井原正巳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
井原 正巳 Football pictogram.svg
名前
愛称 アジアの壁
カタカナ イハラ マサミ
ラテン文字 IHARA Masami
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1967年9月18日(47歳)[1]
出身地 滋賀県甲賀市[1]
身長 182cm
体重 72kg
選手情報
ポジション DF
利き足 右足
ユース
1983-1985 滋賀県立守山高校
1986-1989 筑波大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1990-1992 日産自動車 44 (2)
1990-1999 横浜マリノス / 横浜F・マリノス 271 (3)
2000 ジュビロ磐田 23 (1)
2001-2002 浦和レッドダイヤモンズ 73 (2)
代表歴
1988-1999[2] 日本の旗 日本 122 (5)
監督歴
2009, 2013 柏レイソル (代行)
2015- アビスパ福岡
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

井原 正巳(いはら まさみ、1967年9月18日 - )は、滋賀県甲賀郡水口町(現甲賀市)出身の元サッカー選手サッカー指導者1990年代日本サッカー界を代表するディフェンダー(DF)で「アジアの壁」と称され、1998 FIFAワールドカップにも出場した。家族は妻(1993年結婚)、第1子(男子、2006年出生)、愛犬(ゴールデン・レトリバー)。

サッカー日本代表のA代表CAP数122は歴代2位である[3]

来歴[編集]

選手として[編集]

水口町立貴生川小学校(現:甲賀市立貴生川小学校)でサッカーを始め、滋賀県立守山高等学校時代はフォワードであった。高校卒業後は筑波大学へ進学して蹴球部に所属。大学1年時に当時のユース代表監督であった松本育夫の勧めでディフェンダーに転向した。高校時代の経験が、後の「日本のリベロ」の下地を作ったといわれる。大学2年時に初めて日本代表に選出された。

大学時代、当時ディフェンダーだった中山雅史とセンターバックでコンビを組んでいた。二人はユース代表でもセンターバックを務め、アルバイトも同じ所でするなど公私共に仲が良かった。 大学卒業後は日産自動車サッカー部(現:横浜F・マリノス)に入部、一時はボランチも経験したが、ディフェンダーとしてプレーし、1993年Jリーグ開幕節 (5月15日) のヴェルディ川崎戦にも出場した。

Jリーグのオウンゴール第1号を記録した[4]

ワールドカップへの挑戦は3回。1990 FIFAワールドカップ・アジア予選に始まり、1994 FIFAワールドカップ・アジア予選ではあと一歩のところでW杯出場権を逃す「ドーハの悲劇」を経験。1998 FIFAワールドカップ・アジア予選イラン代表との第3代表決定戦を制し、日本のW杯初出場へ導いた。

前身の日産時代から10シーズンをマリノスでプレーし「ミスターマリノス」とまで言われたが、現役選手としての活動にこだわり横浜FMの世代交代策によるコーチ就任要請を蹴って、2000年にジュビロ磐田へ移籍。更に2001年からは浦和レッドダイヤモンズにも在籍した。同年行われた2002年W杯1次リーグの組み合わせ抽選会ではアジア代表としてドロワーを務めているが、この時「ミッドフィールダー」と紹介された。

2002年、チームメイトの福田正博と共に現役を引退した。Jリーグ通算297試合、5得点。

引退後[編集]

引退後はNHKサッカー解説、TBSラジオ番組『スポーツBOMBER!』パーソナリティー(2003年度から下半期・木曜日担当)、日本サッカー協会認定のJFAアンバサダーびわこ成蹊スポーツ大学客員教授、公共広告機構(現:ACジャパン)・骨髄バンクCMなど各方面で活躍するかたわら、S級ライセンスを取得し指導者の道を歩んでいる。日本各地の少年サッカー教室に参加するなどサッカーの普及にも力を注いでいる。2005年には洪明甫と共に日韓親善大使に選ばれた。2006年4月にJFA 公認S級コーチのライセンスを取得した[1]

2009年2月、柏レイソルのヘッドコーチに就任[1]。同年7月、監督の高橋真一郎が解任され、後任監督が決定するまでの代行監督を務めた。2013年にはシーズン中に監督の辞意を表明したネルシーニョに代わって天皇杯の1試合指揮をとった(その後ネルシーニョは辞意を撤回)。2014年限りで柏との契約を満了し退任。

2015年よりアビスパ福岡の監督を務める[5]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1990-91 日産 4 JSL1部 22 2 4 0
1991-92 22 0 3 0
1992 横浜M - J - 8 0 5 0 13 0
1993 - 32 0 0 0 1 0 33 0
1994 - 41 1 2 0 4 0 47 1
1995 - 47 1 - 2 0 49 1
1996 - 29 1 13 0 1 0 43 1
1997 4 22 0 0 0 2 0 24 0
1998 27 0 0 0 1 0 28 0
1999 横浜FM J1 25 0 6 0 3 0 34 0
2000 磐田 20 1 3 0 0 0 23 1
2001 浦和 3 26 1 6 0 4 0 36 1
2002 28 0 9 1 0 0 37 1
通算 日本 J1 297 5 47 1 23 0 367 6
日本 JSL1部 44 2 7 0 10 2 61 4
総通算 341 7 54 1 33 2 428 10

その他の公式戦

背番号[編集]

個人タイトル[編集]

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

   イングランド代表戦(アンブロカップ)

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 122試合(全試合先発出場) 5得点(1988-1999)[2]


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
1988 5 0
1989 11 0
1990 6 0
1991 2 0
1992 11 0
1993 15 2
1994 9 1
1995 16 1
1996 13 0
1997 21 1
1998 10 0
1999 3 0
通算 122 5

得点数[編集]

# 年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要
1 1993年5月5日 アラブ首長国連邦ドバイ スリランカの旗 スリランカ 6-0 勝利 1994 FIFAワールドカップ・アジア予選
2
3 1994年10月11日 日本広島市 韓国の旗 韓国 2-3 敗戦 アジア競技大会
4 1995年6月3日 イングランドロンドン イングランドの旗 イングランド 1-2 敗戦 アンブロ・カップ
5 1997年11月8日 日本、東京 カザフスタンの旗 カザフスタン 5-1 勝利 1998 FIFAワールドカップ・アジア予選

指導歴[編集]

  • 2006年8月 - 2008年8月  U-23日本代表 アシスタントコーチ
  • 2009年 - 2014年12月 日本の旗 柏レイソル ヘッドコーチ
    • 2009年7月・2013年9月 監督代行
  • 2015年 - 日本の旗 アビスパ福岡 監督

監督成績[編集]

年度 クラブ 所属 リーグ戦 カップ戦
順位 勝点 試合 ナビスコ杯 天皇杯
2009 J1 - 1 2 0 1 1 - -
2015 福岡 J2 -
  • 2009年は代行。

出演[編集]

CM[編集]

テレビ番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i PROFILE”. 井原正巳オフィシャルサイト. 2014年11月2日閲覧。
  2. ^ a b 井原 正巳”. サッカー日本代表データベース. 2014年8月26日閲覧。
  3. ^ 個人記録”. サッカー日本代表データベース. 2014年8月26日閲覧。
  4. ^ No.112 オウンゴールは不名誉ではない”. サッカーの話をしよう 大住良之オフィシャルアーカイブサイト (1995年8月1日). 2014年8月26日閲覧。
  5. ^ 井原 正巳 氏 監督就任のお知らせ アビスパ福岡 (2014年12月15日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]