サイケデリック・ミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サイケデリック・ミュージック
文化的起源 LSDビート・ジェネレーション
サブジャンル
関連ジャンル参照
テンプレートを表示

サイケデリック・ミュージック(Psychedelic music)またはサイケデリア(psychedelia)[1]とは、ポップミュージックの様式、ジャンル及びシーンの1種。 この中にはサイケデリック・ポップ、サイケデリック・ロック(アシッド・ロックとも)、サイケデリック・ソウル、サイケデリック・アンビエント、サイケデリック・トランス、サイケデリック・テクノなども含まれる。サイケデリック・ミュージックの要素は、クラシック音楽を含むほぼ全てのジャンルの音楽に現れる。

背景[編集]

1960年代のLSDの使用に影響を与えたティモシー・リアリー、写真は1989年のもの

ウィリアム・S・バロウズジャック・ケルアックアレン・ギンズバーグといった1950年代から1960年代のビート・ジェネレーションの作家たちや[2]ティモシー・リアリー, アラン・ワッツオルダス・ハクスリーといった意識の拡張を提唱してきた学者たちは、新しい世代の者たちの考えに深く影響を与え[3] 、LSDの使用も相まって、霊的な啓発や社会意識とも結びつけられた。すぐさまミュージシャンたちは(最初は間接的だが、のちに堂々と) ドラッグを用いて、その体験を自分の音楽にとりいれた。このような行為は、アート文学、映画の分野でも行われた[4]


特徴[編集]

サイケデリック・ミュージックとは、決まったルールのある一つのジャンルというわけではなく、ある種の楽曲に見られる超現実的でありながら夢を見るような感覚を表現した音楽でもあるが、以下のような特徴を持っていることが多い。

歴史およびサブジャンルの派生[編集]

サイケデリックフォーク[編集]

1980年代初期、グレイトフルデッドのライブの舞台裏にて

最初にサイケデリックという言葉が音楽の方面で用いられたのは、1964年にニューヨークを拠点に活動するフォークグループen:The Holy Modal Roundersレッドベリーの『ためらいのブルース』(en:Hesitation Blues)のカバーを発表したときだった[15]。 1960年代半ばの時点でサイケデリック・ミュージックは急速にアメリカ西海岸と東海岸のビート・フォークシーンに広まった[16]サンフランシスコからはKaleidoscope, en:It's a Beautiful Day, en:Peanut Butter ConspiracyH・P・ラブクラフトといったミュージシャンやバンドが登場し[16] 、ニューヨーク市の グリニッジ・ヴィレッジからは Jake and the Family Jewelsや en:Cat Mother & the All Night Newsboys[16] が、そしてフロリダからはPearls Before Swineが登場した。1965年にバーズがフォークロックに転向したのをきっかけに、多くのサイケデリックバンドがそれに続き、その結果グレイトフル・デッド, ジェファーソン・エアプレイン, キャプテン・ビーフハートen:Country Joe and the Fish, The Great Societyクイックシルヴァー・メッセンジャー・サーヴィスといったバンドが生まれた[17]

1960年代半ば、ブリティッシュ・インヴェイジョンの結果の一つとして、この流行はアメリカとイギリスのフォークロックシーンやロックシーンの一環として広まった。1964年から、デイヴィ・グレアムバート・ヤンシュの作品にはブルースやジャズやドラッグ、東洋思想が織り込まれ[18]。 フォークミュージシャンの中には、ボブ・ディランといったアメリカのアーティストとフラワーパワー(en:flower power)を結びつけたスコットランドのドノヴァンのように目立った人物がいた。そして1967年から、en:Incredible String Bandは西洋の楽器と東洋の思想を組み合わせ、様々な要素を取り入れたアコースティック音楽を展開し[19][20]

サイケデリック・ロック[編集]

サイケデリック・ロックは1960年代にロック・ミュージックと電子音楽と東洋からの影響などが合わさったロック・アンド・ロールムーヴメントの余波として成長した。大麻メスカリンLSDなどの幻覚剤といったドラッグを服用してえられたひらめきによって、サイケデリック・ロックは伝統的なロック・ミュージックを打ち壊し、サイケデリック・メタルや実験的なロックのジャンルの根源になった。 アメリカ合衆国では13thフロア・エレベーターズという、グレイトフル・デッドジェファーソン・エアプレイン等に代表されるジャンルとつながりを持つ『サイケデリック』という言葉が使われた最初のバンドが現れた。 1965年から1967年にかけて、ビートルズも『ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ』や『トゥモロー・ネバー・ノウズ』等といったサイケデリック・ロックの楽曲を制作したが、厳密にサイケデリック・ロックとして分類されなかった。クリームと、ピンク・フロイドとその創設者シド・バレットはサイケデリック・ミュージックを受け入れ、初めて真のサイケデリック・バンドになった。 ひとつの歌を制作することだけに集中し、’サイケデリックな’影響の元、実験的なレコーディングを行い、超現実的な音楽を作り上げるミュージシャンもいる。この過程を示す作品としてCountry Joe and the Fishが1966年に制作した"Bass Strings"は、荒削りなジャグ・バンドに影響された様式への対抗作として、陽気でテンポの速い攻撃的なものとなった。1967年、商業的なヒットを狙いそうなものから、LSDの影響を受けてつくられた実験的な音楽に生まれ変わった。"Bass Strings"において、より遅いテンポに遅らせたヴォーカル、反響の追加、逆再生した状態で収録したシンバル、電子オルガン、砂漠を旅する内容の歌詞、延々と続くようなブルース・ギターのソロを合わせた結果サイケデリックな曲が生まれ、Country Joe and the Fishのファースト・アルバム "Electric Music for the Mind and Body"もそのようになった。 ジェファーソン・エアプレインのウェブサイトには「(アルバム) After Bathing at Baxter's はサイケデリックな実験がどのような音楽を生み出し、どのように内側から感じさせるのか、その感覚を掴みたくて作った。」とある。ジミ・ヘンドリックスもまた、自分のギターと才能でサイケデリックで実験的な音楽を生み出してきた。

サイケデリック・ポップ[編集]

イギリスにおける最初のサイケデリック・ポップ・スター、ドノヴァン。写真は2007年のもの

ビートルズのおかげもあって、サイケデリックという要素はメインストリームおよび商業音楽界に広まり、ポップス業界がサイケデリック・ミュージックの影響を受け始め、ヒッピーファッションとともに、シタールやディストーションのかかったギターのサウンド、テープによるエフェクトが導入された[21]。 ビーチ・ボーイズのヒットシングル『グッド・ヴァイブレーション』はタンネリン(Tannerin,テルミンを扱いやすくした楽器)が使われており、サイケデリックな歌詞とサウンドをポップスに持ち込んだ歌の一つとされている[22][23]。 この流行に乗ったアメリカのポップスバンドには、エレクトリック・プルーンズ(en:Electric Prunes)、ストロベリー・アラーム・クロック(en:Strawberry Alarm Clock)、 ブルース・マグースなどがいる[24]。また、サイケデリックなサウンドは モンキーズレモン・パイパーズ( en)といった初期のバブルガム・ポップ(en:bubblegum pop)のバンドやミュージシャンに見受けられた[25]。 スコットランドのフォークシンガーであるドノヴァンは、エレクトリックなサウンドに転向したことにより、1966年に『サンシャイン・スーパーマン』でヒットした[8]。その曲は初期のサイケデリック・ポップのレコードの一つに数えられている[8]

よりポップなサイケデリックミュージックはオーストラリアやニュージーランドでもバンドが結成されるほどの人気ぶりだった。シドニーで結成されたイージービーツ(The Easybeats)は、ロンドンで"en:Friday on my mind" (1966) をレコーディングし、世界的なヒットを起こした後、ロンドンにとどまり、1970年に解散するまで、サイケデリック気味なポップス作品を作り続けていった[26]クイーンズランド州ブリスベンで結成されたビージーズもイージービーツと似た道をたどり、ロンドンで自身の最初のアルバムen:Bee Gees 1st (1967)をレコーディングし、その後も3枚のヒットシングルを出した[27]。彼らのサウンドはフォークおよびロックを含んでいたが、サイケデリックな要素もあり、ビートルズの影響を強く受けていた[27] 。 アデレードで結成されたザ・トワイライト(The Twilights)も、ロンドンに行き、ささやかながらもいくつかヒットを出すことになる作品をそこでレコーディングし、サイケデリック・ミュージックのシーンについて学んだ後、帰国してシタールを用いたビートルズのカバー曲を製作し、コンセプトアルバム Once upon a Twilight(1968)を発表した[28]。 最も成功したとされるニュージーランドのバンドザ・ラ・デ・ダス英語版は、オスカー・ワイルド同名の児童文学を題材としたサイケデリック・ポップのアルバムThe Happy Prince(1968)を発表するが、イギリスおよび全世界でヒットを飛ばすことはできなかった[29]

サイケデリック・ソウル[編集]

ジミ・ヘンドリックスがロックシーンにおいて成功したことを受けて、サイケデリック・ミュージックは、アフリカ系アメリカ人、特に モータウンに所属するミュージシャンたちに衝撃を与えた[30]市民権運動英語版もあって、この時の音楽は"アシッド・ロック"にしては暗く、政治的な内容が強かった[30]ジェームズ・ブラウンがつくりあげた ファンクのサウンドに乗ったそのジャンルは、スライ&ザ・ファミリー・ストーン の "Dance to the Music" (1968)、"Everyday People" (1968)、 "en:I Want to Take You Higher" (1969) やテンプテーションズの "Cloud Nine" (1968), "en:Runaway Child, Running Wild" (1969),"Psychedelic Shack" (1969)といった楽曲のリリースによって開拓されていった。すぐに シュープリームスの"Love Child" (1968)や"en:Stoned Love" (1970)、 en:The Chambers Brothersの"Time has come today" (1966年発表,ただしチャートインは1968年), フィフス・ディメンションによるローラ・ニーロの『ストーンド・ソウル・ピクニック英語版』 (1968)のカバー[31]エドウィン・スターの『黒い戦争』(War) (1970) 、 アンディスピューテッド・トゥルース英語版の"en:Smiling Faces Sometimes" (1971)といった同ジャンルの作品が次々に出てきた[30]ジョージ・クリントンファンカデリックパーラメントを率いたり、様々なスピンオフをうみだしたことは、サイケデリック・ソウルというジャンルを息の長いものにし、1970年代の時点でファンクが宗教になりかけたほどだった[32]。彼は40枚以上のシングルをプロデュースし、内3枚はアメリカの音楽チャートのトップ10入りし、3枚のアルバムがプラチナアルバムに認定された[33]

衰退[編集]

サイケデリック・ミュージックは衰退していき、1960年代末までにはその流行は過ぎ去っていった。1966年にはアメリカとイギリスでLSDの所持・使用が非合法とされ[34]、ビートルズの楽曲『ヘルター・スケルター』などの影響を受けたと主張するチャールズ・マンソンとそのファミリーによる、シャロン・テートラビアンカ夫妻Leno and Rosemary LaBianca)の殺害 (ただし、マンソンが直接手を下したのではなく、自分のファミリーに教唆した上での殺人である)は、反ヒッピー運動の追い風となった[35]。また、1969年12月6日にカリフォルニア州で開かれたローリング・ストーンズ主演のオルタモント・フリー・コンサート(en:Altamont Free Concert)では、警備にあたっていたヘルズ・エンジェルスのメンバーが観客の黒人青年メレディス・ハンター(en:Meredith Hunter)を刺殺、イベント自体が悪名高いものとなった[36]ビーチ・ボーイズブライアン・ウィルソン[23]、ローリング・ストーンズのブライアン・ジョーンズフリートウッド・マックピーター・グリーン、ピンク・フロイド、シド・バレットといった初期の"LSDの犠牲者"とされ、彼らがかつて引っ張っていたバンドは、音楽の方向性を変えようとしており[37]クリームやジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスといったバンドは解散した[38]。そして、そのジミ・ヘンドリックスは1970年9月『バンド・オブ・ジプシーズ』(1970)をレコーディングした後にロンドンで亡くなり、ジャニス・ジョプリンも同年10月にヘロインのオーバードーズにより死去、翌年7月にはドアーズジム・モリソンがパリで亡くなった[39]。残った多くのバンドは、サイケデリック・ミュージックから離れ、原点( "en:roots rock")に返ろうとした。 その結果、伝統を重んじた牧歌的なフォークやむら気なフォークが出来上がり、プログレッシブ・ロックの実験の幅は広まり、リフを多用したへヴィ・ロックが出来上がった[8]。 1970年代、サイケデリック・ソウルに影響された楽曲は音楽チャートで伸び悩むようになり、有名なミュージシャンたちはひらめきを他に求めるようになっていった[30]。 ビートルズはマネージャーであるブライアン・エプスタインの死や、シュールなテレビ映画『マジカル・ミステリー・ツアー』(1967)の視聴率不振を受けて、『ザ・ビートルズ』(1968)、『アビイ・ロード』(1969)、『レット・イット・ビー』(1970)といったアルバムでは粗削りなスタイルに回帰していったが、結局解散した[8]。原点に返るという行動はローリング・ストーンズの『ベガーズ・バンケット』(1968)から『メイン・ストリートのならず者』(1972)までの時期のアルバムにもみられた[8]。 イギリスのフォークロックバンドフェアポート・コンヴェンションは1969年にen:Liege and Lief をリリースした。このアルバムは、アメリカ寄りのフォークロックから伝統的なイギリスの音楽に転換した時期のもので、エレクトリック・フォークというサブジャンルが出来上がり、 スティーライ・スパンフォザリンゲイ(en:Fotheringay)といったバンドがそれに続いた[40]。 サイケデリック・ミュージックに影響を受けた奇妙さは、イギリスのフォークシーンで1970年代に入っても続いた。この時、 Comusメロウ・キャンドル(en:Mellow Candle), ニック・ドレイク, en:The Incredible String Band, フォレストTreesといったバンドやミュージシャンが活動をつづけ、シド・バレットも2枚ソロアルバムを出していた[41][42]

影響[編集]

サイケデリック・ミュージックから クラウトロックを生み出すのに重要な役割を果たしたクラフトワーク

ピンク・フロイドやソフト・マシーン、そしてイエスのメンバーといった、かつてサイケデリックな要素を取り入れたイギリスの多くのミュージシャンやバンドは、1970年代に入るとプログレッシブ・ロックという新領域の形成に移行していった。 キング・クリムゾンのアルバム『クリムゾン・キングの宮殿』(1969)は、サイケデリック・ロックからプログレッシブ・ロックへの移行期を象徴する記念碑的な作品として知られている[43]ホークウインドといったバンドは1970年代にサイケデリック・ミュージックの要素を取り入れたが、多くはより幅広い実験の中で、サイケデリックの要素を捨てていった[44]クラフトワークタンジェリン・ドリームカンファウストといったバンドは、自身の根本からサイケデリックな要素をそぎ落とし、電子楽器の使用に特化した結果、kosmische musikとして知られるエレクトロニックロック、つまりイギリスの雑誌で言われるところの"クラウトロック"というジャンルを確立していった[45]ポポル・ヴフ英語版が1970年にシンセサイザーを使いだして以来、シンセサイザーの導入は、ブライアン・イーノ(彼は一時期ロキシー・ミュージックでキーボードを弾いていた)の活躍もあって、シンセロック(synth rock)という新たなジャンルの開拓に一役買った[46]。 カンやソフト・マシーンがジャズの要素を導入したことにより、コロシアムといったジャズ・ロックバンドが結成された[47]

サイケデリック・ロックにおけるディストーションのきいたギターのサウンドや、ソロの強調、大胆な構成といった要素は、ブルース起源のロックからのちのヘヴィ・メタルにつながる重要な架け橋とされている。かつてヤードバーズに所属していたギタリストのジェフ・ベックとジミー・ペイジはジャンルを移動し、それぞれジェフ・ベック・グループレッド・ツェッペリンを立ち上げた[48]。他にブルース起源のサイケデリック・ロックバンドからジャンルを開拓していったバンドにブラック・サバスディープ・パープルジューダス・プリーストUFOがある[48][49]

サイケデリック・ミュージックはグラムロックの誕生にも影響を与えた。マーク・ボランは自身のサイケデリック・フォーク・デュオをT・レックスに発展させ、1970年から世界初のグラム・ロックのスターとしてブレイクした[50]。1971年からは、 デヴィッド・ボウイがサイケデリックなサウンドから転向してジギー・スターダストという別人格を打ち出し、プロとしての性質やパフォーマンスを自分のものにしていった[51]

1970年代にバブルガム・ポップが成長し大規模なものになったことで、ポップス業界におけるサイケデリック・ミュージックの影響は少し長く続いた[21] 。同じことはサイケデリック・ソウルにもあてはまり、このジャンルも1970年代に入っても衰退せず、ファンクと結びつきディスコへと発展していった[30]

サイケデリック・ヒップホップ[編集]

サイケデリック・ヒップホップの開拓者 デ・ラ・ソウル

デ・ラ・ソウルのデビュー作『3・フィート・ハイ&ライジング英語版』(1989)やビースティ・ボーイズの『ポールズ・ブティック英語版』といった1980年代末に発表されたアルバムはサイケデリック・ヒップホップの幕開けとも呼べるもので、ザ・モンキーズやピンク・フロイドといったアーティストの楽曲をサンプリングするなど他のアーティストに影響を及ぼした 1990年代、サイケデリック・ミュージックトラップを掛け合わせようという実験が行われた。その結果ヒップホップにおいてサンプリングは常套手段として使われ、サンプリングという手法はドクター・ドレアイス・キューブとその甥であるデル・ザ・ファンキー・ホモサピエン英語版スヌープ・ドッグTerminator XThe Pharcydeなど多数のミュージシャンがジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンスパーラメント-ファンカデリックといったサイケデリック・ミュージックの楽曲をサンプリングするようになった。

ジャングル・ブラザーズは1990年に発表した"I'll House You"という曲の中でアシッド・ハウスとヒップホップの融合を行い、ア・トライブ・コールド・クエストは同年に発表した "en:I Left My Wallet in El Segundo"でジャズとルー・リードの楽曲のサンプリングを用いた。 デジタル・アンダーグラウンドはセックスとSFとP-ファンクのネタをステージ上で融合させた一方、アレステッド・ディベロプメント (ヒップホップ)英語版はスライ・アンド・ザ・ファミリーストーンの影響を受けた楽曲を発表していった。 このほかにも、ディガブル・プラネッツ英語版, ディヴァイン・スタイラー英語版サイプレス・ヒルらがサイケデリック・ミュージックの影響を受けた楽曲を発表していった。 また、アメリカ出身の[ヒップホップグループP.M.ドーンはビートルズやスライ・アンド・ザ・ファミリーストーン、さらにはスパンダー・バレエの楽曲のサンプリングを用い、1991年に発表したen:Of the Heart, of the Soul and of the Cross: The Utopian Experience と1993年に発表したen:The Bliss Album…? (Vibrations of Love and Anger and the Ponderance of Life and Existence) は米英両方でヒットし、レイブシーンでも成功を収めた[52]

1990年代後半からは、 RZA, ザ・ルーツ, ディアンジェロエリカ・バドゥといったミュージシャンが登場した[53]

ネオ・サイケデリア[編集]

ネオ・サイケデリアというジャンルを開拓したバンドであるエコー&ザ・バニーメン。写真は2006年に行われたアムスデルダムでのライブのときの様子

1970年代後半に勃興したポストパンク・シーンの中、スージー・アンド・ザ・バンシーズ[54]ティアドロップ・エクスプローズen:The Teardrop Explodes)、エコー&ザ・バニーメンチャーチザ・ソフト・ボーイズ(en:Soft Boys)[55]といったバンドが現れる形で、サイケデリック・ロックは復活した。1980年代初期のアメリカにおいて、これらのバンドは、ロサンゼルスを拠点にペーズリー・アンダーグラウンド( en:Paisley Underground )を展開し、ザ・ドリーム・シンジケート(en:The Dream Syndicate), バングルスレイン・パレード(en:Rain Parade)といったバンドもアメリカに現れるようになった[56]。 1980年代半ばのプリンスや、レニー・クラヴィッツの1990年代の作品などにみられたように、音楽業界の主流でサイケデリック風な楽曲がはやることもあったが、サイケデリック・ミュージックにとりかかったバンドの多くはオルタナティヴ・ロックやインディー・ロックのミュージシャンやバンドだった[55]。 1990年代、ジ・アップルズ・イン・ステレオ(en:The Apples in Stereo)、オリヴィア・トレモロ・コントロール(en:The Olivia Tremor Control)、ニュートラル・ミルク・ホテルエルフ・パワーen:Elf Power)、オブ・モントリオールといった、コミュニティエレファント6(en:Elephant 6 )に所属するバンドやミュージシャンたちは、折衷的なサイケデリック・ロックやフォーク・ミュージックを作った[57]。エレファント6以外に、サイケデリック・ロックの域に進出したオルタナティヴ・ロックバンドやミュージシャンには、オーストラリアのチャーチや、ニック・サロマン率いるen:The Bevis Frondマーキュリー・レヴザ・フレーミング・リップススーパー・ファーリー・アニマルズなどがおり、この中でもスペースメン3はスペース・ロックというジャンルを生み出した[55]。 1990年代前半、サイケデリック・ロックとブルース・ロックと、ドゥームメタルを融合させたような、 ストーナー・ロックというジャンルが生まれた。 このジャンルの音楽は、ややゆったりしたテンポと、ベースの低く重いサウンド[58]、メロディアスなヴォーカルと、「レトロな」つくりが特徴とされている[59]。 このジャンルはカリフォルニアのバンド カイアス[60]と スリープ(Sleep)[61]によって開拓された。 イギリスでは、1988年にザ・ストーン・ローゼズ[62]がデビューシングルを出し、キャッチーなネオ・サイケデリック・ギター・ポップスとしてヒットし、その影響でマッドチェスターシーンが出来上がり、1990年代のブラー[63]オアシスといったイギリスのポップスバンドに影響を与えた。特にオアシスは、『スタンディング・オン・ザ・ショルダー・オブ・ジャイアンツ』で、1960年代のサイケデリック・ポップ/ロックを再現したようなサウンドを生み出した[64]。 その直後にあたるポスト・ブリットポップ(en:post-Britpop)時代、クーラ・シェイカーが、渦巻くような重いギターのサウンドといった1960年代後半のサイケデリック・ミュージックの要素を取り入れ、インドの神秘主義やスピリチュアルと合わせた楽曲を発表してきている[65]。 2000年代に入ってもネオ・サイケデリアの熱は冷めず、テーム・インパラ[66] や、エセックス・グリーン( en:The Essex Green)といった[67]バンドが1960年代のサウンドを再現している。

電子音楽への影響[編集]

1980年代、サイケデリック・ミュージックは電子音楽というジャンルによって復活し、しばしば レイブ・サブカルチャーと結びつき、 アシッド・ハウス, トランス,ニューレイヴ(en:new rave)といったジャンルを生み出した。

アシッド・ハウス[編集]

アシッドハウス誕生のきっかけとなったローランド・TB-303
スマイリーフェイスアシッド・ハウスのシンボルとして用いられることが多い

アシッド・ハウスは1980年代半ばにen:DJ Pierreアドニス(Adonis)、en:Farley Jackmaster Funkフューチャー(en:Phuture)といったシカゴのDJたちによって、 ハウス・ミュージックから派生していった。特にフューチャーは、 "en:Acid Trax" (1987)という作品で、初めてAcidという言葉を使った。 アシッド・ハウスはローランド・TB-303から生み出された深みのあるベースラインと、ごぼごぼいうようなサウンドが合わさった音楽である。 イギリスでそのジャンルのシングルが売り出されると、そのようなサウンドが再び作られ、1986年から87年のロンドンでは、小さな倉庫でいかがわしいダンスパーティーが派手に行われた。1988年のセカンド・サマー・オブ・ラブのさなか、アシッド・ハウスはイギリスの音楽業界でヒットし、何千ものクラブ好きが大掛かりなレイブを開いた。 このジャンルからはM/A/R/R/SS'ExpressTechnotronicといったミュージシャンたちの作品がイギリスの音楽チャートにランクインしたが、1990年代に入るとアシッド・ハウスはトランスにその人気を奪われていった[68]

トランスの誕生[編集]

トランスは、1990年代初頭のドイツのテクノおよびハードコアテクノシーンから生まれた。このジャンルの音楽は、シンセサイザーの短いメロディの繰り返しと、変化の少ないリズム、時折入るシンセサイザーのノイズを組み合わせて、聴く者をトランス状態に陥ったかのような気分にさせる。 アシッド・ハウスやテクノから派生したこのジャンルはオランダやドイツで発展し、 ジョイ・ベルトラム の"Energy Flash" や、 CJボーランドの"The Ravesignal"といったシングルが出て、Robert Leiner, サン・エレクトリック(en:Sun Electric), エイフェックス・ツイン らが作品を発表した。また、ハードフロアの "Acperience 1"(1992)で有名なテクノ/トランスのレーベル ハートハウスも影響力を振るった。 1990年代初頭のイギリスで人気を博したトランスだったが、トリップ・ホップジャングルといった新しいジャンルが台頭すると、トランスは鳴りを潜めた。しかし1990年代後半から再び人気が急上昇し、アメリカではポール・オークンフォールド(en), ピート・トン(en),トニー・デ・ヴィット(en:Tony De Vit),ダニー・ランプリング(en:Danny Rampling), サシャ(Sasha),ジャッジ・ジュールズ(en:Judge Jules)らが、クリストファー・ローレンス(Christopher Lawrence)や Kimball CollinsといったDJたちが倶楽部での人気を博した。そしてトランスは細分化し、プログレッシブ・トランス( progressive trance)、アシッドトランス(en:acid trance), ユーロトランス(en:euro trance), ゴアトランスサイケデリックトランスハードトランス(en:hard trance)、アップリフティング・トランス(ユーフォリックトランスとも、en:uplifting trance)といった様々なジャンルが派生した[69]

ニューレイヴ[編集]

ニュー・レイヴの象徴である蛍光グッズ

2000年代のイギリスでは インディー・ロックダンス・パンクを混ぜ合わせた新たなレイヴが クラクソンズ によって開拓され、NMEトラッシュ・ファッション(en:Trash Fashion)[70]ニュー・ヤング・ポニー・クラブ(en:New Young Pony Club)[71]ハドーケン!レイト・オブ・ザ・ピアテスト・アイシクルズ(en:Test Icicles)[72]シットディスコ[73]といったバンドが自身の音楽のジャンルを表現したりするのに ニュー・レイヴという言葉を取り入れた[73]。このジャンルの音楽は、初期のレイヴのようにシーンに合わせた美学が用いられ、ケミカルライトネオンサインといった蛍光グッズによる視覚効果にも重きを置いており、これらのイベントの参加者もまぶしい色遣いの服や蛍光塗料を用いた服を着てくる[73][74]

関連ジャンル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ C. Heylin, The Act You've Known For All These Years: the Life, and Afterlife, of Sgt. Pepper (London: Canongate Books, 2007), ISBN 1841959553, p. 85
  2. ^ J. Campbell, This is the Beat Generation: New York, San Francisco, Paris (Berkeley, CA: University of California Press, 2001), ISBN 0-52023-033-7.
  3. ^ L. R. Veysey, The Communal Experience: Anarchist and Mystical Communities in Twentieth-Century America (Chicago IL, University of Chicago Press, 1978), ISBN 0-22685-458-2, p. 437.
  4. ^ M. Campbell, Popular Music in America: And the Beat Goes on (Boston, MA: Cengage Learning, 3rd edn., 2008), ISBN 0495505307, pp. 212-3.
  5. ^ R. Rubin and J. P. Melnick, Immigration and American Popular Culture: an Introduction (New York, NY: New York University Press, 2007), ISBN 0-814-77552-7, pp. 162-4.
  6. ^ a b M. Hicks, Sixties Rock: Garage, Psychedelic, and Other Satisfactions Music in American Life (Chicago, IL: University of Illinois Press, 2000), ISBN 0-252-06915-3, pp. 64-6.
  7. ^ a b G. Thompson, Please Please Me: Sixties British Pop, Inside Out (Oxford: Oxford University Press, 2008), ISBN 0-19533-318-7, p. 197.
  8. ^ a b c d e f V. Bogdanov, C. Woodstra and S. T. Erlewine, All Music Guide to Rock: the Definitive Guide to Rock, Pop, and Soul (Milwaukee, WI: Backbeat Books, 3rd edn., 2002), ISBN 0-87930-653-X, pp. 1322-3.
  9. ^ P. Prown, H. P. Newquist and J. F. Eiche, Legends of Rock Guitar: the Essential Reference of Rock's Greatest Guitarists (London: Hal Leonard Corporation, 1997), ISBN 0-793-54042-9, p. 48.
  10. ^ D. W. Marshall, Mass Market Medieval: Essays on the Middle Ages in Popular Culture (Jefferson NC: McFarland, 2007), ISBN 0-786-42922-4, p. 32.
  11. ^ J. DeRogatis, Turn On Your Mind: Four Decades of Great Psychedelic Rock (Milwaukie, Michigan: Hal Leonard, 2003), ISBN 0634055488, p. 230.
  12. ^ Richie Unterberger, Samb Hicks, Jennifer Dempsey, "Music USA: the rough guide" (Rough Guides, 1999), ISBN 185828421X, p. 391.
  13. ^ G. St. John, Rave Culture and Religion (Abingdon: Routledge, 2004), ISBN 0415314496, p. 52.
  14. ^ S. Borthwick and R. Moy, Popular Music Genres: an Introduction (Edinburgh: Edinburgh University Press, 2004), ISBN 0748617450, pp. 52-4.
  15. ^ M. Hicks, Sixties Rock: Garage, Psychedelic, and Other Satisfactions (University of Illinois Press, 2000), ISBN 978-0-252-06915-4, pp 59?60.
  16. ^ a b c P. Auslander, Performing Glam Rock: Gender and Theatricality in Popular Music (Ann Arbor: University of Michigan Press, 2005), ISBN 978-0-472-06868-5, pp. 76.
  17. ^ R. Unterberger, Turn! Turn! Turn!: The '60s Folk-rock Revolution (San Francisco, CA: Backbeat Books, 2002), ISBN 978-0-87930-703-5, pp. 183?230.
  18. ^ C. Grunenberg and J. Harris, Summer of Love: Psychedelic Art, Social Crisis and Counterculture in the 1960s (Liverpool: Liverpool University Press, 2005), ISBN 0853239193, p. 137.
  19. ^ P. Scaruffi, A History of Rock Music, 1951-2000 (iUniverse, 2003) ISBN 978-0-595-29565-4, pp. 54.
  20. ^ J. DeRogatis, Turn On Your Mind: Four Decades of Great Psychedelic Rock (Milwaukee, WI: Hal Leonard, 2003), ISBN 978-0-634-05548-5, pp. 120.
  21. ^ a b "Psychedelic pop", Allmusic, retrieved 2012-07-13
  22. ^ T. Holmes, Electronic and Experimental Music: Technology, Music, and Culture (London: Taylor & Francis, 3rd edn., 2008), ISBN 0415957818.
  23. ^ a b J. DeRogatis, Turn On Your Mind: Four Decades of Great Psychedelic Rock (Milwaukie, MI: Hal Leonard, 2003), ISBN 0634055488, pp. 35-9.
  24. ^ P. Scaruffi, A History of Rock Music: 1951-2000 (iUniverse, 2003), ISBN 0595295657, p. 369.
  25. ^ V. Bogdanov, C. Woodstra and S. T. Erlewine, All Music Guide to Rock: the Definitive Guide to Rock, Pop, and Soul (Milwaukee, WI: Backbeat Books, 3rd edn., 2002), ISBN 0-87930-653-X, pp. 646 and 754-5.
  26. ^ V. Bogdanov, C. Woodstra and S. T. Erlewine, All Music Guide to Rock: the Definitive Guide to Rock, Pop, and Soul (Milwaukee, WI: Backbeat Books, 3rd edn., 2002), ISBN 0-87930-653-X, pp. 349-50.
  27. ^ a b V. Bogdanov, C. Woodstra and S. T. Erlewine, All Music Guide to Rock: the Definitive Guide to Rock, Pop, and Soul (Milwaukee, WI: Backbeat Books, 3rd edn., 2002), ISBN 0-87930-653-X, pp. 85-6.
  28. ^ T. Rawlings, Then, Now and Rare British Beat 1960-1969 (London: Omnibus Press, 2002), ISBN 0-7119-9094-8, p. 191.
  29. ^ V. Bogdanov, C. Woodstra and S. T. Erlewine, All Music Guide to Rock: the Definitive Guide to Rock, Pop, and Soul (Milwaukee, WI: Backbeat Books, 3rd edn., 2002), ISBN 0-87930-653-X, pp. 635-6.
  30. ^ a b c d e "Psychedelic soul", Allmusic, retrieved 2012-07-13.
  31. ^ G. Case, Out of Our Heads: Rock 'n' Roll Before the Drugs Wore Off (Milwaukie, MI: Hal Leonard Corporation, 2010), ISBN 0879309679, pp. 70-1.
  32. ^ J. S. Harrington, Sonic Cool: the Life & Death of Rock 'n' Roll (Milwaukie, MI: Hal Leonard Corporation, 2002), ISBN 0634028618, pp. 249-50.
  33. ^ V. Bogdanov, C. Woodstra and S. T. Erlewine, All Music Guide to Rock: the Definitive Guide to Rock, Pop, and Soul (Milwaukee, WI: Backbeat Books, 3rd edn., 2002), ISBN 0-87930-653-X, p. 226.
  34. ^ I. Inglis, The Beatles, Popular Music and Society: a Thousand Voices (London: Palgrave Macmillan, 2000), ISBN 0-3122-2236-X, p. 46.
  35. ^ D. A. Nielsen, Horrible Workers: Max Stirner, Arthur Rimbaud, Robert Johnson, and the Charles Manson Circle: Studies in Moral Experience and Cultural Expression (Lanham MD: Lexington Books, 2005), ISBN 0-739-11200-7, p. 84.
  36. ^ J. Wiener, Come Together: John Lennon in his Time (Chicago IL: University of Illinois Press, 1991), ISBN 0-2520-6131-4, pp. 124-6.
  37. ^ "Garage rock", Billboard, Jul 29, 2006, 118 (30), p. 11.
  38. ^ D. Gomery, Media in America: the Wilson Quarterly Reader, (Washington DC: Woodrow Wilson Center Press, 2nd edn., 1998), ISBN 0-943-87587-0, pp. 181-2.
  39. ^ S. Whiteley, Too Much Too Young: Popular Music, Age and Gender (London: Routledge, 2005), ISBN 0415310296, p. 147.
  40. ^ B. Sweers, Electric Folk: The Changing Face of English Traditional Music (Oxford: Oxford University Press, 2005), ISBN 0-195-15878-4, pp. 45-9.
  41. ^ P. Scaruffi, A History of Rock Music 1951-2000 (iUniverse, 2003), ISBN 0595295657, pp. 54, 71 and 81-2.
  42. ^ J. DeRogatis, Turn on Your Mind: Four Decades of Great Psychedelic Rock (Milwaukie MI, Hal Leonard, 2003), ISBN 0634055488, p. 120.
  43. ^ J. DeRogatis, Turn on Your Mind: Four Decades of Great Psychedelic Rock (Milwaukie, MI: Hal Leonard, 2003), ISBN 0634055488, p. 169.
  44. ^ V. Bogdanov, C. Woodstra and S. T. Erlewine, All Music Guide to Rock: the Definitive Guide to Rock, Pop, and Soul (Milwaukee, WI: Backbeat Books, 3rd edn., 2002), ISBN 0-87930-653-X, p. 515.
  45. ^ P. Bussy, Kraftwerk: Man, Machine and Music (London: SAF, 3rd end., 2004), ISBN 0946719705, pp. 15-17.
  46. ^ V. Bogdanov, C. Woodstra and S. T. Erlewine, All Music Guide to Rock: the Definitive Guide to Rock, Pop, and Soul (Milwaukee, WI: Backbeat Books, 3rd edn., 2002), ISBN 0-87930-653-X, pp. 1330-1.
  47. ^ A. Blake, The Land Without Music: Music, Culture and Society in Twentieth-Century Britain (Manchester: Manchester University Press, 1997), ISBN 0719042992, pp. 154-5.
  48. ^ a b B. A. Cook, Europe Since 1945: an Encyclopedia, Volume 2 (London: Taylor & Francis, 2001), ISBN 0815313365, p. 1324.
  49. ^ J. DeRogatis, Turn on Your Mind: Four Decades of Great Psychedelic Rock (Milwaukie, MI: Hal Leonard, 2003), ISBN 0634055488, p. 212.
  50. ^ P. Auslander, Performing Glam Rock: Gender and Theatricality in Popular Music (Ann Arbor, MI: University of Michigan Press, 2006), ISBN 0-472-06868-7, p. 196.
  51. ^ P. Auslander, "Watch that man David Bowie: Hammersmith Odeon, London, July 3, 1973" in I. Inglis, ed., Performance and Popular Music: History, Place and Time (Aldershot: Ashgate, 2006), ISBN 0754640574, p. 72.
  52. ^ J. DeRogatis, Turn On Your Mind: Four Decades of Great Psychedelic Rock (Milwaukie, Michigan: Hal Leonard, 2003), ISBN 0-634-05548-8, pp. 409-15.
  53. ^ J. DeRogatis, Turn On Your Mind: Four Decades of Great Psychedelic Rock (Milwaukie, Michigan: Hal Leonard, 2003), ISBN 0-634-05548-8, pp. 421.
  54. ^ Marszalek, Julian.Siouxsie & the Banshees reissues. Thequietus.com. retrieved 19 July 2011
  55. ^ a b c "Neo-psychedelia", Allmusic, retrieved 2012-07-13.
  56. ^ R. Unterberger, S. Hicks and J. Dempsey, Music USA: the Rough Guide (London: Rough Guides, 1999), ISBN 1-858-28421-X, p. 401.
  57. ^ D. Walk, "The Apples in Stereo: Smiley Smile", CMJ New Music, Sep 1995 (25), p. 10.
  58. ^ G. Sharpe-Young, "Kyuss biography", MusicMight, retrieved 10 December 2007.
  59. ^ "Stoner Metal", Allmusic, retrieved 2012-07-13.
  60. ^ E. Rivadavia "Kyuss", Allmusic, retrieved 2012-07-13.
  61. ^ E. Rivadavia, "Sleep", Allmusic, retrieved 2012-07-13.
  62. ^ S. Erlewine, "The Stone Roses" Allmusic, retrieved 2012-07-13.
  63. ^ S. Erlewine, "Blur" Allmusic, retrieved 2012-07-13.
  64. ^ S. T. Erlewine, Standing on the Shoulder of Giants, Allmusic, retrieved 2012-07-13.
  65. ^ S. Erlewine, "Kula Shaker" Allmusic, retrieved 2012-07-13.
  66. ^ J. Macgregor, "Tame Impala", Allmusic, retrieved 2012-07-13.
  67. ^ J. Ankeny, "The Green Essex", Allmusic, retrieved 2012-07-13.
  68. ^ "Acid house", Allmusic, retrieved 2012-07-13.
  69. ^ "Trance", Allmusic, retrieved 2012-07-13.
  70. ^ P. Flynn, "Here We Glo Again", Times Online, 12 November 2006, retrieved 13 February 2009.
  71. ^ J. Harris, "New Rave? Old Rubbish", The Guardian, 13 October 2006, retrieved 31 March 2007.
  72. ^ O. Adams, "Music: Rave On, Just Don't Call It 'New Rave'", The Guardian, 5 January 2007, retrieved 2 September 2008.
  73. ^ a b c K. Empire, "Rousing rave from the grave" The Observer, 5 October 2006, retrieved 9 January 2008.
  74. ^ The Future's Bright...”. The Guardian (2007年2月3日). March 2007年3月31日閲覧。

参考図書[編集]

  • Joynson, Vernon (December 1984). The Acid Trip: A Complete Guide to Psychedelic Music. Babylon Books. pp. pp.. ISBN 0-9071-8824-9. 
  • Sculatti, Gene; Davin Seay (April 1985). San Francisco Nights: The Psychedelic Music Trip, 1965-1968. St Martins Pr. pp. pp. 192. ISBN 0-3126-9903-4. 
  • Eye Mind:The Saga of The 13th Floor Elevators, Pioneers of the Psychedelic Sound by Paul Drummond Process Media 2007 isbn0-978-0-9760822-6-2 |424 pages

外部リンク[編集]

  • Lysergia reviews, inverviews, and psychedelic history and information
  • Psychedelic 100 Top 100 albums list and short reviews