長谷川博己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
はせがわ ひろき
長谷川 博己
生年月日 1977年3月7日(37歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 183cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 舞台、映画、テレビドラマ
活動期間 2001年 -
活動内容 2001年文学座研究所に入所
2006年:文学座退団
家族 長谷川堯(父)
所属劇団 文学座(2004年 - 2006年)
事務所 ヒラタオフィス
公式サイト 公式サイト
主な作品
セカンドバージン
鈴木先生
家政婦のミタ

長谷川 博己(はせがわ ひろき、1977年3月7日 - )は、日本俳優愛称ハセヒロ[1]東京都出身。ヒラタオフィス所属。

来歴[編集]

中央大学文学部卒業。2001年文学座附属演劇研究所に入所(第41期生)。2002年、TPT『BENT』で初舞台を踏む。2004年4月、研修科を終了し準座員として入座。同年、文学座支持会新人賞(座内賞)受賞。2006年4月、準座員から座員に昇格。同年12月22日付で退座[2]

2007年、芸能事務所フォスターに移籍。2010年ヒラタオフィスに移籍。

2010年放送のNHKドラマ『セカンドバージン』で主演の鈴木京香と不倫に落ちる年下男性を演じ、注目を集める[1]2011年テレビ東京放送の『鈴木先生』で民放テレビドラマ初主演[1]。2011年に日本テレビで放送され高視聴率を記録した『家政婦のミタ』では優柔不断で若年な父親役を演じ、さらに注目を集めた。2012年1月クールにはゴールデンタイムに放送される2本の連続ドラマに掛け持ちで出演した。

趣味はホラー映画鑑賞。『悪魔のいけにえ』や『ドラキュラ』などの古い作品やゾンビものを好んで観ており、それが役者を志したきっかけだという[3]

父親の故郷は島根県松江市である。

出演[編集]

舞台[編集]

★=演出:蜷川幸雄
  • BENT(2002年12月 - 2003年1月) - ルディ 役
  • ゴロヴリョフ家の人々(2003年6・7月) - ヴォローデンカ 役
  • AOI/KOMACHI(2003年11月、2007年3・4月) - 光 役
  • モンテ・クリスト伯(2004年7月) - ベネディット 役
  • 夜からの声(2004年9・10月) - 藤井柾 役
  • マリー・アントワネット(2004年11月)
  • KITCHEN(キッチン)(2005年4月)★ - ケヴィン 役
  • ピロクテーテス(2005年5月)
  • 赤い月(2005年8・9月、2006年5 - 7月) - 氷室啓介 役
  • 皆に伝えよ!ソイレント・グリーンは人肉だと(2006年3・4月) - H 役
  • トーチソング・トリロジー(2006年11・12月) - アラン 役
  • シェイクスピア・ソナタ(2007年8・9月、作・演出:岩松了) - 沢村美介 役
  • カリギュラ(2007年11月)★ - ケレア 役
  • わが魂は輝く水なり-源平北越流誌-(2008年5月)★ - 平維盛 役
  • から騒ぎ(2008年10月) - クローディオ 役
  • 冬物語(2009年1・2月) - フロリゼル 役
  • コースト・オブ・ユートピア(2009年9・10月)★ - ニコライ・スタンケーヴィチ/ニコライ・チェルヌイシェフスキー
  • ヘンリー六世(2010年3・4月) - シャルル 役
  • 黴菌(2010年12月、作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ) - 五斜池銀一郎 役
  • 海辺のカフカ(2012年5月)★ -大島 役

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオドラマ[編集]

  • FMシアターNHK-FM
    • 『はるさんの日記』(2006年1月7日)
    • 『孤島の花』(2010年2月26日)

Web[編集]

  • 記憶の中のミライ(2009年、BeeTV) - 主演・竜崎徹 役

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 茅島奈緒深 (2011年6月4日). “【NEXT BREAKERS】長谷川博己〜舞台育ちの役者魂で衝撃作に挑戦” (日本語). 日経エンタテインメント!. 日経トレンディネット. 2011年6月20日閲覧。
  2. ^ 文学座・アトリエ短信 、「近年の受賞一覧」参照
  3. ^ 男の履歴書 長谷川博己編|インライフ
  4. ^ サンケイスポーツ (2014年7月30日). “『進撃の巨人』の新キャスト発表!長谷川博己はリヴァイ兵長役?”. 2014年7月30日閲覧。
  5. ^ 家庭用燃料電池「エネファーム」の 最新テレビコマーシャルを3月15日(金)から放映開始”. 東京ガス株式会社 (2013年3月14日). 2013年3月21日閲覧。
  6. ^ 2012年エランドール賞 一般社団法人 日本映画テレビプロデューサー協会、2012年1月27日参照。
  7. ^ 島村幸恵 (2012年10月22日). “「家政婦のミタ」がグランプリで5冠! 東京ドラマアウォード2012発表”. シネマトゥデイ. 2012年10月23日閲覧。

外部リンク[編集]