石井康晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

石井 康晴(いしい やすはる、1969年 - )はTBSテレビ(旧TBSエンタテインメント)制作1部所属のテレビドラマ演出家映画監督早稲田大学卒。

1992年入社。入社後は暫くバラエティ番組ドキュメンタリー番組を担当。その後、ドラマ制作に異動。演出補(アシスタントディレクター)を経て、1999年に「天国に一番近い男」第7話で初演出(演出補兼任)。1999年~2000年にかけて放送された『「悪いオンナ」シリーズ』で本格的に演出を手掛ける。「Mの悲劇」、「ボイスレコーダー VOICE RECORDER ~残された声の記録」(2005年・プロデューサー兼務)で社会派作品を残す。代表作に「花より男子」(2005年)、「クロサギ」(2006年)がある。

2008年に公開された「映画 クロサギ」で映画監督デビューした。

手掛けた作品[編集]

テレビドラマ[編集]

演出[編集]

(太字はメイン演出作品)

演出補[編集]

プロデュース[編集]

  • ボイスレコーダー VOICE RECORDER 〜残された声の記録〜(2005年)
  • ヤマトナデシコ七変化(2010年)

映画[編集]

関連項目[編集]