ポール・サイモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポール・サイモン
(Paul Simon)
Paul Simon performing March 8, 2007
Paul Simon performing March 8, 2007
基本情報
出生名 ポール・フレデリク・サイモン
Paul Frederic Simon
出生 1941年10月13日(72歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニュージャージー州
ニューアーク
ジャンル ロック
フォーク
ワールドミュージック
職業 シンガーソングライター
ギタリスト
音楽プロデューサー
担当楽器
ギター
エレクトリックベース
活動期間 1957年 - 現在
共同作業者 アート・ガーファンクルほか

{{{Influences}}}

ポール・フレデリク・サイモンPaul Frederic Simon, 1941年10月13日 - )は、ユダヤ系アメリカ人シンガーソングライター米国ニュージャージー州ニューアーク出身。元々はアート・ガーファンクルとのユニットサイモン&ガーファンクル」として、フォーク・ロック・ミュージシャンとして人気を博したが、ソロ・ミュージシャンとしては、ラテンレゲエアフリカンボサノヴァジャズクラシックエレクトロといった非常に幅広く、多様な音楽に取り組んでいる。2006年、米タイム誌(Time magazine)は「世界で最も影響力のある100人」の一人に、様々な政治家哲学者科学者らと共に、ミュージシャンのポール・サイモンを選んだ。

2011年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第93位。

1968年の「ミセス・ロビンソン(Mrs.Robinson)」(最優秀レコード賞等、計2部門)、1970年の『明日に架ける橋(Bridge Over Troubled Water)』(最優秀アルバム賞等、計5部門)、1975年の『時の流れに(Still Crazy After All These Years)』(最優秀アルバム賞等、計2部門)、1987年の『グレイスランド(Graceland)』(最優秀アルバム賞等、計2部門)など、史上最多となる13のグラミー賞を受賞。

また、1990年サイモン&ガーファンクルとして、2001年にはソロでロックの殿堂入りを果たした。

経歴[編集]

サイモン&ガーファンクル[編集]

サイモンは1955年、小学校時代からの友人アート・ガーファンクルと共にデュオグループ「トム&ジェリー」を結成し、1958年に「ヘイ・スクールガール(Hey Schoolgirl)」(最高位54位)をヒットさせる。高校卒業後、クイーンズカレッジでは英文学を専攻する。1964年には、サイモン&ガーファンクルとして「水曜の朝、午前3時(Wednesday Morning, 3 A.M)」をリリース。しかし、このアルバムはフォーク・ブームの沈静期の影響もあり、注目を集めることはなく、ポール・サイモンは失意の内に1人ロンドンでの音楽活動を始める。1965年には、初のソロ・アルバム『ポール・サイモン・ソングブック(The Paul Simon Song Book)』を録音するが、ここには、後にサイモン&ガーファンクルのレパートリーとなった曲も、多数含まれている。

ヒットは意外なところからやって来た。『水曜の朝、午前3時(Wednesday Morning, 3 A.M)』のA面最後の曲「The Sound Of Silence」をアメリカのFM局が流したところ、リスナーの反応がよかったのだ。これに注目したレコード会社のプロデューサー、トム・ウイルソンがサイモンに無断でエレクトリックギタードラムスオーヴァーダビングしてシングルとして発売。これが一挙にヒット・チャートを駆け上るヒットとなった。サイモンがこの成功を知ったのは、街角で手に取ったビルボード紙だったという。それが、1966年の「サウンド・オブ・サイレンス(The Sound Of Silence)」のビルボードNo.1。1967年カリフォルニアで開かれた第1回モンタレー・ポップ・フェスティバルに参加、実行委員を務める。その後も、映画『卒業』のテーマ、「ミセス・ロビンソン(Mrs. Robinson)」(最高位1位)、「明日に架ける橋(Bridge Over Troubled Water)」(最高位1位)などのヒットを作り出す。「明日に架ける橋(Bridge Over Troubled Water)」は当初ポール・サイモンがギターで作詞作曲したが、アルバムではガーファンクルの(ほぼ)独唱、そしてピアノアレンジメントとなり、収録された。「コンサートでこの曲に贈られた拍手と賞賛はガーファンクルのものだ」と受け取ったサイモンは、その度に「これは僕がつくった曲なんです」と心で思ったという(サイモンがギター1本で歌った「明日に架ける橋」のデモ・テープは、彼のアルバムに以後収められている)。

ガーファンクルは、アルバム『明日に架ける橋』の制作中、マイク・ニコルス監督の『キャッチ22』の撮影も重なったため、アルバムの中には収録をサイモン1人で行った曲もある。「ニューヨークの少年」(The Only Living Boy In New York)もその中の曲で、9.11のニューヨーク・テロ以後には新しい意味もこめられた受け取り方をされているようだ。ちなみに、1970年は「サイモン&ガーファンクル」としてビルボードでシングル「明日に架ける橋」、アルバム『明日に架ける橋』が両方の年間チャートでNo.1を獲得した。シングルとアルバム、両方の年間チャートで同じアーティストがNo.1を獲得するのはビルボード始まって以来、初の快挙である。

ソロ活動[編集]

1970年、志向する音楽の違いなどからサイモン&ガーファンクルは正式解散表明はしていないが事実上別々の道を歩むこととなり、サイモンはソロ活動に入った。私生活では、最初の妻、ペギーと結婚。ハーパーという男の子を授かった(のちに彼は「ケープマン(The Capeman)」にギタリストとして参加している)。デビュー・アルバム『ポール・サイモン(Paul Simon)』は、米ビルボードチャートの4位まで上昇。このアルバムの1曲目、「母と子の絆」は、有名白人ミュージシャンとして初めてのレゲエ曲で、優美でフォーク調のシンプルな楽曲に慣れていた大多数のサイモン&ガーファンクルのファンの度肝を抜いた。このアルバムでは、サイモン&ガーファンクルで築き上げたスタイルを敢えて崩し、レゲエやスカなど全く新しいジャンルの曲目で占められたが、大衆に迎合せずに、新たな創造性を求めるという、他のポップ・ミュージシャンとは一線を画す真のアーティストとしてのアプローチは、その後発表されるアルバムでも繰り返されることとなる。さらに「ぼくとフリオと校庭で」「ぼくのコダックローム」「ラブズ・ミー・ライク・ア・ロック」「アメリカの歌」「ダンカンの歌」などを発表し、それぞれヒットさせた。1973年には、アルバム『ひとりごと(There Goes Rhymin' Simon)』、1975年には『時の流れに(Still Crazy After All These Years)』を発表。後者はアルバムチャート、シングルチャート(「恋人と別れる50の方法」)共に1位を獲得した。1980年には、映画『ワン・トリック・ポニー(One Trick Pony)』の脚本、サウンドトラックを手掛け、俳優としても主演した。しかし、映画の興行は振るわず、アルバムもそれまでのヒットには及ばなかった。1981年に、アート・ガーファンクルと解散から11年ぶりにサイモン&ガーファンクルを再結成し、セントラル・パークに53万人を集めたフリー・コンサートは大きな話題となった。

このコンサートの成功を受けて、サイモン&ガーファンクルとしてのアルバム制作が始められたが、2人の音楽観の溝は埋まってはおらず、逆にそれを再認識することになる。こうして、1983年に発表した5枚目のソロ・アルバム『ハーツ・アンド・ボーンズ(Hearts and Bones)』は、商業的には失敗と見られた。アルバムの中の「Train in the Distance」は離婚した最初の妻ペギーを、そして「Hearts and Bones」は2番目の妻キャリー・フィッシャーとのことを歌ったものだ。最後の曲「Late Great Johnny Ace」はポールの少年時代のヒーローJohnny Ace、ジョン・F・ケネディ、そしてジョン・レノンの死を歌っている。先述のセントラル・パーク・コンサートでこの曲を歌い始めたポールに「話があるんだ」といって1人の男がステージに上がってきた。男はすぐに取り押さえられ、幸い事件には至らなかったが、これにはポールも心底驚いた表情をしていた。

『ハーツ・アンド・ボーンズ』の商業的な失敗(アルバムの売り上げはキャリア最低の50万枚未満)を受け、ソロ・アーティストとしての人気に陰りが出てきたが、1986年、全くの新境地ともいえるアフリカの民族音楽を取り入れた『グレイスランド(Graceland)』を発表。このアルバムは、世界各地のチャートで旋風を起こす大ヒットとなり、マイケル・ジャクソンの『スリラー(Thriller)』などと共に、80年代の世界のミュージック・シーンを代表するアルバムのひとつとなった。

一方で、このアルバムは南アフリカのミュージシャンのサポートが大きく、当時アパルトヘイト政策をとり世界的な非難と経済・スポーツなど、様々な制裁を受けていた南アフリカ政府を利するものだと、大きな非難を浴びた。また、音楽そのものを南アフリカから”盗んだ”とも非難され大きな論争をもたらした。しかし、そもそもポールには純粋な音楽的な動機以外にアルバム制作の目的はない上、アルバムの内容はむしろ南アの黒人ミュージシャンの才能を全面に押し出すものだったため、最終的に当時のANC(アフリカ民族会議)はポール・サイモンを支持し、また南アフリカ出身や他の多くのミュージシャンの支持をも得、『グレイスランド(Graceland)』は、1枚のアルバムで2年連続してグラミー賞を受賞するという栄誉をサイモンにもたらした。

1990年に発表した『リズム・オブ・ザ・セインツ(The Rhythm of the Saints)』は、前作のワールドミュージック路線を継承したもので、ブラジル音楽を取り入れ、再びヒット作となった。同年末には、日本の第41回NHK紅白歌合戦に衛星中継で出演し、「明日に架ける橋」を歌った。1991年には、再びセントラル・パークでフリー・コンサートを開き、75万人を動員するという驚異的な記録を自ら更新。しばらくの沈黙の後、1997年にはブロードウェイ・ミュージカルに進出。「ケープマン(The Capeman)」は短期間の上演となったものの、そのキャストアルバムは批評家の間では高い評価を受ける。2000年に発表した『ユー・アー・ザ・ワン(You're the One)』は、グラミー賞の最優秀アルバムにノミネートされた。

2006年には『サプライズ(Surprise)』を発表。U2などのプロデューサーとして知られるイギリス人コンポーザー、ブライアン・イーノを迎え、65歳にして、新境地ともいえるエレクトロミュージックに取り組み、話題となった。「エブリシング・アバウト・イット・イズ・ア・ラブソング」はドラムンベース、「ワンス・アポン・ア・タイム・ゼア・ワズ・アン・オーシャン」はブレイクビーツをベースとした楽曲である。米オール・ミュージック・ガイド(All Music Guide)は、ボブ・ディランの『ラヴ・アンド・セフト』とポール・マッカートニーの『ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード』、ローリング・ストーンズの『ア・ビガー・バン』という同世代のスター達が最近出した傑作アルバムを並べ、「サイモンの傑出した点は、他のミュージシャンとは違い、自身が既に築き挙げた過去の業績に頼った音楽を作らないということだ。キャリアのピークの時とまったく変わらないチャレンジと野心をもって、これを作りあげただけにより注目に値する」として、高く評価している。また、この作品は商業的にもヒットし、ビルボード・アルバムチャートで、全米14位、全英4位を記録。シングルも、「ファーザー・アンド・ドウター(Father and daughter)」が久々のトップ40入りを果たした。

2007年、Library of Congress(アメリカ議会図書館)による、新設のガーシュウィン・アワードの第1回の受賞者となる。この授賞式には、ガーファンクルやスティービー・ワンダーなども参加し、米PBSにより全米に生中継された。また、ヒップポップ・ミュージシャン、ワイクリフ・ジョンの新曲「ファスト・カー」にゲスト・ボーカリストとして参加。このアルバムは、2007年12月発売予定の「カーニバル2(Carnival2)に収録された。2009年11月には、『ロックの殿堂(The Rock n Roll Hall of Fame)』の25年記念コンサートに出演。U2、ブルース・スプリングスティーンらと共に、ソロ・アーティスト及びサイモン&ガーファンクルとして、2度に渡って出演、往年のヒット作を披露し、スタンディング・オベーションでの喝采を受けた。

2011年、5年ぶりの新作『ソー・ビューティフル・オア・ソー・ワット(So beautiful or so what)』を発表。アフリカやブラジルで吸収したサウンドに、ブルーグラスゴスペルなども組み合わされた自身のキャリアの集大成ともいえる作品で、ローリング・ストーン誌、オール・ミュージック・ガイドなど各メディアは総じて『グレイスランド(Graceland)』以来の傑作と絶賛し、ビルボード・アルバムチャートでも発売と同時に4位を記録した(第1週での4位はキャリア最高)。ヨーロッパでの各チャートでも軒並みトップ10入りを果たし、90年の『リズム・オブ・ザ・セインツ(The Rhythm of the Saints)』以来の大ヒット作となった。

特徴[編集]

その美しいメロディに注目されることが多いが、繊細かつ大胆な比喩を多用した歌詞は、詩人としても評価を受けている。ノーベル文学賞受賞者のデレック・ウォルコット(Derek Walcott)は、『グレイスランド』の歌詞"The Mississippi delta was shining like a national guitar(ミシシッピー・デルタはナショナル・ギターのように輝いている)"を例として取り上げながら、独特なスタイルをもったサイモンの詩をSimonesque(サイモン風の)と呼び、現代最高の詩人の一人として評価している。

さらに、ギターテクニックについてもその評価は高く、「アンジー」や「ミセス・ロビンソン」、「スカボロー・フェア」など様々な楽曲でその実力がいかんなく発揮されている。単身渡英中の1965年に録音されたソロ・アルバム『ポール・サイモン・ソングブック』はギターを主体にしたものであり、ライブではギターのみで通常の楽曲を演奏することも多い。その際、イギリスで知己を得た現地のフォーク・ミュージシャンから教わった奏法や楽曲は、その後のS&Gでの作品に大きく影響を与えた(「アンジー」「スカボロー・フェア」など)。 しかし、このアルバムは1970年代以降長らく絶版になっていたが、2004年3月ようやくCD復刻された。

家族、交友関係など[編集]

女優のキャリー・フィッシャー(『スター・ウォーズ・シリーズ』旧三部作のレイア姫役が有名)と結婚したがすぐに離婚。1992年に「What I Am」のヒットで知られる25歳年下のシンガーソングライター、イーディ・ブリッケル(en:Edie Brickell)と再婚している。

映画とポール・サイモンとの関係も様々だ。ダスティン・ホフマンの出世作となったマイク・ニコルス監督の『卒業』ではサウンドトラックを担当。「ミセス・ロビンソン」はこの時代を象徴する大ヒットとなり、トム・ハンクス主演の『フォレスト・ガンプ/一期一会』にも使用された。また、思春期の少女を描きアンジェリーナ・ジョリーがアカデミー助演女優賞を獲得した『17歳のカルテ』では「ブックエンド」が、1960年代後半のロックシーンを背景にした『あの頃ペニー・レインと』では「アメリカ」がサウンドトラックとして使われている。(『あの頃ペニー・レインと』では、アルバム『ブックエンド』のカヴァー写真を見た主人公の母親〜フランシス・マクドーマンドが演じる〜に“このトロ〜ンとした目は絶対麻薬をやっている目よ”と言われており、当時の保守層には必ずしも受け入れていなかったことがわかり興味深い)。最近では、ジェニファー・ロペスの『メイド・イン・マンハッタン』で「僕とフリオと校庭で」がオープニングに流れ、小学生が“どうしてサイモンとガーファンクルは解散(ブレーク・アップ)しちゃったの?”と母親役のジェニファー・ロペスに聞いている。

ジョージ・クルーニーキャサリン・ゼタ・ジョーンズの『デボース・ショー』ではコメディ・タッチに軽く「明日に架ける橋」などが数曲登場する。サイモン自身は、『ワン・トリック・ポニー』以前に同じニューヨーカーのウディ・アレンが主演・制作した『アニー・ホール』にミュージシャン役で数カット出演している。

ガーファンクルとの関係[編集]

旧友アート・ガーファンクルとは、時折の再結成を除き、デュオ解散後、特に『ハーツ・アンド・ボーンズ』製作中に決裂した後は絶縁に近い状態が続いた。1993年の一時的な再結成コンサート以来、10年間は完全な絶縁状態だったといわれる。2003年、グラミー賞の功労賞を『サイモン&ガーファンクル』が受賞したのをきっかけに、約10年ぶりに再会(2003年のソロでの「ロックの殿堂」入りの際には、「ガーファンクルと仲直りをしたい」とスピーチしている)。そのまま2004年まで再結成し、世界ツアーを行っている。

ガーファンクルとの“犬猿の仲”は有名な事実で、過去にもテレビやコンサートでもジョーク混じりでよく話題にされているが、サイモンは2003年のコンサートツアーのインタビューにこう答えている。

アート(ガーファンクル)を友人とは思っていない。彼は家族だと思っている

ソロアルバム[編集]

ポール・サイモン(2000年)

シングル[編集]

  • 1965年 I Am a Rock / Leaves That Are Green
  • 1972年 Mother and Child Reunion / Paranoia Blues (US HOT 100 # 4)
  • 1972年 Me and Julio Down by the Schoolyard / Congratulations (US HOT100 # 22)
  • 1972年 Duncan / Run That Body Down (US HOT100 # 58)
  • 1973年 Kodachrome / Tenderness (US HOT100 # 2)
  • 1973年 Loves Me Like a Rock with the Dixie Hummingbirds / Learn How to Fall (US HOT100 # 2)
  • 1973年 American Tune / One Man's Ceiling is Another Man's Floor (US HOT100 # 35)
  • 1973年 Take Me to the Mardi Gras / Something So Right
  • 1974年 The Sound of Silence (Live) / Mother and Child Reunion (Live)
  • 1975年 Gone at Last with Phoebe Snow & The Jessy Dixon Singers / Tenderness (US HOT100 # 28)
  • 1975年 50 Ways to Leave Your Lover / Some Folks' Lives Roll Easy (US HOT100 # 1)
  • 1976年 Still Crazy After All These Years / I Do It for Your Love (US HOT100 #40)
  • 1977年 Slip Slidin' Away / Something So Right (US HOT100 # 5)
  • 1977年 Stranded in a Limousine / Have a Good Time
  • 1980年 Late in the Evening / How the Heart Approaches What It Yearns (US HOT100 # 6)
  • 1980年 One Trick Pony / Long, Long Day (US HOT100 # 40)
  • 1981年 Oh, Marion / God Bless the Absentee
  • 1983年 Allergies / Think Too Much (US HOT00 #44)
  • 1984年 Think Too Much / Song About the Moon
  • 1986年 You Can Call Me Al / Gumboots (US HOT100 #23)
  • 1986年 Graceland / Hearts and Bones (US HOT100 #81)
  • 1987年 The Boy in the Bubble / Crazy Love, Vol.2 (US HOT100 #86)
  • 1987年 Diamonds on the Soles of Her Shoes / All Around the World, or the Myth of Fingerprints
  • 1990年 The Obvious Child / The Rhythm of the Saints (US HOT100 # 92)
  • 1990年 Proof
  • 1990年 Born at the Right Time (Cassette)
  • 1991年 Still Crazy After All These Years (Live)
  • 2000年 Old
  • 2000年 You're the One
  • 2003年 Father and Daughter / Another Galaxy
  • 2006年 That's Me / You Can Call Me Al
  • 2006年 Outrageous / 50 Ways to Leave Your Lover

ベストアルバム[編集]

  • 1977年 グレイテスト・ヒッツ・エトセトラ Greatest Hits, etc.
  • 1987年 ネゴシエイションとラブ・ソングス 1971〜1986 Negotiations and Love Songs, 1971 - 1986
  • 1991年 ボーン・アット・ザ・ライト・タイム - ベスト・オブ・ポール・サイモン Born at the Right Time - The Best of Paul Simon
  • 1991年 ザ・コレクション The Collection
  • 1993年 グレイト・ソングブック1964/1993 1964/1993
  • 2000年 グレイテスト・ヒッツ - シャイニング・ライク・ア・ナショナル・ギター Greatest Hits Shining Like a National Guitar
  • 2002年 ポール・サイモン・コレクション The Paul Simon Collection: On My Way, Don't Know Where I'm Goin'
  • 2007年 ジ・エッセンシャル The Essential Paul Simon
  • 2009年7月 This Better Be Good
  • 2011年 ソングライター Songwriter

日本公演[編集]

4月1日,3日 大阪フェスティバルホール、5日 愛知県体育館、9日,10日 日本武道館
  • 1991年 Born at The Right Time Tour
10月7日 名古屋レインボーホール、9日,10日 大阪城ホール、12日 東京ドーム

エピソード[編集]

  • 阪神タイガースファンである。当時は南海ホークスの本拠地であった大阪球場でのコンサートで阪神のユニフォームを着用した(玉木正之『プロ野球大事典』新潮社, 1990年)。またジンバブエのハラレで行ったコンサートを収めたビデオ「グレイスランド〜ジ・アフリカン・コンサート」でも、ステージ脇に阪神の帽子が置いてあるのを見ることができる。
  • 91年大阪城ホールのコンサートではタイガースの帽子がステージに投げ入れられ、「阪神タイガースピープル」と笑いを取り、帽子をかぶり、「僕とフリオと校庭で」を歌った。(NHK FMで放送)

外部リンク[編集]

関連項目[編集]