楽器分類別一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

楽器分類別一覧では、発音源別に分類。派生楽器は派生元楽器と同じ種に配置。

なお、五十音順の楽器一覧はCategory:楽器を参照のこと。

目次

弦楽器[編集]

弦楽器は次のように分類できる。

擦弦楽器[編集]

ヴァイオリン族[編集]

ヴァイオリン属の古楽器[編集]

ヴィオール族(古楽器)[編集]

胡弓[編集]

  • 胡弓 (こきゅう : 内地の胡弓)
    • 四絃胡弓
  • 胡弓 (くーちょー : 沖縄の胡弓)
  • 大胡弓
  • 玲琴

胡琴[編集]

その他[編集]

撥弦楽器[編集]

マンドリン[編集]

チター属[編集]

ハープ(竪琴)[編集]

その他[編集]

打弦楽器[編集]

チター属[編集]

その他の弦楽器[編集]

管楽器[編集]

リード (楽器)の違いにより、管楽器は次のように分類できる。

  • シングルリード・ダブルリード・エアーリード管楽器を「木管楽器」と総称する。
  • リップリード管楽器を「金管楽器」と総称する。

単簧(シングルリード)管楽器[編集]

クラリネット[編集]

サクソフォーン[編集]

  • ソプラニーノサクソフォーン
  • ソプラノサクソフォーン
  • アルトサクソフォーン
  • テナーサクソフォーン
  • バリトンサクソフォーン
  • バスサクソフォーン
  • コントラバスサクソフォーン

その他[編集]

複簧(ダブルリード)管楽器[編集]

オーボエ[編集]

ファゴット[編集]

その他[編集]

無簧(エアリード)管楽器[編集]

side blown (edge blown) いわゆる横笛[編集]

end blown いわゆる縦笛[編集]

ダクトのあるもの リコーダーなど[編集]
  • クルイ
  • クライネソプラニーノ(ガークライン)・リコーダー
  • ソプラニーノ・リコーダー
  • シックス・フルート(6度フルートとも。D管ソプラノ・リコーダー)
  • ソプラノ・リコーダー
  • アルト・リコーダー
  • ヴォイス・フルート(D管テナー・リコーダー)
  • テナー・リコーダー
  • バス・リコーダー
  • グレートバス・リコーダー
  • コントラバス・リコーダー
  • サブコントラバス・リコーダー
  • サブサブコントラバス・リコーダー
ダクトのないもの[編集]

その他[編集]

唇簧(リップリード)管楽器[編集]

金管楽器の一覧も参照。

トロンバ(円筒管)[編集]

  • トランペット
    • ナチュラルトランペット
    • アイーダトランペット
    • バス・トランペット
    • スライド・トランペット
  • トロンボーン
    • ソプラノ・トロンボーン
    • バストロンボーン
    • コントラバス・トロンボーン
    • バルブトロンボーン
      • チンバッソ

ホルン[編集]

ビューグル(円錐管、前向き朝顔)[編集]

次の楽器がビューグルの仲間である。

サクソルン(円錐管、上向き朝顔)[編集]

次の楽器がサクソルンの仲間である。

ヘリコン[編集]

古楽器[編集]

多管楽器・ポリリード・その他[編集]

オルガン[編集]

オルガンの仲間

バグパイプ[編集]

バグパイプの仲間

その他[編集]

打楽器・その他[編集]

打楽器は次のように分類できる。

[編集]

体鳴楽器[編集]

木製[編集]

金属製[編集]

粒状の物を中に入れるか外に付けて振る[編集]

そのほか[編集]

鍵盤打楽器[編集]

木製[編集]
金属製[編集]
その他の材質[編集]

人体[編集]

膜鳴楽器[編集]

膜をたたく楽器で、すなわち太鼓である。

気鳴楽器[編集]

気鳴楽器は本来管楽器に含まれるべきであるが、打楽器奏者によって演奏されるために便宜上打楽器に分類されるものがある。

特殊楽器[編集]

鍵盤楽器[編集]

鍵盤楽器は、一般的に鍵盤を手で操作して発声させると外見的特長は共通するが、発音原理から見ると打弦、撥弦、気鳴、共鳴、電子的なものまで多様である。

電子楽器[編集]

電気楽器[編集]

和楽器[編集]

民族楽器[編集]

西洋日本以外の民族楽器

その他の楽器[編集]

特殊な分類が可能な楽器。