本木雅弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
もとき まさひろ
本木 雅弘
本木 雅弘
本名 内田 雅弘(うちだ まさひろ)
旧姓・本木
生年月日 1965年12月21日(48歳)
出生地 埼玉県桶川市
国籍 日本の旗 日本
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画など
活動期間 1982年 - 現在
活動内容 1982年:シブがき隊としてデビュー
1988年:シブがき隊解散、俳優に転身
配偶者 内田也哉子1995年 - 現在)
著名な家族 長男
内田伽羅(長女)
次男
事務所 メンズアート
主な作品
テレビドラマ
徳川慶喜
今夜ひとりのベッドで
坂の上の雲

映画
ファンシイダンス
シコふんじゃった。
おくりびと

備考
シブがき隊のメンバー

本木 雅弘(もとき まさひろ、1965年12月21日 - )は、日本俳優である。戸籍名・内田 雅弘(うちだ まさひろ、旧姓・本木)。 愛称は「モックン」「すばる」。埼玉県桶川市出身。血液型A型。 身長174cm、体重68kg。

ジャニーズ事務所所属の3人組アイドル「シブがき隊」のメンバー。所属芸能事務所ジャニーズ事務所 → 個人事務所「メンズアート」。

人物・来歴[編集]

1965年、埼玉県桶川市に誕生。この地で15代続く農家の次男(3人男兄弟の2番目)。父が農業高校時代の卒業文集を眺めていてたまたま目に留まった名(雅弘)を命名した。

1981年TBSドラマ『2年B組仙八先生』でデビュー。他に薬丸裕英布川敏和三田寛子も、このドラマでデビューしている。

1982年、アイドルグループ「シブがき隊」のメンバー「モックン」として、布川敏和(フックン)・薬丸裕英(ヤックン)とともに、シングル『NAI・NAI 16』で歌手デビューし、たのきんトリオに続く三人組のトップアイドルに。同期に、小泉今日子堀ちえみ松本伊代三田寛子中森明菜石川秀美新田純一

浦和学院高等学校1年在学中の途中から明治大学付属中野高等学校定時制に編入するが2年の途中で中退した。

1988年シブがき隊を“解隊”後、俳優活動を開始。翌年、『ファンシイダンス』で役に合わせて坊主頭で挑み、映画初出演ながらシブがき隊のイメージを覆す演技を見せた。

1991年篠山紀信撮影によるヘアヌード写真集『white room』を出版する。また1992年、ソロとして初出場した第43回NHK紅白歌合戦(曲は井上陽水カバー「東へ西へ」)で、コンドームを首からぶら下げた衣装や臀部を見せるパフォーマンスをサプライズで行い、物議を醸した。

1995年、現在はエッセイストなどとして活躍する内田也哉子と結婚。本木が海外の映画賞を取材する番組に、内田が通訳として同行していて知り合う。彼女が17歳の時にプロポーズした。婿養子となり、3児をもうけ、そのうち長女の内田伽羅は『奇跡』などの映画に子役として出演しているほかモデルとして活動している[1]。岳父はロックミュージシャン内田裕也、丈母は女優樹木希林。岳父が長年主催している「ニューイヤーロックフェスティバル」には直接・間接的に毎年協力している。

俳優として本格的に活動し、映画『シコふんじゃった。』・大河ドラマ徳川慶喜』など主演した作品がヒットする。

企画を自ら持ち込み、主演も務めた『おくりびと』が2009年アカデミー賞外国語映画賞を受賞している。アカデミー賞のレッドカーペットではインタビューに英語で答えた。この映画での活躍により2009年3月20日埼玉県民栄誉章を受章した。

受賞歴[編集]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

司会[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • 真夏の夜にタンゴ(1991年6月1日)
  • 東へ西へ(1992年5月22日)
  • 最後に涙はみたくない(1992年7月25日)
  • 時の神話(1993年8月25日)
  • グルグル(1996年1月17日)
  • 夏の雪(1997年7月24日)

アルバム[編集]

  • LIZARD -dream after nightmare-(1990年6月25日)
  • WATER DRAGON(1991年2月25日)
  • D+F+M〜東へ西へ(1992年7月25日)
  • BEST 14 TRACKS(1994年1月25日)
  • 月の窓(1996年2月21日)
  • イカルスの恋人〜rambling boat〜(1997年8月8日)
  • 泣かないで〜小さな旅人へ(1999年4月16日)
  • GOLDEN☆BEST(2004年11月25日)

脚注[編集]

  1. ^ 樹木希林「無理やり」初共演 孫・内田伽羅と映画で - MSN産経ニュース 2011年5月6日、2012年12月22日閲覧。
  2. ^ <アカデミー賞×アカデミー賞>の奇跡のコラボ実現!! 本木雅弘さんが初の実写洋画吹き替えに挑戦!”. 映画「ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日」オフィシャルサイト. 2013年1月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]