第29回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第29回NHK紅白歌合戦
NHK-Hall.jpg
会場のNHKホール
ジャンル 大型音楽番組
放送期間 1978年12月31日(NHK紅白歌合戦第29回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
外部リンク NHK紅白歌合戦公式サイト
テンプレートを表示
第29回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1978年12月31日
放送時間 1978年12月31日
放送局 NHKラジオ第1
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

第29回NHK紅白歌合戦』(だいにじゅうきゅうかいエヌエイチケーこうはくうたがっせん)は、1978年12月31日NHKホールで行われた、通算29回目のNHK紅白歌合戦。21時から23時45分にNHK生放送された。

概要[編集]

  • 紅白初のテレビでのステレオ放送開始。以後、全てステレオ放送。
  • 両軍司会は森光子山川静夫(5年連続)が担当。
  • 両軍司会の人選について、前回まで4年続いた佐良直美・山川コンビは「さすがにマンネリ」との声が上がり、小柳ルミ子堺正章あたりの新鮮なコンビに交代する予定もあったという。その他紅組司会の候補には、光子に加え、前回紅組応援リーダーを務めた(且つ紅組司会3回経験者)中村メイコ、当代No.1女優と呼ばれた十朱幸代1976年上期の連続テレビ小説雲のじゅうたん』のヒロイン・浅芽陽子、この年上期の連続テレビ小説『おていちゃん』のヒロイン・友里千賀子森昌子由紀さおり、過去3回紅組司会経験者(翌1979年第30回で4回目の紅組司会を務める)の水前寺清子、白組司会に『思い出のメロディー』の司会を連続して務めていた相川浩(実際は今回も総合司会)の起用案があった。その後白組司会の山川に対し、新鮮な人物をと紅組司会の人選が行われ、小柳、浅芽、光子が残り、最終的に浅芽は西田敏行と共に応援リーダーに回り、この数年前にTBS系列『日本レコード大賞』の司会を連続して務めていた(且つこの年まで3年連続で『思い出のメロディー』の司会を務めた)光子が経験を買われて1962年第13回以来16年ぶりに再登板することとなった[1]
  • 今回ではテレビ中継も行われたが、現存するVTRには実況音声が録音されていない。
  • 紅組トリに山口百恵、白組トリおよび大トリに沢田研二と両軍共にポップス歌手が起用された。両軍共にポップス歌手がトリを務めるのは史上初(このため、前回に続き、大トリが歌う曲の最後に設けられるファンファーレ(別名・大エンディング)はなかった)。この年が「演歌不作の年」とも評される程に、演歌勢で目立ったヒットがほとんど生まれなかった反面、ニューミュージックブームの到来であったため、ヒット作による出場作の不作でもあった。ポップス系で多くのヒット作や話題があったことから、企画の段階からの今回のトリは人気No.1のポップス系歌手で、という方針は固まっており、先に紅組トリに百恵を起用することを決定。その後、彼女の対戦相手として最も適材な歌手として当時の男性ポップス系歌手人気No.1の沢田が白組トリに起用されることとなったとされる。百恵・沢田のトリについては、ピンク・レディー裏番組出演により今回の出場を辞退しており(後述)、ピンク・レディー出演のその裏番組に対抗する意味合いもあったという[2]。以後、ポップス歌手同士のトリは2010年第61回まで待つこととなる。当時19歳の百恵のトリは紅白史上最年少記録であり、未成年者がトリに起用された唯一の事例でもある。百恵の紅組トリは「若過ぎる」と疑問視する声もあり、曲目発表の12月11日にNHKは「現在、山口百恵のトリについては曲層、ファン層などの点から問題が多く検討中です」と難色のコメントをしていた。
  • 百恵がその紅組トリで歌唱したのは「プレイバックPart2」である。同曲には「ポルシェ」という歌詞が登場しており、公共放送であるNHKは番組中で商品名の使用を規制しているため、NHKの他の音楽番組(『レッツゴーヤング』、『NHKヤング歌の祭典』)で歌唱した際に、「真っ赤なクルマ」と変えて歌うという処置が取られていたが、視聴者や他メディアから表現の自由を奪う行為であるとして多くの批判が集中したため、本紅白では「真っ赤なポルシェ」と元詞通り歌った。
  • 男女デュエットは原則紅組から出場するが、平尾昌晃畑中葉子のデュオは例外的に白組出場となった。
  • 時代を反映して「ニューミュージックコーナー」が設けられ、6組全員初出場の庄野真代ツイストサーカスさとう宗幸渡辺真知子原田真二が熱唱。
  • 佐良直美の歌唱前、光子は前任者である彼女に「去年一昨年先一昨年その前も紅組の司会、本当に御苦労様でございました」「あなたの作り上げてくださった紅組のチームワークに守られて帰り新参の私も頑張っております」と感謝のメッセージを述べた。
  • 島倉千代子の「りんどう峠」と村田英雄の「人生劇場」は、この年7月に亡くなった古賀政男を偲んで歌唱された。紅白で追悼企画が行われるのはこれが初めてだった。
  • 今回の優勝旗授与は審査員の山本浩二が行った。なお審査員の代表による授与は今回で一旦区切りとなり、翌1979年第30回以降は再び大会委員長であるNHK放送総局長が行う形となる(2004年第55回まで)。審査員の代表による授与は2006年第57回で復活している。
  • 1993年と1999年に『思い出の紅白歌合戦』(BS2)で再放送された。
  • 今回以前の再放送時は映像・音声が乱れる場合がある旨が表示されるが、される今回以降の再放送時からステレオで放送されたためか、番組内の注意書きで映像が乱れる場合がある旨を伝えている。

司会者[編集]

演奏[編集]

審査員[編集]

出場歌手[編集]

紅組 白組
歌手 歌手
榊原郁恵(初) 夏のお嬢さん 郷ひろみ(6) バイブレーション (胸から胸へ)
岩崎宏美(4) シンデレラ・ハネムーン 平尾昌晃(4)・畑中葉子(初) カナダからの手紙
石川さゆり(2) 火の国へ 狩人(2) 国道ささめ雪
研ナオコ(2) かもめはかもめ 野口五郎(7) グッド・ラック
芹洋子(初) 坊がつる讃歌 角川博(初) 許してください
桜田淳子(5) しあわせ芝居 西城秀樹(5) ブルースカイブルー
庄野真代(初) 飛んでイスタンブール ツイスト(初) あんたのバラード
サーカス(初) Mr.サマータイム さとう宗幸(初) 青葉城恋唄
渡辺真知子(初) 迷い道 原田真二(初) タイム・トラベル
佐良直美(12) 愛の消しゴム 加山雄三(5) 海 その愛
中原理恵(初) 東京ららばい 新沼謙治(3) 北挽歌
高田みづえ(2) 花しぐれ 細川たかし(4) 港夜景
和田アキ子(9) コーラス・ガール 千昌夫(6) 北国の春
水前寺清子(14) 肥後の駒下駄 フランク永井(22) 公園の手品師
太田裕美(3) ドール 内山田洋とクール・ファイブ(7) さようならの彼方へ
西川峰子(4) 東京ラブ・コール 菅原洋一(12) 恋歌師
青江三奈(12) ふられぐせ 春日八郎(20) さよなら宗谷
八代亜紀(6) 故郷へ… 五木ひろし(8) 熱愛
小柳ルミ子(8) 雨… 北島三郎(16) 与作
森昌子(6) 彼岸花 三波春夫(21) さくら日本花の旅
由紀さおり(10) トーキョー・バビロン 布施明(12) めぐり逢い紡いで
島倉千代子(22) りんどう峠 村田英雄(17) 人生劇場
都はるみ(14) なんで女に 森進一(11) きみよ荒野へ
山口百恵(5) プレイバックPart2 沢田研二(6) LOVE (抱きしめたい)

選考を巡って[編集]

主なゲスト出演者[編集]

演奏ゲスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 合田道人『紅白歌合戦の真実』、『紅白歌合戦の舞台裏』
  2. ^ 太田省一『紅白歌合戦と日本人』、172頁。
  3. ^ 読売新聞』1978年11月2日付朝刊、23頁。
  4. ^ 『紅白歌合戦の舞台裏』
  5. ^ 『読売新聞』1978年11月11日付朝刊、22頁。
  6. ^ 『読売新聞』1978年12月9日付夕刊、3頁。
  7. ^ 『読売新聞』1978年12月11日付夕刊、3頁。

参考文献・出典[編集]

  • NHK『テレビ50年 あの日あの時、そして未来へ』(NHKサービスセンター 2003年2月)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]