lead Veteran Tigers southpaw passes Langston with 92nd of career” (英語). 2008年5月21日閲覧。

外部リンク[編集]