岡田准一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おかだ じゅんいち
岡田 准一
生年月日 1980年11月18日(34歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府枚方市[1]
血液型 B型[2]
職業 歌手俳優タレント
ジャンル 映画テレビドラマCM
活動期間 1995年 -
活動内容 1995年:
V6、歌手デビュー
俳優デビュー『Vの炎
事務所 ジャニーズ事務所
主な作品
映画
木更津キャッツアイ 日本シリーズ
東京タワー
花よりもなほ
木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
陰日向に咲く
SP 野望篇・革命篇
図書館戦争
永遠の0
蜩ノ記
テレビドラマ
D×D
木更津キャッツアイ
末っ子長男姉三人
タイガー&ドラゴン
SP 警視庁警備部警護課第四係
軍師官兵衛
声の出演
サンダーバード
ゲド戦記
コクリコ坂から

岡田 准一(おかだ じゅんいち[2]1980年11月18日[2] - )は、日本の歌手俳優タレントであり、男性アイドルグループV6のメンバーである[2]

大阪府枚方市出身[1]ジャニーズ事務所所属。

来歴[編集]

人物・エピソード[編集]

趣味・嗜好[編集]

2010年9月28日、カリジークンドーのインストラクター認定を受けた[7]。後に、USA修斗のインストラクターの資格も取得[8]

天地明察』の舞台挨拶で、出演者が“何オタク”であるかを発表することになった際、「歴史と格闘技オタク」であることを明かしている[9]

家族・親族[編集]

両親の離婚は小学2年の頃で、父親も覚えている[10]。14歳で東京へ来てから、母親とは年に1回会えるかどうかである[10]。母親には、「男なんだから自分で考え、自分で責任を持ちなさい」と言われて育った[10]

その他[編集]

2010年10月24日放送の『ボクらの時代』で「20才になったらジャニーズ事務所を辞め、中学校の社会の先生になりたかった」と明かしている[11]

映画『蜩ノ記』の宣伝のために堀北真希とともに2014年10月6日放送の『しゃべくり007』に出演した際、若い俳優をイジることにはまっていると語った。本人曰く、岡田にとっての「三大かわいい後輩」がいて、その後輩とは、映画『図書館戦争』で共演した福士蒼汰、『軍師官兵衛』で共演した、同じ事務所の後輩の生田斗真、映画『永遠の0』で共演した染谷将太のことだという。そこに、『軍師官兵衛』で共演している、松坂桃李が入ってきそうだと語っていた。[12]

受賞歴[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

声の出演[編集]

舞台[編集]

ラジオ番組[編集]

CM[編集]

司会進行[編集]

音楽活動[編集]

※V6としての活動はV6の項目を参照。

シングル[編集]

  1. シーサイド・ばいばい2006年10月25日

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “V6岡田准一「ひらパーを守りたい」”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2013年4月13日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/04/13/0005894972.shtml 2013年4月14日閲覧。 
  2. ^ a b c d 岡田准一のプロフィール・ヒストリー”. オリコン芸能人事典. オリコンDD. 2013年4月14日閲覧。
  3. ^ a b “岡田准一に裕次郎新人賞/映画大賞”. asahi.com. (2006年12月5日). http://www.asahi.com/culture/movie/NIK200612050020.html 2011年8月18日閲覧。 
  4. ^ 名誉市民・市民栄誉賞 - 千葉県木更津市公式ホームページ”. 千葉県木更津市 (2010年12月15日). 2011年8月18日閲覧。
  5. ^ シネマ報知 ブルーリボン賞ヒストリー”. シネマ報知. 2011年8月18日閲覧。
  6. ^ a b “新イメージキャラクターが、枚方市出身の岡田准一さんに決定!”. ひらかたパーク. (2013年3月29日). http://www.hirakatapark.co.jp/topics/show/130 2013年4月14日閲覧。 
  7. ^ 岡田准一氏、正式指導員に認定!(2010年10月5日、IUMA日本振藩國術館公式ホームページ-ニュース)2014年10月20日閲覧。
  8. ^ V6岡田、母親への一言に今も後悔(2013年12月22日、ライブドアニュース)2014年10月20日閲覧。
  9. ^ 『天地明察』初日で岡田准一が市川染五郎に「早く優美な踊りとお芝居を」とエール 2012年9月15日付 MovieWalker
  10. ^ a b c 母親の影響 本読む習慣…岡田准一さん、2013年4月30日、読売新聞
  11. ^ 【エンタがビタミン♪】「V6辞める予定だった」。岡田准一がアイドルを捨てて目指そうとしたものとは?”. Techinsight (2010年10月27日). 2011年8月18日閲覧。
  12. ^ 岡田准一、後輩いじりにハマり“三大カワイイ後輩”を告白!(2014年10月7日、シネマトゥデイ)2014年11月17日閲覧。
  13. ^ ザテレビジョン ドラマアカデミー賞: 結果発表(2008年4月24日発表)、WEBザテレビジョン角川マガジンズ、2013年3月30日閲覧。