リッツ (クラッカー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リッツクラッカー リッツクラッカー
リッツクラッカー

リッツは、クラッカーのブランド名であり、1934年からナビスコが製造している。アメリカ合衆国外では、子会社のクラフトフーヅが製造している[1]。丸い形で、片面に軽く塩味がついており、縁はぎざぎざになっている。一度に食べると考えられる約5枚あたり、熱量79キロカロリー、タンパク質1g、脂質4gが含まれている。全粒粉のタイプでは、70キロカロリー、脂質は2.5gとなる。

歴史[編集]

リッツは1934年11月21日に初めて販売されたクラッカーである[2]。発売元のナビスコによると、富や魅力のイメージを呼び起こすため、ザ・リッツ・カールトンにちなんで名付けられたとされる[3]

アメリカ合衆国[編集]

販売されているリッツのタイプには、通常、低塩、低脂肪、全粒粉、シナモン味等がある[4]

アメリカ合衆国とカナダでは、2枚の小型のリッツの間に様々なフィリングを挟んだリッツ・ビッツ・サンドイッチが売られている。フィリングには、チーズ、ピーナツバタースモア等がある。1990年代初めと2000年代初めには、ピザ味が売られていた。プレーンのリッツ・ビッツも売られている。また、こんがりと焼いたリッツ・トースティド・チップスや細長いリッツ・スティックスも販売されている。

カナダ[編集]

カナダでも、通常、低塩、低脂肪、全粒粉、チェダー等、様々な味のリッツやリッツ・ビッツ・サンドイッチを入手することができる。

日本[編集]

日本では、ヤマザキナビスコの創業第1号の商品として1971年から販売が開始された。チーズサンドリッツとカスタードサンドリッツも販売されている。また、阪神大震災後に保存食として注目が集まったことから、5年間保存可能なLサイズとSサイズの缶入りも販売されている。

脚注[編集]

  1. ^ Bowers, Simon (2006年7月11日). “Shake-up in ownership of food brands”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/food/Story/0,,1817629,00.html 2010年5月22日閲覧。 
  2. ^ Olver, Lynne. “Research: Ritz Crackers”. 2009年5月2日閲覧。
  3. ^ 日本のヤマザキナビスコによると、「上品な」、「高級な」という意味の英単語ritzyに由来するとされている。
  4. ^ RITZ IT UP! - NabiscoWorld

外部リンク[編集]