山下智久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
やました ともひさ
山下 智久
生年月日 1985年4月9日(29歳)
出生地 日本の旗 日本千葉県[1]
身長 174 cm[2]
血液型 A型[1]
職業 俳優歌手J-POP
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1996年 -
公式サイト Johnny's net > 山下智久
主な作品
テレビドラマ
野ブタ。をプロデュース』(2005年)
クロサギ』(2006年)
プロポーズ大作戦』(2007年)
コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(2008年、2009年)
ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』 (2009年)
最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜』(2012年)
SUMMER NUDE』(2013年)

映画
映画 クロサギ』(2008年)
あしたのジョー』(2011年)
近キョリ恋愛』(2014年)
備考
所属
グループ:NEWS (2003年 - 2011年)
事務所:ジャニーズ事務所
レーベル:
ジャニーズ・エンタテイメント (2003年 - 2011年)
ワーナーミュージック・ジャパン (2012年 - )

山下 智久(やました ともひさ[1]1985年4月9日[1] - )は、日本歌手俳優タレント

男性アイドルグループNEWSの元メンバー[1]で、脱退後はソロとして活動。愛称は山P(やまぴー)[3]

千葉県出身[1]ジャニーズ事務所所属。明治大学商学部卒業[4]

略歴[編集]

1996年

  • 9月1日、ジャニーズ事務所入所[5]

2003年

2004年

2005年

2006年

2008年

2009年

  • 11月21日 - 2010年1月7日、初ソロコンサート『SHORT BUT SWEET』公演。

2011年

2012年

2013年

2014年

  • 4月20日、自身初の冠バラエティ番組大人のKISS英語 』放送開始。
  • 8月20日、初の企画アルバム Dance Tracks Mini Album『遊』を完全生産限定発売。
  • 10月14日、4thオリジナルアルバム『YOU』がオリコン週間アルバムランキング初登場1位を獲得[11]
  • 映画「近キョリ恋愛」で主演映画が3週連続週末興行収入ランキング第1位、2週連続週末動員ランキング第1位を獲得[12]

人物[編集]

  • 寂しがりやで、一人でいるのが大の苦手[13]という一面を持つ。周囲からは、礼儀正しく謙虚と評されている[14]

愛称

発言

  • 人生は1回しかない。この言葉を信じて進み始めたお前のことを応援しに来てくれた、今、目の前にいる人たちに、この選択をして良かったんだと、そう言ってもらえるように頑張らなきゃいけないんだ。これからも自分の目指した道をスタッフを信じて、自分を信じて、そしてお客さんを信じて、真っ直ぐ一歩ずつ自分のペースで目標に向かって歩き続けていきたいなと思います(2012年エロPコンサートツアー「山下智久へ」より抜粋)[16]

出演[編集]

※主演作品は太字で示す。NEWSおよび、その他参加ユニットの項目も合わせて参照。

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

ドキュメンタリー

メインパーソナリティ

バラエティ・情報番組ほか

声優

  • トリコ(2012年6月24日、本人役、フジテレビ)

映画[編集]

CM[編集]

ラジオ番組[編集]

  • ジャニーズJr. DOKI2アフタースクール (1998年4月 - 1999年10月、ニッポン放送
  • ジャニーズJr.の月曜日 (1999年5月 - 10月、文化放送
  • 山下智久 Cross Space (2012年4月6日 - 2015年3月27日、TOKYO FM
  • 山下智久Special〜27歳の空旅〜 (2012年8月、ANAオーディオプログラム)

音楽[編集]

NEWS(2003年~2011年所属)の項目も合わせて参照のこと。

シングル[編集]

発売日 タイトル 最高位
ジャニーズエンタテイメント
1 2006年5月31日 抱いてセニョリータ 1位
2 2009年11月18日 Loveless 1位
3 2010年7月28日 One in a million 1位
4 2011年1月19日 はだかんぼー 1位
ワーナーミュージック・ジャパン
5 2012年2月29日 愛、テキサス 1位
6 2012年7月4日 LOVE CHASE 2位
7 2013年3月13日 怪・セラ・セラ 2位
8 2013年7月31日 SUMMER NUDE '13 1位

コラボレーションシングル[編集]

発売日 タイトル 名義 最高位
1 2005年11月2日 青春アミーゴ 修二と彰亀梨和也 1位
2 2006年8月30日 フィーバーとフューチャー GYMGOLF&MIKE) 1位
3 2012年11月28日 MONSTERS The MONSTERS香取慎吾 1位

アルバム[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

発売日 タイトル 最高位
1 2011年1月26日 SUPERGOOD, SUPERBAD 1位
2 2012年7月25日 エロ 2位
3 2013年9月11日 A NUDE 2位
4 2014年10月8日 YOU 1位

ミニアルバム[編集]

発売日 タイトル 最高位
1 2014年8月20日 2位

ソロコンサート[編集]

タイトル 公演日程 公演箇所・公演数 会場 備考
2009年‐2010年 TOMOHISA YAMASHITA First Solo SHORT BUT SWEET 〜短いけれどいい時間(とき)を〜 2009年11月21日‐2010年1月7日 2都市・10公演 横浜・大阪 自身初ソロコンサート
2011年 TOMOHISA YAMASHITA ASIA TOUR 2011 SUPER GOOD SUPER BAD 1月29日‐5月29日 9都市・31公演 香港・名古屋・大阪・福岡・韓国・タイ・代々木・台湾・北海道 自身初のアジアツアー
2012年 TOMOHISA YAMASHITA LIVE TOUR 2012 〜エロP〜 7月28日‐8月29日 6都市・11公演 大阪・横浜・福岡・北海道・名古屋・東京 NEWS脱退後初のツアー
2013年 TOMOHISA YAMASHITA TOUR 2013 -A NUDE- 10月5日‐12月19日 20都市・29公演 長崎・福岡・岐阜・広島・岡山・三重・香川・札幌・静岡・神戸・福島・仙台・長野・石川・新潟・富山・和歌山・大阪・名古屋・東京 香取慎吾プロデュース

映像作品[編集]

発売日 タイトル
1 2011年12月21日 TOMOHISA YAMASHITA ASIA TOUR 2011 SUPER GOOD SUPER BAD
2 2012年12月12日 TOMOHISA YAMASHITA LIVE TOUR 2012 〜エロP〜
3 2014年9月3日 TOMOHISA YAMASHITA TOUR 2013 -A NUDE-

本人名義以外のソロ発表曲[編集]

曲名 名義 収録
LOVE SONG NEWS touch』(2005年4月27日)
カラフル[18] 修二と彰 青春アミーゴ」(2005年11月2日)
放課後ブルース GYM フィーバーとフューチャー」(2006年8月30日)
ゴメンネ ジュリエット NEWS pacific』(2007年11月7日)
MOLA NEWS color』(2008年11月19日)

コラボレーション[編集]

「曲名」名義 内容 収録
紅く燃ゆる太陽NEWS Poetryで参加 紅く燃ゆる太陽」(2004年8月11日)
「FIGHT ALL NIGHT」 KAT-TUN Rap詞で参加 cartoon KAT-TUN II You』(2007年4月18日)
「SNOW EXPRESS」 NEWS Rap詞で参加 color』(2008年11月19日)
「Home Party!!」 滝沢秀明 セリフで参加 愛・革命」(2009年1月7日
恋のABONEWS セリフ&コール作で参加(コヤマP[19]名義) 恋のABO(2009年4月29日)
「銀座ラプソディ」NEWS 小山慶一郎とデュエット。 DVD『NEWS LIVE DIAMOND』(2009年11月4日)
「UNUSUAL」 安室奈美恵 安室奈美恵とデュエット。ミュージックビデオでも共演。 Checkmate!』 (2011年4月27日)
MONSTERSSMAP 香取慎吾とデュエット。作詞作曲のコラボ。 後に「The MONSTERS」名義でシングルカットされる。 GIFT of SMAP』(2012年8月8日)
「NEXTACTION feat. 藤ヶ谷太輔 (Kis-My-Ft2)」 藤ヶ谷太輔とデュエット。ミュージックビデオでも共演。 アルバム『A NUDE』〈2013年9月11日)
「Ain't Enough」 赤西仁 作詞作曲で参加 『#JUSTJIN』初回限定盤A(2013年11月06日)

参加作品

アーティスト名・タイトル 内容
SMAPGIFT of SMAP CONCERT'2012』(2012年12月5日) 2012年10月14日味の素スタジアムに於いて香取慎吾とのユニット「The MONSTERS」の初パフォーマンスが披露された模様を収録。
タッキー&翼僕のそばには星がある/ビバビバモーレ」タキツバSHOP盤 (2014年3月19日) 特典DVD タッキー&翼10周年in 東京ドームスペシャル映像(約30分収録)にゲスト出演。


作詞・作曲[編集]

特記なき限り、JASRAC公式サイトの「作品データベース検索サービス」[20]において、権利者に「山下智久」を含む楽曲の検索結果をもとに記述。

曲名 作詞作曲 収録 JASRAC作品コード
Pain 作詞 NEWS DVD『NEWSニッポン0304』 114-8870-1
Time 作詞 未収録[21] 117-1587-1
LOVE SONG 作詞作曲 NEWS アルバム『touch 111-5167-6
カラフル 作詞 修二と彰 シングル「青春アミーゴ 126-6168-6
明日へ 作詞作曲 未収録[22] 130-6721-4
Road 作詞、作曲(加藤成亮と合作) 未収録[23] 132-4948-7
指輪 作詞作曲(T・Y名義) シングル 「抱いてセニョリータ 114-8876-0
Let Me 作詞作曲 未収録[24] 130-6726-5
放課後ブルース 作詞作曲 GYM シングル「フィーバーとフューチャー 133-9804-1
Kissで伝えて 作詞作曲 未収録[25] 137-9587-2
ゴメンネジュリエット 作詞作曲 NEWS アルバム『pacific』 138-5458-5
銀座ラプソディ 作詞(小山慶一郎と合作。コヤマP名義) NEWS DVD『NEWS LIVE DIAMOND』 157-5116-3
Moon Light 作詞 シングル「Loveless 1A6-7462-8
World is yours 作詞作曲 シングル「One in a million 700-8880-2
Share 作詞作曲(NEWSで合作。NEWS名義) NEWS アルバム『Live』 157-5141-4
作詞作曲 アルバム『SUPERGOOD, SUPERBAD 122-6083-5
Friday Night 作詞(TOMO名義) アルバム『SUPERGOOD, SUPERBAD 7A0-7508-9
Party Don't Stop 作詞(TOMO名義) アルバム『SUPERGOOD, SUPERBAD 1B9-6569-3
Tomo 作詞(TOMO名義) アルバム『SUPERGOOD, SUPERBAD 1B9-6652-5
Dreamer 作詞 DVD『TOMOHISA YAMASHITA ASIA TOUR 2011 SUPER GOOD SUPER BAD 500-7444-0
君と風と三日月 作詞作曲 シングル「LOVE CHASE 186-5431-2
Hit the wall 作詞作曲 アルバム『エロ 705-3923-5
踊る夜 作詞作曲 アルバム『エロ 705-3935-9
MONSTERS 作詞作曲(香取慎吾と合作、TOMOHISA YAMASHITA名義) The MONSTERS シングル「MONSTERS 187-3988-1
夏のオリオン 作詞作曲 アルバム『A NUDE 195-6402-3
PAri-PArA 作詞作曲(香取慎吾と合作、The MONSTERS名義)  アルバム『A NUDE 195-6397-3
Ain't Enough 作詞作曲(赤西仁と合作、TOMOHISA YAMASHITA名義)  赤西仁アルバム「#JUSTJIN」 198-2091-7
Moon Disco 作詞 ミニアルバム『 203-4644-1
ブローディア 作詞 アルバム『YOU 7C0-6246-4

連載[編集]

  • Johnny's Web ※公式携帯サイト
    • 山下智久の日記(2003年7月11日 - )
  • 集英社 雑誌『SEVENTEEN
    • 0409-ゼロ・ヨン・ゼロ・キュウ-(2006年17号 - 2013年7月号)
  • 講談社 雑誌『GLAMOROUS
    • SOMEWHERE(2013年4月号 - 2013年8月号)
  • 講談社 雑誌『ViVi
    • ピーズ!(2013年12月号 - )

書籍[編集]

  • 映画『クロサギ』オフィシャル・ガイドブック(2008年3月、小学館)
  • 映画『あしたのジョー』OFFICIAL GUIDEBOOK(2011年1月、講談社)
  • ドラマ『最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜』OFFICIAL PHOTO BOOK(2012年3月、東京ニュース通信社)
  • ドラマ『MONSTERS』OFFICIAL BOOK(2012年12月、ぴあ)

映像作品[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • 山下智久・ルート66〜たった一人のアメリカ-ディレクターズカット・エディション-(2012年4月11日)
  • 情熱大陸 山下智久

記録[編集]

  • 「青春アミーゴ」でミリオンセラーを記録
  • THE MONSTERS、NEWS、修二と彰、山下智久、GYMの5名義でオリコンシングルランキング1位獲得
  • 映画「近キョリ恋愛」で主演映画が3週連続週末興行収入ランキング第1位、2週連続週末動員ランキング第1位を獲得[26]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 山下智久のプロフィール・ヒストリー”. オリコン芸能人事典. オリコン (2011年11月22日). 2012年9月27日閲覧。
  2. ^ 『TVガイドPLUS』 VOL.7(2012年7月18日)[要ページ番号]
  3. ^ a b この愛称を用いた報道の例として、“山P「エロで金」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2012年8月6日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120806-996055.html 2014年6月28日閲覧。 
  4. ^ a b “NEWS山下智久が晴れて明大卒業”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2008年9月19日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20080919-410324.html 2012年9月27日閲覧。 
  5. ^ Johnny's Web 『山下智久の日記』vol.2577より[いつ?]
  6. ^ “山P、錦戸が「NEWS」脱退!”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2011年10月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/10/07/kiji/K20111007001777410.html 2012年9月27日閲覧。 
  7. ^ 山下智久ラジオレギュラー番組スタート!”. ワーナーミュージック・ジャパン (2012年3月29日). 2012年9月27日閲覧。
  8. ^ “香取&山P、新ユニット「The MONSTERS」結成 初共演ドラマの主題歌“共作””. ORICON STYLE (オリコン). (2012年9月13日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2016750/full/ 2012年9月27日閲覧。 
  9. ^ “山Pバラエティー初司会「80点くらい」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2013年1月17日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20130117-1072899.html 2013年9月28日閲覧。 
  10. ^ “【オリコン】山下智久、カバー曲「SUMMER NUDE」で6作目首位”. ORICON STYLE (オリコン). (2013年8月6日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2027309/full/ 2013年9月28日閲覧。 
  11. ^ 【オリコン】山下智久、3年8ヶ月ぶりアルバム首位(2014.10.14)、オリコンスタイル、2014年10月14日閲覧。
  12. ^ 映画『近キョリ恋愛』異例の大ヒット!!! 興行収入10億円、観客動員80万人突破!(2014.11.11)、CINEMA TOPICS ONLINE、2014年11月11日閲覧。
  13. ^ 『saita』2009年8月号110ページ。
  14. ^ 『オリスタ』2013年9月9日号35ページ。
  15. ^ “山Pに主婦ウットリ 「5回に1回温水」にガッカリ”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年2月28日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/02/28/kiji/K20140228007679170.html 2014年6月28日閲覧。 
  16. ^ 『月刊ソングス』2012年10月号44ページ。
  17. ^ ジャニーズJr.時代は一時期番組司会を務めた。
  18. ^ TBS系ドラマ『ドラゴン桜』挿入歌
  19. ^ 小山慶一郎とのコンビ名。小山+山PでコヤマP。
  20. ^ 作品データベース検索サービス”. JASRAC. 2015年1月29日閲覧。
  21. ^ NHKザ少年倶楽部2004年5月9日放送
  22. ^ NHKザ少年倶楽部2005年12月11日放送
  23. ^ NEWSスプリングコンサートツアー(2006年4月)にて披露
  24. ^ NHKザ少年倶楽部2006年5月5日放送
  25. ^ NHKザ少年倶楽部2007年2月4日放送
  26. ^ 映画『近キョリ恋愛』異例の大ヒット!!! 興行収入10億円、観客動員80万人突破!(2014.11.11)、CINEMA TOPICS ONLINE、2014年11月11日閲覧。

外部リンク[編集]