いしだ壱成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いしだ いっせい
いしだ 壱成
本名 星川 一星
別名義 iSSEi iSHiDa(DJとしての名義)
生年月日 1974年12月7日(40歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都[1]
国籍 日本の旗 日本
身長 177cm
血液型 B型[1]
職業 俳優ミュージシャン
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1992年 - 2001年
2003年 -
配偶者 三宅えみ2003年 - 2006年
一般女性(2014年 - )
著名な家族 父親:石田純一(俳優)
母親:星川まり
異母妹:すみれ(モデル)
祖父:石田 武(元NHKアナウンサー)
主な作品

テレビドラマ
ひとつ屋根の下
未成年
花村大介

いしだ 壱成(いしだ いっせい、1974年12月7日 - )は、日本俳優ミュージシャン。本名は、星川 一星(ほしかわ いっせい、旧姓:石田)。左利き株式会社神南に所属している。

人物[編集]

東京都出身[1]。実父は俳優の石田純一、実母は緑の党で「脱原発の日」サイト管理を担当する反原発活動家の星川まり(作家翻訳家グリーンピースジャパン事務局長を務めた星川淳の妹)。異母妹はモデルすみれ、父方の祖父は元NHKアナウンサーの石田武、伯母は音楽家石田桃子

生い立ち[編集]

父・純一は星川まりと学生結婚し、20歳で壱成が誕生。3歳の時に両親が離婚、母親のまりに引き取られる。ヒッピー的なコミューンで屋久島八ヶ岳アメリカオレゴン州などを転々として育つ[2]。オーストラリア留学後帰国した16歳で、伯母の石田桃子のコンサートで実父・純一と再会する。

俳優デビュー[編集]

石田純一のコンサートに偶然居合わせたTV番組プロデューサーの目に止まり、フジテレビ、ザ・テレビジョン10周年記念ドラマスペシャル「悲しいほどお天気」に出演、中性的な演技で注目を集め、同局の「ボクたちのドラマシリーズ」「放課後」に出演。その後も「ひとつ屋根の下」「聖者の行進」など人気ドラマに出演。そして『未成年』で主演男優賞を受賞し、役者としての人気、実力共に不動のものとする。

音楽デビュー[編集]

1994年に歌手としてワーナーミュージック・ジャパンより「WARNING ワーニング」でデビュー、アルバムはゴールドディスクを受賞する。アルバム2枚をリリース。 俳優デビュー前からバンド活動を行っていた経験から、DJ DRAGON武田真治らと「THE BIG BAND!!」として活動しており、キーボード&ヴォーカルを担当。 1996年にワーナーミュージック・ジャパンより「HOT ROD 1996」でデビューする、赤坂ブリッツにてライブを行う。

活動停止[編集]

2001年8月20日 大麻取締法違反により起訴される。舞台『大江戸ロケット』を降板し、芸能活動停止となる。

活動再開[編集]

2年間の謹慎期間を経て2003年に俳優復帰。以後音楽、映画、舞台など中心に活動を再開する。

2010年中国に渡り、映画、ドラマなどのエキストラをしながら中国歴史大河ドラマ『恕の人 〜孔子伝〜』の顔回役として出演する。

東日本大震災の直前のブログによれば、11歳頃に母親とともに反原発の運動に参加して機動隊に殴られた経験があること、自身はカトリックの洗礼名である「ラジ」で呼ばれていることを明かしている[3]

2011年以降森井睦ピープル・シアターの舞台に多く出演する。

2012年TVバラエティー番組にも積極的に出演するようになる。「人志松本のすべらない話(第23弾)」「中居正広のキンスマスペシャル」「人生が変わる1分間の深イイ話」「ダウンタウンDX 20周年スペシャル」「ミラクル9」など。

2013年東京芸術劇場の「ソウルドリームズ」に出演、10月には同劇場にてピープルシアター第58回公演「蝦夷地別件」の主役を務めた。

略歴[編集]

  • 1992年 - 『悲しいほどお天気』でテレビドラマデビュー。
  • 1993年 - 『ひとつ屋根の下』で三男・和也役を演じる。
  • 1995年 - 『未成年』で主演男優賞を受賞。
  • 2001年8月20日 舞台『大江戸ロケット』を降板し、芸能活動停止となる。
  • 2003年に俳優復帰。
  • 2003年12月17日、元タレントの三宅えみと結婚。
  • 2003年12月19日、長男誕生。
  • 2006年1月30日、三宅と離婚。長男は三宅が引き取り、現在は三宅の再婚相手である谷原章介継子となっている。
  • 2007年3月26日、映画共演がきっかけで女優川合千春と交際していることが発覚(後に破局)。
  • 2014年7月14日、11歳年下の一般女性と再婚[4]

主な出演[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • 毛皮のマリー(1994年、渋谷PARCO劇場)
  • ワンダリング・アイズボズマンとレナ(1995年、六行会ホール)
  • 毛皮のマリー(1996年、渋谷PARCO劇場)
  • 愛の讃歌(1996年、東京芸術劇場
  • 大江戸ロケット(2001年、大阪松竹座。上記薬物所持による逮捕で途中降板)
  • ぶるー・ブルー・バースディ(2007年、東京芸術劇場)
  • 新・罪と罰(2009年、赤坂レッドシアター)
  • ROMEO-午前0時の訪問者-(2009年9月30日~10月7日、全労済ホールスペース・ゼロ
  • HAMLET-青い薔薇のくちづけ-(2010年4月20日~4月26日、原宿クエストホール)
  • 『いいえ、ヴィンテージです』(2011年4月1日~2011年4月5日、サンモールスタジオ/2011年4月8日 - 2011年4月11日、下北沢駅前劇場)
  • 「わたしとアイツの奇妙な旅」(2011年7月6日(水)~10日(日)、サンモールスタジオ)
  • 『砂のクロニクル』(2011年10月19日(水)~25日(火)、ピープルシアター第53回公演)
  • 『カルタゴの人々・イメルダ・フォーリーに捧ぐ 』(2012年3月14日〜2012年3月20日、ピープルシアター第54回公演)
  • 「ニンギョヒメ」(2012年1月10日〜15日、ソラリエ 上野ストアハウス)
  • 「ニンギョヒメ」再演(2012年5月16日~20日、CBGKシブゲキ!!)
  • 『新宿・夏の渦』(2012年7月25日~2012年7月31日、サンモールスタジオ新宿)

映画[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

関西テレビフジテレビ系『新伍&紳助のあぶない話』エンディング・テーマ
明治製菓「アメリカンチップス」CMソング
日本テレビ系バラエティ『TVおじゃマンボウ』8月-9月期エンディング・テーマ
読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『Pure Soul~君が僕を忘れても~』エンディング・テーマ

アルバム[編集]

ナガノケントの指揮によるリヨン歌劇場管弦楽団の演奏にナレーションとして参加。

その他[編集]

  • give it to me(2005年)
自身主演の映画『インディアン・サマー』の主題歌。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]