セカンドバージン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セカンドバージン
ジャンル テレビドラマ
放送時間 火曜日22:00 - 22:48(NHK総合)
金曜日18:00 - 18:48(BSハイビジョン)
(48分)
放送期間 2010年10月12日 - 12月14日(10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
演出 黒崎博
柳川強
脚本 大石静
出演者 鈴木京香
深田恭子
長谷川博己
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
エンディング 倖田來未あなただけが
外部リンク セカンドバージン
テンプレートを表示

セカンドバージン』とは、NHK総合テレビジョンNHKデジタル衛星ハイビジョンドラマ102010年10月12日から12月14日まで放送されたテレビドラマ。主演は鈴木京香

2011年には映画化決定がアナウンスされた[1]

概要[編集]

本作は基本的に5-6回程度の中編が多い「ドラマ10」(2010年度版)のシリーズで初めての1クールの長編もの(10回)である。

鈴木京香扮する出版プロデューサーの女性と、既に妻(深田恭子)を持つ17歳年下の男性(長谷川博己)との危険な不倫愛を描くというもので、清純女優として名高い鈴木、深田がNHKのドラマで過激なベッドシーンを展開することでも注目を集めた(実際には深田には具体的なベッドシーンは用意されなかった)。

放送時間[編集]

  • NHK総合 火曜日22:00 - 22:48(JST)
  • BSハイビジョン 金曜日18:00 - 18:48(JST、3日遅れ)
  • 2010年10月17日(日曜日)、NHK総合で、17:00 - 17:48(JST)に初回を再放送。同11月2日(火曜日。11月1日月曜深夜)0:15-1:05にも第3回を再放送した(本来この時間はNHKスペシャルの再放送の枠であった。理由不明)

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

主要人物[編集]

中村 るい
演 - 鈴木京香
新海社専務。出版業界の辣腕プロデューサー。20年前に離婚を経験しており、それ以来恋愛をせずに生きてきたが、ひょんなことから行と恋に落ちてしまう。就職活動をせず、金を無心する1人息子がいる。行の出所後、行と一緒に生活するが突然彼に去られてしまう。その2年後となる最終回、取材で訪れていたシンガポールで行と再会するが、彼の最期を看取る事となった。帰国して1年後、社長である向井から社長の座を譲られ、新社長に就任する。直後に起こった大手取次会社の倒産で会社が経営難に陥ってしまうが、辣腕を発揮しながら、眞垣や秋夫、挙句には万里江にまで頭を下げ続ける屈辱を乗り越え、新海社を元の軌道に戻した。
鈴木 万理江
演 - 深田恭子
行の妻。素麺会社長の娘。世間知らずのお嬢様(ただし、一人っ子ではなく兄がいる)。両親から甘やかされて育てられたこともあり、結婚後もわがままな性格でちょっとしたことで感情的になっては「死んでやる!」などと言っては、行との狭い世界を行き来していた。行を愛していたが、るいと不倫をしていることを知り、2人へ陰湿な嫌がらせ(るいの勤務先に、るいの写真に傷をつけたものを送りつける、2人の不倫を週刊誌に掲載、るいのペットを誘拐する等)を繰り返し、ついには行を悪質金融商法の疑いで警察に売る。行が拘置所にいるすきに長崎の実家へ戻り、ペット用自然食品事業を始める。最終回では行がシンガポールで殺害された事を聞かされるものの、現地での遺体引き取りを拒否し、遺骨をるいに持ち帰らせた。そして遺骨を半ば強引に引き取って葬儀を行うが、それはあくまで表面上であって、本心では行の事を完全に見捨てた。るいの依頼により『夫の飯よりペットのご飯』を執筆。この本の中でこれまでの怨みをぶちまけ、前へ踏み出すことに。
鈴木 行(すずき こう)
演 - 長谷川博己
金融庁の若手キャリア官僚、その後証券会社を立ち上げる。新海社から依頼されて金融についての本を出版してヒットさせ、マスメディアにも取り上げられるなど『金融王子』の異名を持つ。しかし、違法すれすれのM&Aをして逮捕され、執行猶予がつく。最終回、潜伏先のシンガポールでるいと再会するが、チャイニーズ・マフィアの銃弾で致命傷を受け、るいに看取られながら死亡する。遺骨は一時、万理江が葬儀のために半ば強引に引き取り、葬儀後、るいに返還されかけるが、るいが拒否したために最終的に万理江が(あからさまに不満をもらしながら)引き取っている。

るいの関係者[編集]

中村 亮
演 - 綾野剛
るいの息子。子供の頃に両親が離婚してるいに反発しているが、同時に愛情に飢えている。就職活動を全くせず、身体にタトゥーを入れ、親の脛を齧る生活を送っていた。最終回で配送会社に正社員として就職し、独り暮らしをしている事、そしてタトゥーを消した事を母に伝え、驚かせる。行が亡くなった事を聞かされ驚くが「男を見つけろ。その方が俺も安心だ」と母を励ました。
愛子
演 - YOU
亮の年上の恋人。るいと出会った当初は、亮よりかなり年上の彼女ということで、るいからよそよそしい態度を取られていた。しかし、るいとは同世代ということもあり、程なくして仲良くなり、恋愛についてアドバイスをしたりお互いの家で泊まる間柄となる。若い頃はバンドのボーカルをやっていて、その後スナックを経営。家庭的な料理が得意。

新海社[編集]

向井 肇
演 - 段田安則
新海社社長。るいを信頼して仕事を任す。るいが鈴木との不倫が世間を騒がせた時も味方となり、彼女を励まし支えた。最終回、るいに社長の座を譲って引退する。引退後、恋人である児玉と共にレストランを開き、新たな人生を歩む。
小岩井 加奈
演 - 森脇英理子
新海社社員。向井社長の秘書。
山田 梨恵
演 - 田丸麻紀
新海社編集者。るいの部下。行の担当編集者。
坂口 貴浩
演 - 橋本一郎
新海社編集者。るいの部下。
工藤 渚
演 - 小野かおり
新海社編集者。るいの部下。
井川
演 - 佐戸井けん太
新海社総務部長。るいの新たな上司。

鈴木行の仕事関係など[編集]

高城
演 - 井上浩
金融庁課長。鈴木の元上司。
那須田
演 - 北見敏之
金融庁局長。鈴木の元上司。
柏木
演 - やべけんじ
行の友人でもある弁護士。
東京地検・検事
演 - 吉見一豊
行を取り調べる担当検事。
東京地裁・判事
演 - 朱源実
行を審理する担当裁判官。
若森会長
演 - 宝田明
行が合併を勧めるコモン証券の会長。

その他[編集]

三沢 賢吉
演 - 石田太郎
万理江の父。一見強面だが、娘の万理江には甘く、娘のやることに強く否定できない性格。
三沢 文江
演 - 朝加真由美
万理江の母。裕福な生活をしていることもあり、おっとりした性格。ただし母親として娘の幸せを願っていて、万理江と行の微妙な関係に気づくと「別れて新しい人見つけて再婚した方がいい」としっかり言うこともある。
那須田 由紀子
演 - 山村美智
那須田局長の妻。
向井 陽子
演 - 石井めぐみ
向井社長の妻。
児玉 琢己
演 - 小木茂光
レストランBARの店主。向井社長の友人(実は恋人)。
秋夫・ウィリアム・ターナー
演 - 布施明
新進気鋭の作家。医者でもある。実は、るいに好意を持っている。
眞垣 秀月
演 - 草笛光子
文壇の重鎮である女流作家。新海社の設立時にるいと向井の熱意と心意気に惚れ込んで新海社に作品を提供。及び他の作家にも新海社のために作品を書いてくれるよう口添えしたことで、有名作家がこぞって新海社から本を出版させ、新海社にとって大恩人な存在。ちなみに「新海社」という社名をつけたのも秀月。しかし、突如全作品を引き上げると表明、新海社を危機に陥れる。口癖は「ずうずうしい女(男)や!」。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各回 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1回 2010年10月12日 不実な指 黒崎博 05.5%
第2回 2010年10月19日 キスして 07.3%
第3回 2010年10月26日 正直な体 08.6%
第4回 2010年11月02日 二番目の女 07.8%
第5回 2010年11月09日 愚かな女 08.3%
第6回 2010年11月16日 うずく背中 柳川強 09.4%
第7回 2010年11月23日 のぞかれた夜 08.3%
第8回 2010年11月30日 愛しているのは私 08.2%
第9回 2010年12月07日 最後の一夜 11.0%
最終回 2010年12月14日 誇り高き女達 11.5%
平均視聴率 8.6%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)
  • 初回視聴率は同枠では過去最低のスタートとなったが、回を追うごとに上昇していき、第9回では同枠初の2桁台、最終回では同枠の最高視聴率を記録した。

映画[編集]

セカンドバージン
監督 黒崎博
脚本 大石静
製作 中沢敏明
軽部淳
プロデューサー
青木信也
佐倉寛二郎
製作総指揮 松本寿子
厨子健介
池田史嗣
出演者 鈴木京香
長谷川博己
田丸麻紀
天野義久
ヌル・エルフィラ・ロイ
橋本一郎
北見敏之
深田恭子
音楽 めいなCo.
主題歌 倖田來未愛を止めないで
撮影 笠松則通
編集 森下博昭
製作会社 映画「セカンドバージン」製作委員会NHKエンタープライズ
セディックインターナショナル
配給 松竹
公開 日本の旗 2011年9月23日
上映時間 105分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2011年9月23日に全国松竹系で公開された。ドラマの続編であり、ドラマから5年後のマレーシアの首都クアラルンプールを舞台にドラマでは描かれなかった衝撃の事実が新たに描かれる[2]。主要キャストの鈴木京香、長谷川博己、深田恭子がドラマに引き続き出演する[3]。監督はドラマ版では演出を担当した黒崎博[3]。脚本はドラマ版の脚本に引き続き、大石静が務める[3]

キャッチコピーは「大人の恋は終わらない。」。

6月初旬にマレーシアと関東近郊で撮影が開始され、7月中旬にクランクアップした[2]。新海社編集部のシーンは幻冬舎でロケが行われた[4]

全国225スクリーンで公開され、2011年9月23から25日の初日3日間で興収8,723万8,600円、動員6万9,791人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第7位となった[5]。公開第3週目で、累計興収3.2億円を突破[6]

キャスト(映画)[編集]

スタッフ(映画)[編集]

主題歌[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]

NHK ドラマ10
前番組 番組名 次番組
10年先も君に恋して
(2010.8.31 - 2010.10.5)
セカンドバージン
(2010.10.12 - 2010.12.14)
フェイク 京都美術事件絵巻
(2011.1.4 - 2011.2.8)