波瑠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
はる
波瑠
生年月日 1991年6月17日(23歳)
出生地 日本の旗 日本東京都足立区[1]
身長 164cm[2]
血液型 O型[3]
職業 女優ファッションモデル
ジャンル 映画テレビドラマCM
活動期間 2004年
事務所 ホリエージェンシー
主な作品
映画

恋空
女の子ものがたり
マリア様がみてる
アゲイン 28年目の甲子園
流れ星が消えないうちに


テレビドラマ
14才の母
書店員ミチルの身の上話
救命病棟24時
いねむり先生
BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係
おそろし〜三島屋変調百物語


CM
NTTdocomoBOOKストア
森永製菓DARS
マイナビ マイナビ看護師
日本郵便 2015年用お年玉付き年賀はがき

波瑠(はる、1991年6月17日[3] - )は、日本女優タレントファッションモデル東京都出身[3][2]ホリ・エージェンシー所属[2]

来歴[編集]

2004年、中学1年生の時にプロモーションビデオのオーディションに応募し、その時にスカウトされ芸能界入り。しかし、最初の数年は、全く仕事がなかったと振り返っている。[3]

2006年、『対岸の彼女』(WOWOW)でデビュー[3]

2007年よりファッション雑誌『セブンティーン』の専属モデルとして活動[3]。同誌では“南 波瑠”名義を使用している。
映画『檸檬のころ』に吉井薫役で出演。役作りのために独学でギターを覚えた。[4]

2008年3月よりモバゲーのブログを開始。
シングル『I miss you/MESSAGE〜明日の僕へ〜』でCDデビュー。
ドラマ『スミレ16歳!!』では極道一家の娘役を演じた。
また、映画版『恋空』に続き、ドラマ版『恋空』にも主要キャストで出演。
さらにセブンティーン13号にて佐藤ありさと二人で初表紙を飾った。

2009年、映画『山形スクリーム』に波来前胸恵役で出演し、[5]チェーンソーを使った迫力あるアクションシーンを熱演[6]
また、自身が演じた作品のなかで1番記憶に残っているという『女の子ものがたり』にも出演。(詳しく人物欄参照)

2010年、『マリア様がみてる』で映画初主演。

2011年に放送されたスペシャルドラマ『ヤングブラックジャック』では、化膿レンサ球菌によって臓器が壊死してしまう難病を患った八坂渚を演じた。

2012年、ドラマ『スイッチガール!!』1期に城ヶ崎麗香役で出演。体を張るシーンも演じている。
同年4月20日発売の『non-no』2012年6月号より専属モデルとして活動。この時にはすでに、それまでのロングヘアーからショートヘアーになっている。
同年5月より現在の公式ブログを開設。 同年同月からNTTdocomoBOOKストアのCMに新人の村松役として出演。
ドラマ『結婚同窓会』では夫からDVを受けている役を演じた。
また、non-no2012年9月号では、『結婚同窓会』で共演した大政絢佐藤ありさと共にnon-no初表紙。
さらに、ゲスト出演した『ピロートーク〜ベッドの思惑〜 』では、学生時代から背が高いことで女の子らしい洋服が似合わず「おとこ女」と馬鹿にされた過去を持ち、男性として振る舞っていくと決心した葵役を演じた。

2013年4月から2014年3月まで『A-Studio』のアシスタントを担当。
映画『みなさん、さようなら』では、「すっぴんの方が幼く見える」という理由から、完全すっぴんでの出演シーンがある。
同年9月に放送されたドラマスペシャル『いねむり先生』では、故夏目雅子さんにあたるマサコ役を演じた。
22歳で出演したドラマ『ノーコン・キッド〜ぼくらのゲーム史〜』では、自身が演じた高野文美の15歳から45歳までを1人で演じた。
さらに、non-no2013年12月号でnon-no単独初表紙。

2014年、『金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件』では犯人の濱秋子役を、『BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係』では男性陣ばかりの現場で、男社会でも引けを取らない比嘉ミカ役を演じている。
映画『GODZILLA ゴジラ』で吹き替え初挑戦。感想で「素人がやったなって感じです。」と述べており、満足のいく仕事ができなかった様子が伺える。[7]
おそろし〜三島屋変調百物語』でドラマ初主演。
がじまる食堂の恋』で映画単独初主演。

2015年、新春ワイド時代劇『大江戸捜査網2015~隠密同心、悪を斬る!』で花魁姿を披露。
マスターズ甲子園を舞台とした映画『アゲイン 28年目の甲子園』に、ボランティアでそのマスターズ甲子園の事務局に勤める戸沢美枝役で出演。役作りのために実際のマスターズ甲子園を観戦し、ボランティアスタッフの仕事も見させてもらっている。

人物[編集]

趣味は絵を描くこと[8]、映画鑑賞[3]読書 [9]、音楽を聴くこと[10]散歩 [9]料理[3]ドライブ[2]、人間観察[11]、など。

特技は陸上走高跳[3]ギター[3]、キーボードの早打ちなど[11]

漢字検定2級の資格を持っている[9]

高校は芸能コース等はない女子校に通っていた。[12]

周りからは、「サバサバしていて男っぽい」と言われることが多い[13]

人見知りで友達が全然いないと関ジャニ∞のジャニ勉に出演した際に語っている[14]

日本舞踊ごっこ[15]やカニの着ぐるみを被っている写真をブログにアップするなど、お茶目な一面がある[16]
他にもブタ鼻をしている写真[17][18]やつけ鼻とつけ髭をしている写真[19]などもブログにアップしている。

2015年1月に出演しためざましテレビに出演した際に、芦田愛菜さんのモノマネをするやしろ優さんのモノマネを披露している[20]

好きな色は白[3]

座右の銘は、「一視同仁[2]

仕事等がない限り夜12時前には寝る[9]。寝るときはパジャマ派[9]。メイクは必ず落としてから寝る[9]。また、仕事以外ではほとんどメイクはしない[9]

寝る前と朝起きたら必ず夏でも白湯を飲む[14]。 他にも、いくつかの健康法を実践しており、冷えとり健康法に基づいた靴下4枚重ねや肩甲骨の健康法を行っている。[21]

プライベートではヒールよりもスニーカーを履くことが多い。自身のブログでは『ぺたんこ靴』と読んでいる[22]

子供の頃は野菜は食べすにお肉と卵ばかり食べていた。しかし、ブロッコリー好きの友達ができた影響でブロッコリーをスチームして食べるのにはまっている[23]

文房具カフェにはまっていて、[24]。2014年の3月には山本美月と一緒に文房具カフェに行った様子をブログにアップしている[25]

台本を読む以外に、現場の待ち時間では、本を読むか刺し子をすることが多く[24]、移動中は音楽を聴くことが多い[10]

2004年、中学1年生のときに芸能界入りして以降、女優・モデル・歌手と幅広く活動しているが、女優としてのスタートが1番早いため、演技は他の活動よりも、より一層本気で取り組んでいる[26]

出演する作品によって、印象や表情が大きく変わるため自身だと気づかれないことも多い[27]

撮影現場には常にひとりで出向いていて、「うちの事務所は現場にマネジャーは来ませんから。でも、鍛えられましたね。どうやってスタッフや出演者とコミュニケーションをとるのか、勉強になりました。」と語っている[1]

2009年の映画『女の子ものがたり』の撮影時のことは、女優という自覚も演技力もまだまだで、「全然できなかったんです、お芝居が。自分のレベルが低すぎて、監督から求められていることに応えられない。今までこのレベルで許されていただけなんだ、と悟りました。」と振り返っている[1]

高校卒業後、女優活動に専念できる環境になったが、一時的に仕事がない状態となる。何か資格を取ろうかと悩んだが、逃げ道を作ったらダメと考え、お芝居の勉強も兼ねて月に30本映画を見るようになった[1]

どういう女優になりたいかを問われると、「ブレイクしたいとはあまり思っていないんです。長く女優を続けたいですね。」や「主演にはこだわってないんですよ。 最年少や何かの史上初達成、派手な記録にも興味がありません。パッと出て一瞬だけ騒がれるよりも、目立たないけどずっと映画界にいるような存在がいいですね。」など、一貫して女優を長く続けたいと答えている[1]

いじめっ子役や不良役、端役からヒロインまで、様々な役を演じていることからも分かる通り、役に好き嫌いはなく、幅広い役柄を演じたい気持ちを持っている。[1]。そのため、これまでに出演した作品数はかなり多い。(詳しくは出演欄参照)

お気に入りの漫画は、『めぞん一刻』、『テラフォーマーズ』、『ぼくの地球を守って』、『ボクを包む月の光』、『ひるなかの流星』など[28]

お気に入りの映画は、『愛のむきだし』、『アヒルと鴨のコインロッカー』、『転々』、『ニライカナイからの手紙』、『バタフライ・エフェクト』、『ルビー・スパークス』、『エターナル・サンシャイン』などで、他にも数多くある[28]

好きなアーティストは、ELLEGARDENthe HIATUSBUMP OF CHICKENTHE BACK HORNフロー・ライダーイーダ・マリアなど[10][28]

ゲームが好きで、キングダム ハーツ シリーズの大ファンで、全シリーズやったことがある[29]

出演[編集]

映画[編集]

吹替・劇場版アニメ[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

webドラマ[編集]

CM[編集]

広告[編集]

PV[編集]

雑誌[編集]

その他[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • I miss you/MESSAGE〜明日の僕へ〜(2008年4月16日) - 『神さまぁ〜ずET(TBS)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 【波瑠】月30本映画鑑賞で刺激「毒を持ってる人を演じたい」 2014.09.19 ZAKZAK
  2. ^ a b c d e http://www.horiagency.co.jp/web_data/talentfiles/haru_1.html
  3. ^ a b c d e f g h i j k BIOGRAPHY - 波瑠 UNIVERSAL MUSIC JAPAN
  4. ^ Template:Http://www.fender.jp/artist/detail.php?aid=fa 0279
  5. ^ http://yaplog.jp/yamagatascream/archive/80
  6. ^ 波瑠- 出演映画 -「山形スクリーム」”. TVnaviWEB. 2015年2月15日閲覧。
  7. ^ Template:Http://mdpr.jp/cinema/detail/1388639
  8. ^ http://movie.walkerplus.com/mv36547/
  9. ^ a b c d e f g ノンノモデルズプロフィール 波瑠Part2「Q&A編」”. non-no (2013年4月9日). 2015年2月8日閲覧。
  10. ^ a b c Template:Http://www.fender.jp/artist/detail.php?aid=fa 0279
  11. ^ a b Template:Http://dimora.jp/talent-info/26/62673/?areaId=03
  12. ^ 波瑠、女子校のリアルな実態に共感「あ~いるいる」 2014-10-03 16:21:58 モデルプレス
  13. ^ Template:Http://www.oricon.co.jp/special/777/
  14. ^ a b 2015年1月15日(木)「関ジャニ∞のジャニ勉」”. gooテレビ (2015年1月15日). 2015年2月8日閲覧。
  15. ^ 今日は第3話!”. 波瑠オフィシャルブログ (2012年8月3日). 2015年2月8日閲覧。
  16. ^ ちょっきん。”. 波瑠オフィシャルブログ (2012年6月10日). 2015年2月8日閲覧。
  17. ^ Template:Http://ameblo.jp/horiagency-haru/entry-11262289193.html
  18. ^ Template:Http://ameblo.jp/horiagency-haru/entry-11288089522.html
  19. ^ Template:Http://ameblo.jp/horiagency-haru/entry-11446452072.html
  20. ^ {[http://www.fujitv.co.jp/ap2/resp/MbRead?code=814000025&url=http%3A%2F%2Fwww.fujitv.co.jp%2Fap2%2Fb_hp%2FMbasic%3Fbcd%3D814000025%26url%3D%2Ftimetable%2FMdaily%3FtimeZone%3Dn}}
  21. ^ 2015年1月15日(木)「関ジャニ∞のジャニ勉」”. gooテレビ (2015年1月15日). 2015年2月8日閲覧。
  22. ^ お花のわんぴーす。”. 波瑠オフィシャルブログ (2012年6月6日). 2015年2月8日閲覧。
  23. ^ 「non・no」モデルの美貌をタモリが絶賛「肌がつやつやで綺麗」”. モデルプレス (2013年6月20日). 2015年2月8日閲覧。
  24. ^ a b TVでた蔵『2014年9月13日放送 メレンゲの気持ち』”. ワイヤーアクション (2014年9月13日). 2015年2月8日閲覧。
  25. ^ 実はね。”. 波瑠オフィシャルブログ (2014年3月8日). 2015年2月8日閲覧。
  26. ^ Template:Http://mdpr.jp/news/detail/1178651
  27. ^ Template:Http://news.livedoor.com/article/detail/9574772/
  28. ^ a b c Answer 音楽、映画、etc.”. 波瑠オフィシャルブログ (2012年5月26日). 2015年2月8日閲覧。
  29. ^ 波瑠はゲーマーだった!?『キングダムハーツ』シリーズにハマリまくり”. マイナビニュース (2013年10月4日). 2015年2月8日閲覧。
  30. ^ ショートムービー 第4回TSSショートムービーフェスティバル受賞作品 / 第3回逗子湘南ロケーション映画祭出品
  31. ^ コミックナタリー (2013年3月26日). “映画「潔く柔く」清正役は古川雄輝、愛実役は池脇千鶴”. 2013年3月30日閲覧。
  32. ^ 琉球新報 (2014年1月22日). “名護活性化映画 主演に波瑠、小柳さん”. 2014年3月25日閲覧。
  33. ^ 映画.com (2014年3月27日). “波瑠主演×大谷健太郎監督、沖縄県名護市舞台の「がじまる食堂の恋」9月公開”. 2014年3月27日閲覧。
  34. ^ eo映画 (2014年3月27日). “「街づくり」と「映画製作」が一体化した全国初の試み!名護を舞台に贈る、甘く切ないラブストーリー『がじまる食堂の恋』9月公開決定”. 2014年3月27日閲覧。
  35. ^ シネマトゥデイ (2013年11月9日). “「とんび」重松清の新作「アゲイン」、中井貴一×波瑠で映画化!”. 2013年11月27日閲覧。
  36. ^ マイナビニュース (2013年11月9日). “中井貴一、甲子園再挑戦で主演! ヒロイン役は波瑠 - 映画『アゲイン』”. 2013年11月27日閲覧。
  37. ^ 映画.com (2014年12月9日). “波瑠主演!人気恋愛小説「流れ星が消えないうちに」を映画化”. 2014年12月17日閲覧。
  38. ^ 映画.com (2014年6月25日). “波瑠「GODZILLA」日本語吹き替え版声優でヒロインに!”. 2014年6月26日閲覧。
  39. ^ オリコンスタイル (2013年12月18日). “テレビ史上初! 視聴者参加型マッチング番組がイブに放送”. 2013年12月27日閲覧。
  40. ^ webザテレビジョン (2014年8月21日). ““本当は話すのが下手”波瑠が「おそろし」で時代劇初挑戦でドラマ初主演!”. 2014年8月23日閲覧。
  41. ^ web ザ テレビジョン (2014年10月30日). “「大江戸捜査網」追加キャストに波瑠らが決定!”. 2014年11月15日閲覧。
  42. ^ モデルプレス (2013年3月26日). “本田翼からバトンタッチ 「A-studio」新MCもショートカット美女”. 2013年3月30日閲覧。
  43. ^ 三陽商会 NEWS (2013年5月13日). “企業メッセージ ショートムービー「100年コートのつくり方」第3話 配信開始。”. 2013年10月9日閲覧。
  44. ^ Fashionsnap.com news (2013年4月19日). “三陽商会「100年コート」制作 全4話のショートムービー公開”. 2013年10月9日閲覧。
  45. ^ 毎日新聞デジタル (2013年10月1日). “波瑠:全12本の連続ウェブムービーで“恋する乙女””. 2013年10月3日閲覧。
  46. ^ モデルプレス (2012年5月14日). “注目のショートカット美女、ずば抜けた演技力で「ドコモ」CM抜擢”. 2013年3月30日閲覧。
  47. ^ オートバックスセブン ニュース (2011年9月15日). “〜タイヤのことならオートバックス〜オートバックスのタイヤ販売の信頼・安心感を訴求する新テレビコマーシャル放映開始〜俳優『上川隆也』さん、モデル『波瑠』さん出演〜”. 2013年3月30日閲覧。
  48. ^ ニベアSUN
  49. ^ 共同通信 PRワイヤー (2013年10月1日). “森永製菓 『ダース』の新イメージキャラクター波瑠さん主演で送る「ダース 12つぶの物語」篇”. 2013年10月3日閲覧。
  50. ^ サンケイスポーツ (2014年10月30日). “波瑠、赤い振り袖姿で年賀はがき販売開始をPR「年賀状は手書きで書きたい」”. 2013年11月15日閲覧。
  51. ^ 日本損害保険協会 ニュースリリース (2013年2月28日). “2012年度自賠責保険広報活動を実施 波瑠(はる)さんが自賠責保険制度の認知・理解促進を呼びかけ”. 2013年3月30日閲覧。
  52. ^ ORICON CS RANKING (2013年2月28日). “「自賠責保険、忘れないでね」波瑠、同世代にアピール”. 2013年3月30日閲覧。
  53. ^ Shoes Post (2013年7月12日). “アシックス ASICS33のプローモーションアンバサダーに波瑠さん起用”. 2014年8月23日閲覧。
  54. ^ 音楽ナタリー (2014年9月1日). “indigo la End、「瞳に映らない」ジャケに波瑠”. 2014年9月9日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ 本放送前のPilot版に出演。
  2. ^ ケータイ音楽ドラマ。
  3. ^ 共演者:岡田将生
  4. ^ グラフィックスチール。
  5. ^ コンピレーションCD。イメージ・キャラクター。
  6. ^ ジャケット写真のみの出演。
  7. ^ 有末麻祐子‎水沢エレナの3人でワンデーパーソナリティ。

外部リンク[編集]