Strange Circus 奇妙なサーカス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Strange Circus 奇妙なサーカス
監督 園子温
脚本 園子温
製作 中沢敏明
星野晃志
出演者 宮崎ますみ
いしだ壱成
音楽 園子温
撮影 大塚雄一郎
編集 伊藤潤一
配給 セディックインターナショナル
公開 日本の旗 2005年12月24日
上映時間 108分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

Strange Circus 奇妙なサーカス』(ストレンジ サーカス きみょうなさーかす)は、2005年製作の日本映画

概要[編集]

近親相姦児童虐待身体改造などの過激な題材でインモラルな世界を描いた禁断の官能ミステリー。公開時のキャッチコピーは「父に抱かれているとき、私の中に母が宿る」。宮崎ますみは本作で12年ぶりに女優復帰を果たした。R18+指定。

ストーリー[編集]

実の父親に抱かれて心病んでいく小学生の美津子は、やがて嫉妬の果てに虐待を加えるようになる母親と心が一体化していく。ある日、イアリングが見つからないのを娘のせいにして暴力をふるう母親から逃れるため、美津子は母親を階段から突き飛ばし殺してしまう。 以上は小説の話だった。車椅子の作家・妙子の担当となった編集者の田宮は、編集長の命令で彼女の身辺を調べ始めていく。はたして、妙子の作品は彼女の自伝なのか?

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

受賞[編集]

正式上映出品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]