寺尾聰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
てらお あきら
寺尾 聰
生年月日 1947年5月18日(66歳)
出生地 日本の旗 神奈川県横浜市保土ケ谷区
国籍 日本の旗 日本
職業 ベーシストシンガーソングライター俳優
ジャンル 映画・テレビドラマ・演劇
配偶者 范文雀1973年 - 1974年
星野真弓
家族 宇野重吉(父)
事務所 寺尾音楽事務所
主な作品
映画
黒部の太陽』『同胞
男はつらいよ』『
ロックよ、静かに流れよ』『
まあだだよ』『失楽園
雨あがる』『阿弥陀堂だより
半落ち』『CASSHERN
イントゥ・ザ・サン
博士の愛した数式
亡国のイージス』『魂萌え!
テレビドラマ
おくさまは18歳』『西部警察
武蔵坊弁慶』『合い言葉は勇気
陰陽師』『こころ』『優しい時間

寺尾 聰(てらお あきら、1947年5月18日 - )は、日本ベーシストシンガーソングライター俳優神奈川県横浜市保土ケ谷区出身。目黒区立第十中学校和光学園法政大学第二高等学校文化学院卒業。所属事務所ホリプロダクション石原プロモーション→寺尾音楽事務所(自らの個人事務所)。父は俳優の宇野重吉

来歴[編集]

1964年に、奥島吉雄らとカレッジ・フォーク・グループ「ザ・サベージ」を結成し、ベースギターを担当した。新興の芸能事務所・ホリプロダクションに所属し、1966年に「いつまでもいつまでも」でレコードデビュー、大ヒットするが、すぐにグループを脱退した。1968年、三保敬太郎を中心としてザ・ホワイト・キックスというグループ・サウンズに参加、シングルを1枚出して解散した。同年には、石原裕次郎製作・主演の映画『黒部の太陽』で俳優デビューした。

これを機に裕次郎の門下となり、石原軍団の若手有望株として、主にテレビドラマに出演、青春ものドラマなどで二枚目半的な役柄を演じることが多かった。また、『大都会』では新聞記者、『大都会 PARTIII』(日本テレビ)、『西部警察』(テレビ朝日)など、石原プロモーション制作のアクションドラマでは刑事役で活躍した。このころはサングラスをかけ、ニヒルな表情がトレードマークだった。この間、穿孔性胃潰瘍になり、胃の大部分を切除する手術を受けている。腹部の激痛で動けなくなり、自ら救急車を要請した後にシャワーを浴びて救急隊の到着を待ったと、桃井かおりとの雑誌対談で語っている。その後、東南アジアで静養した。本人は、生活費が安く、海辺で仰向けになって日に焼いていると、傷口が良くなっていく気がした、と述懐している。復帰時、それ以前のふっくらとした容貌が一変、スリムで翳のある雰囲気をまとった。石原軍団入りするきっかけは当初、宇野の主催する劇団民藝に一研修生として入団を希望したが、宇野本人から「たとえ研修生扱いでもマスコミは『親の七光り』として見るだろう」という理由で、宇野と懇意だった石原を紹介されたという。

1981年には、ヨコハマタイヤのCM曲だった「シャドー・シティ」に続き「ルビーの指環」が大ヒットし、「ルビーの指環」は第23回日本レコード大賞FNS歌謡祭'81グランプリを受賞した。さらに、TBS『ザ・ベストテン』では、「ルビーの指環」「シャドー・シティ」「出航 SASURAI」が3曲同時にベストテンにランクインされ、「ルビーの指環」12週連続1位の栄誉を讃えた真紅の記念シートも設置された。大ヒットした「ルビーの指環」は、石原プロの関係者に聴かせたところ、「こんなお経みたいな曲が売れるわけがない」と専務の小林正彦が難色を示したが、社長の石原裕次郎の「いいじゃないの」の一言でレコード化が決定したという逸話がある。これを含め、全曲を自らが作曲したアルバム『Reflections』は、当時のアルバムセールスを更新する(164万枚。井上陽水の『氷の世界』の売り上げ記録を8年ぶりに更新し、以後1990年に、松任谷由実天国のドア』に破られるまでトップであった)空前の大ヒットとなり、本格的に音楽活動を再開した。

しかし、「ルビーの指環」の大ヒットを受けて行われた、翌年の全国ツアーの序盤、「貯金箱を壊してコンサートの切符を買いに来たのに、入場できなかった子供がいた」ということを聞いた寺尾は激怒した。これにはツアーの開始前に「今回は曲とアルバムのヒットでの、ファンに対するお礼を込めたツアーなので、マスコミ取材陣の席はない」と約束していたが、入れないファンが大勢いたにもかかわらず取材陣用の席が多く余っていたことに対するものであった。ツアーに込めていた思いを踏みにじられた寺尾は、スタッフに対しての不信感を募らせ、以降の一切のマスコミ取材を拒否し、所属する石原プロはその対応に追われた。興行としてのコンサートという石原プロとの考え方の相違もあり、石原プロ首脳(小林専務)と寺尾との関係が悪化した。また同時期に、かねてから役者としての活動フィールドを、石原プロが得意とするアクション物(刑事物)から人間の内面を演じる文芸作品に移したいと考えていたこともあり、これを機に石原プロから離脱することになった。しかし、父の宇野重吉と石原裕次郎は昵懇の仲であり、石原プロ離脱後も石原個人との感情的な溝はないという。

その後、1980年代後半から黒澤明が監督した『』『』『まあだだよ』に続けて出演。2001年、黒澤の遺稿を映画化した『雨あがる』に主演し、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した。日本レコード大賞と日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を両方獲得しているのは2012年現在、寺尾のみである。2005年にも『半落ち』での演技で同賞の2度目の受賞を果たした。そして「黒澤明最後の愛弟子」との呼び名を受けている。[要出典]2005年7月7日CLUB CITTA(神奈川県川崎市)でのライブを期に、18年振りに歌手活動を再開。現在でも、ステージでジャズベースをプレイしている。「ザ・サベージ」時代と変わらぬ腕前を披露している。アルバム『Re-Cool Reflections』も発売され、メロウな歌声を聴かせている。2007年1月に、NHK総合テレビで放送された『SONGS』に出演、アルバム『Reflections』収録曲や「ルビーの指環」を新アレンジで披露した。

2007年12月31日の『第58回NHK紅白歌合戦』に出場した。紅白出場は、1981年から実に26年ぶりで、通算2回目。

2008年4月、春の褒章伝達者発表において、紫綬褒章を受章することが発表された。父の宇野重吉も紫綬褒章を受章しており、父子2代での受章となった。

人物[編集]

妻は1979年秋の資生堂CM『微笑の法則』に出演したモデルの星野真弓。『西部警察』の九州ロケで共演している。女優の范文雀は元妻。本人曰く「無類の麺好き」であり、3食麺類でも平気だという。

五代高之と『西部警察』で共演した際、「五代君、今度おごってあげるから、都合のいい日があったら教えてくれよな」と言うと、五代が「先輩、今日が都合がいいです。今日おごって下さい」と返答。寺尾は「いいよ」と言ったが、その日はお金の持ち合わせがなかったため、石原プロの会計係の所に行って給料を前借りし、五代にご馳走をしてくれた。食事が終わって五代が寺尾に「先輩、今度は自分がおごります」と言ったところ、寺尾は「いいよ、俺におごってくれなくても。それよりも、将来、君に後輩ができた時、その後輩におごってあげなさい」と語ったそうである[1]

『西部警察』での殉職について、1981年「ルビーの指環」の大ヒットによりコンサートツアーなど歌手業が忙しくなってドラマ撮影との両立が難しくなり、石原裕次郎が「寺尾君は自由にしてあげよう」という考えから西部警察から外れることになった。どういう形で外れるか多数の案があったが、これまで何度も怪我を負ってきた役だったからという考えから最後は華々しく殉職という形に決まったという。後年に発売された写真集には大抵初代150型プレジデントの前で機関銃で撃たれている際の写真が掲載されている。

「ルビーの指環」がヒットし、『ザ・ベストテン』などで連続1位を取っていた頃、寺尾が父である宇野重吉へ家に帰った際にその事を報告したが、新聞に見入ったまま、「ふーん…」と素っ気ない返事だった。しかし宇野は、いつも「今日は何位だった?」と息子のことを陰ながら気にしていたという。

情報プレゼンター とくダネ!』でインタビュアーだった小倉智昭とは、共通の趣味である音楽を通じ、友人になった。

賞詞[編集]

歌手活動[編集]

寺尾聰
基本情報
出生名 寺尾聰
出生 1947年5月18日(66歳)
血液型 A型
学歴 文化学院卒業
出身地 日本の旗 日本, 神奈川県横浜市
ジャンル J-POP歌謡曲
職業 歌手
俳優
シンガーソングライター
担当楽器 ボーカル
ベースギター
活動期間 1964年 -
レーベル 東芝EMI(EXPRESS)
事務所 ホリプロダクション石原プロモーション→寺尾音楽事務所
公式サイト http://www.at-style.com/

ザ・ビートルズ ジョージ・ベンソン 三保敬太郎

シングル[編集]

  • いつまでもいつまでも / 恋の散歩道(1966年7月1日) - ザ・サベージ名義
  • この手のひらに愛を / 星のささやき - ザ・サベージ名義
  • 夜空に夢を / 明日に向かって - ザ・サベージ名義
  • アリゲーター・ブーガルー / 愛の言葉(1968年5月10日) - ザ・ホワイト・キックス名義
  • ママに内緒の子守唄 / 二人の風船
寺尾聰名義でのデビューシングル。
  • ほんとに久しぶりだね / 何処かへ(1974年10月20日)
東芝EMIデビューシングル。NHKおおさか・三月・三年』挿入歌。演奏はゴダイゴの前身、ミッキー吉野グループ。
  • 16の夏 / 坂道を登ると(1977年8月5日)
田辺靖雄とのデュエット。コーラスはオフコース
  • SHADOW CITY / 予期せぬ出来事(1980年8月5日)
  • 出航 SASURAI / ダイヤルM (1980年10月21日)
伸びる音と断ち切るような音の繰り返しが特徴的なこの曲の旋律の動きは、
彼の母がお茶を注ぐときの「スーッ、スーッ」という情景をイメージしてのものであるとのこと。
  • ルビーの指環 / CINEMA HOTEL(1981年2月5日)
  • Long distance Call 長距離電話 / Passing Summer 夏の終りに…(1982年12月1日)
  • 飛行少年 / 雨の風景(1983年10月21日)
  • 回転扉 / まさか・Tokyo(1983年12月1日)
  • 恋のトランス・コスモス / 九月(1985年6月21日)
  • Inter Change / 季節風(1986年12月20日)
  • 砂漠 / Midnight Hunter(1987年4月22日)
  • Re-Cool HABANA EXPRESS(2006年12月6日)
アルバム『Re-Cool Reflections』の先行シングル。
寺尾聰のシングルとしては初となるインストゥルメンタルも収録。

アルバム[編集]

  • この手のひらに愛を - ザ・サベージ名義
  • ゴー! スパイダース フライ! サベージ - ザ・サベージ名義
A面6曲にザ・スパイダース、B面6曲にザ・サベージ。日本航空の記念企画盤。
  • 二人の風船 恋人と一緒に聴いて下さい (1970)
寺尾聰名義での初のオリジナルアルバム。
東芝EMI 1stオリジナルアルバム。
ジャケットの写真は『西部警察』の撮影で多忙を極めていた頃、撮影所の廊下で撮影されたもの。
明かりを消した暗闇の状態でシャッターを開いて、タバコの火の軌跡で「LOVE」の「E」から書き、Lの部分が書けたところで明かりを点けてシャッターを切ったという。
  • Atmosphere
東芝EMI 2ndオリジナルアルバム。
  • SPECIAL LIVE IN TOKYO
ライブアルバム。
会場は代々木オリンピックプール。散歩中に「ここいいな」と思って決定したという。
  • Standard
東芝EMI 3rdオリジナルアルバム。
LPとCDの同時発売で、「恋のトランス・コスモス」はCD版のみに収録されている。
  • Re-Cool Reflections
東芝EMI 1stオリジナルアルバムの『Reflections』を再レコーディングしたもの。
このアルバムはエイベックスから発売される。なお、このCDはSACD/CD-DAハイブリッド仕様である。

ベストアルバム(主なもののみ)[編集]

  • ザ・サベージ ベストコレクション - ザ・サベージ名義。
  • AKIRA TERAO TWIN BEST
『Reflections』、『Atmosphere』、『Standard』の全30曲が収録されている。
現在『Atmosphere』、『Standard』は廃盤になっているが、このアルバムで全曲聴くことが出来る。
  • 寺尾聰 ゴールデン☆ベスト
「ルビーの指環」のカップリング曲で『Reflections』に未収録の「CINEMA HOTEL」や、
東芝EMIでの1st, 2ndシングルのカップリングを含めた4曲が収録されている。
  • CD & DVD THE BEST 寺尾聰
『Reflections』から7曲、『Atomosphere』から8曲の計15曲が収録されている。
DVDには『SPECIAL LIVE IN TOKYO』のライブ映像から、
「ルビーの指環」、「回転扉」、「Long distance Call」が収録されている。
  • 寺尾聰アンソロジー1966-1987
寺尾聰名義での初のオリジナルアルバム『二人の風船 恋人と一緒に聴いて下さい』の
全曲が収録されているほか、ザ・サベージ時代の曲が7曲、「ルビーの指環」のライブ版などが収録されている。
「ルビーの指環」のライブ版は『SPECIAL LIVE IN TOKYO』に収録されているものである。

歌手としてのテレビ出演[編集]

俳優活動[編集]

※太字は主演

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

かつての所属事務所の社長、石原裕次郎の若き日を描いたドラマで、原作は石原の実兄・石原慎太郎。寺尾は宝酒造「松竹梅」のCF撮影に臨む宇野重吉の役で出演(つまり息子が父を演じている)。かつて放映されていた「松竹梅」のCF(石原が寺の住職(宇野)を訪ね、一緒に「松竹梅」を呑む)を見事に再現した。このドラマで石原を演じたのは徳重聡。なお、そのシーンの後のCMでは、当時の本物(石原と宇野)の映像がそのまま放映されるという粋な計らいもあった。 寺尾は、実父・宇野重吉の役だけは他の誰にも渡したくなかったという。

その他[編集]

ドラマ以外のテレビ出演[編集]

など

ナレーション[編集]

コマーシャル[編集]

PV[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 五代が『西部警察』の関連番組で語った話より。

外部リンク[編集]