林真理子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
林 真理子
(はやし まりこ)
誕生 1954年4月1日(60歳)
日本の旗 日本山梨県山梨市
職業 小説家エッセイスト
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士芸術
最終学歴 日本大学藝術学部文芸学科
活動期間 1982年
ジャンル 小説随筆
代表作 『ルンルンを買っておうちに帰ろう』(1982年)
『最終便に間に合えば』(1985年)
不機嫌な果実』(1996年)
主な受賞歴 直木三十五賞(1986年)
柴田錬三郎賞(1995年)
吉川英治文学賞(1998年)
島清恋愛文学賞(2013年)
処女作 『ルンルンを買っておうちに帰ろう』(1982年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

林 真理子(はやし まりこ、1954年4月1日[1] - )は、日本小説家エッセイストである。本名、東郷 眞理子(とうごう まりこ)。有限会社林真理子企画事務所代表取締役

人物[編集]

山梨県山梨市出身。山梨県立日川高等学校を経て、日本大学藝術学部文芸学科を卒業。

コピーライターとして活動の後、1982年昭和57年)に出版したエッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が、処女作にしてベストセラーとなった。さらに1986年(昭和61年)には、『最終便に間に合えば』『京都まで』で直木賞を受賞し、小説家としての地位を確立した。林の功績は、 1980年代以降において、「ねたみ・そねみ・しっとを解放」したことであるとも評される[2]

林は現在、直木賞の選考委員のほか、講談社エッセイ賞吉川英治文学賞中央公論文芸賞毎日出版文化賞選考委員を務めている。

経歴[編集]

書店の娘として生まれ、幼少時から大量の本を読む。また、宗教学者・中沢新一は実家が近所で、林の本屋によく通っていたという。また高校時代には山梨放送のオーディションに合格し、DJを務めた事もある[3]

大学卒業後、アルバイトをしながら宣伝会議のコピーライター養成講座を受講。1979年(昭和54年)、秋山道男が編集していた西友ストアのPR雑誌『熱中なんでもブック』(のちに『青春評判ブック』)の編集スタッフとなる。1981年(昭和56年)、西友ストア向け広告コピー「つくりながら、つくろいながら、くつろいでいる。」でTCC(東京コピーライターズクラブ)新人賞を受賞。

1982年(昭和57年)、エッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』を発表して、エッセイストとしてデビュー。同書はベストセラーになる。1986年(昭和61年)、前年に発表した『最終便に間に合えば』『京都まで』で第94回直木賞を受賞、作家として認められる。翌1987年(昭和62年)には、日米の交流を目的としたインターナショナル・ビジター・リーダーシップ・プログラムに参加した[4]

1993年平成5年)から、初めて文芸雑誌文學界』に連作を書いた(『文学少女』)。1995年(平成7年)、『白蓮れんれん』で第8回柴田錬三郎賞を受賞、1998年(平成10年)、『みんなの秘密』で第32回吉川英治文学賞を受賞、2013年(平成25年)、『アスクレピオスの愛人』で第20回島清恋愛文学賞を受賞。

私生活[編集]

1990年(平成2年)、36歳でサラリーマンと見合いをして結婚。身内向けの披露宴はトゥール・ダルジャンを借り切って、披露パーティーは赤坂プリンス旧館で会費制で行った[5]

1999年(平成11年)2月、44歳で長女を出産[6]

親友である中野翠は、林が初め勤めていた企業PR誌 『熱中なんでもブック』編集部の同僚である[7]

エピソード[編集]

  • 江原啓之1994年(平成6年)に雑誌『an・an』で対談して以来絶賛しており、江原の著書『幸運を引き寄せるスピリチュアルブック』(2001年)のに推薦文を書いた。

著作[編集]

単著[編集]

1980年代[編集]

  • ルンルンを買っておうちに帰ろう(主婦の友社 1982年11月 のち角川文庫)
  • 夢見るころを過ぎても(主婦の友社 1983年7月 のち角川文庫)
  • 幸せになろうね―働くおんなの意地とマコト けなげに上手にワーキング!(光文社カッパ・ビジネス 1983年7月 のち光文社文庫)
  • 花より結婚きびダンゴ(CBS・ソニー出版 1983年10月 のち角川文庫)
  • ルンルン症候群(角川書店 1983年12月 のち文庫)
  • 星に願いを(講談社 1984年1月 のち文庫)
  • 街角に投げキッス(角川書店 1984年1月 のち文庫)
  • 林真理子スペシャル―ルンルンだけじゃ、ものたりなくて(角川書店 1984年)
  • 真理子の夢は夜ひらく(角川書店 1984年9月 のち文庫)
  • ブルーレディに赤い薔薇(小説 光文社カッパ・ブックス 1984年10月 のち文庫)
  • 葡萄が目にしみる(小説 角川書店 1984年11月 のち文庫)
  • ふたりよがり―対談集(文藝春秋 1984年12月)
  • テレビしちゃった!(CBS・ソニー出版 1984年12月)
  • 星影のステラ(小説 角川書店 1985年2月 のち文庫)
  • 今夜も思い出し笑い(文藝春秋 1985年4月 のち文庫)
  • テネシーワルツ(講談社 1985年5月 のち文庫)
  • 林真理子二枚目コレクション(小学館 1985年7月)
  • 紫色の場所(角川書店 1985年8月 のち文庫)
  • 最終便に間に合えば(短編集 文藝春秋 1985年11月(直木賞)のち文庫)
  • 食べるたびに、哀しくって…(角川書店 1985年 のち文庫)
  • マリコ・その愛(光文社文庫―イキナリ文庫 1986年)
  • 身も心も(角川書店 1986年3月 のち文庫)
  • 真理子の青春日記&レター(角川文庫 1986年)
  • 愛すればこそ…(文藝春秋 1986年 のち文庫)
  • マリコ自身―イキナリ文庫(光文社文庫 1986年8月)
  • 胡桃の家(小説 新潮社 1986年8月 のち文庫)
  • 南青山物語―ルンルンパラダイス(主婦の友社 1986年8月 のち角川文庫)
  • 美食倶楽部(文藝春秋 1986年9月 のち文庫)
  • ファニーフェイスの死(小説 集英社 1987年4月 のち集英社文庫、中公文庫)
  • 言わなきゃいいのに…(文藝春秋 1987年5月 のち文庫)
  • 失恋カレンダー(角川文庫 1987年11月)
  • 戦争特派員(ウォーコレスポンデント)(小説 文藝春秋 1987年 のち文庫)
  • 茉莉花茶を飲む間に(小学館 1987年12月 のち角川文庫)
  • こんなパリ、見たとこある?(文化出版局 1988年2月)
  • マリコ・ストリート(マガジンハウス 1988年2月 のち角川文庫)
  • どこかへ行きたい(角川文庫 1988年4月)
  • 東京胸キュン物語(角川文庫 1988年4月)
  • こんなはずでは…(文藝春秋 1988年5月 のち文庫)
  • 満ちたりぬ月(主婦の友社 1988年11月 のち文春文庫)
  • キス・キス・キス(角川書店 1988年)
  • 短篇集―少々官能的に(文藝春秋 1988年12月 のち文庫)
  • 旅は靴ずれ、夜は寝酒(角川文庫 1989年1月)
  • 余計なこと、大事なこと(文藝春秋 1989年4月 のち文庫)
  • 幕はおりたのだろうか(講談社 1989年4月 のち文庫)
  • ローマの休日―小説ロマンチック洋画劇場(角川書店 1989年7月 のち文庫)
  • 女のことわざ辞典(講談社 1989年8月 のち文庫)
  • イミテーション・ゴールド(祥伝社 1989年11月 のち角川文庫)
  • 昭和思い出し笑い(文藝春秋 1989年 のち文庫)

1990年代[編集]

  • 本を読む女(新潮社 1990年5月 のち文庫)
  • 美華(ミーハー)物語(角川文庫 1990年)
  • ウフフのお話(文藝春秋 1990年6月 のち文庫)
  • ミカドの淑女(小説 新潮社 1990年9月 のち文庫)
  • マリコ・ジャーナル(角川文庫 1991年1月)
  • そうだったのか…!(文藝春秋 1991年6月 のち文庫)
  • ウエディング日記(角川文庫 1991年8月)
  • 次に行く国、次にする恋(角川文庫 1992年1月)
  • 悲しみがとまらない―恋愛ソング・ブック(角川書店 1992年3月 のち文庫)
  • バルセロナの休日(角川書店 1992年4月 のち文庫)
  • 原宿日記(朝日新聞社 1992年5月 のち文庫、角川文庫)
  • おとなの事情(文藝春秋 1992年7月 のち文庫)
  • トーキョー国盗り物語(小説 集英社 1992年7月 のち文庫)
  • ドレスがいっぱい(童話 小学館 1992年8月)
  • ワンス・ア・イヤー―私はいかに傷つき、いかに戦ったか(角川書店 1992年 のち文庫)
  • 男と女のキビ団子(祥伝社 1992年10月)
  • 着物の悦び―きもの七転び八起き(光文社 1992年 のち新潮文庫)
  • 嫌いじゃないの(文藝春秋 1993年8月 のち文庫)
  • さくら、さくら―おとなが恋して(講談社 1993年12月 のち文庫)
  • 文学少女(連作 文藝春秋 1994年1月)
  • 天鵞絨物語(光文社 1994年3月 のち新潮文庫、光文社文庫)
  • ピンクのチョコレート(幻冬舎 1994年7月 のち角川文庫)
  • 怪談―男と女の物語はいつも怖い(文藝春秋 1994年9月 のち文庫)
  • 白蓮れんれん(伝記小説 中央公論社 1994年10月 のち文庫、集英社文庫)
  • 林真理子のおしゃべりフライト(プレジデント社 1994年10月)
  • 素晴らしき家族旅行(毎日新聞社 1994年11月 のち新潮文庫)
  • そう悪くない(文藝春秋 1994年11月 のち文庫)
  • 猫の時間(朝日新聞社 1995年3月 のち文庫)
  • 女文士(小説 新潮社 1995年10月 のち文庫)
  • 皆勤賞(文藝春秋 1996年2月 のち文庫)
  • 東京デザート物語(集英社 1996年2月 のち文庫)
  • 幸福御礼(朝日新聞社 1996年3月 のち文庫、角川文庫)
  • 断崖、その冬の(小説 新潮社 1996年6月 のち文庫)
  • 不機嫌な果実(小説 文藝春秋 1996年10月 のち文庫)
  • 強運な女になる(中央公論社 1997年7月 のち文庫)
  • 着物をめぐる物語(新潮社 1997年10月 のち文庫)
  • みんなの秘密(連作小説 講談社 1997年12月(吉川英治文学賞)のち文庫)
  • 踊って歌って大合戦(文藝春秋 1998年1月 のち文庫)
  • 葡萄物語(角川書店 1998年4月 のち集英社文庫)
  • 世紀末思い出し笑い(文藝春秋 1999年 のち文庫)
  • コスメティック(小学館 1999年4月 のち文庫)
  • ロストワールド(読売新聞社 1999年4月 のち角川文庫)
  • 美女入門(マガジンハウス 1999年 のち角川文庫)

2000年代[編集]

  • みんな誰かの愛しい女(文藝春秋 2000年1月 のち文庫)
  • 死ぬほど好き(集英社 2000年3月)
  • 一年ののち(アンソロジー小説集『東京小説』に収録 紀伊國屋書店 2000年4月)
  • 花探し(新潮社 2000年4月 のち文庫)
  • 美女入門 pt.2(マガジンハウス 2000年7月 のち角川文庫)
  • ミスキャスト(講談社 2000年11月 のち文庫)
  • 男と女とのことは、何があっても不思議はない(PHP研究所 2001年2月 のち角川文庫)
  • ドラマティックなひと波乱(文藝春秋 2001年3月 のち文庫)
  • 美女入門 pt.3( マガジンハウス 2001年9月 のち角川文庫)
  • 紅一点主義(文藝春秋 2002年2月 のち文庫)
  • 初夜(文藝春秋 2002年5月 のち文庫)
  • 花(中央公論新社 2002年6月 のち文庫)
  • 20代に読みたい名作(文藝春秋 2002年10月 「林真理子の名作読本」文庫)
  • 聖家族のランチ(角川書店 2002年11月 のち文庫)
  • 年下の女友だち(集英社 2003年1月 のち文庫)
  • 旅路のはてまで男と女(文藝春秋 2003年3月 のち文庫)
  • マリコの食卓(ぺんぎん書房 2003年6月)
  • 死ぬほど好き(集英社 2003年7月)
  • トーキョー偏差値(マガジンハウス 2003年 「美女のトーキョー偏差値」角川文庫)
  • anego(小学館 2003年11月 のち文庫)
  • ミルキー(講談社 2004年1月 のち文庫)
  • 野ばら(文藝春秋 2004年3月 のち文庫)
  • 知りたがりやの猫(新潮社 2004年11月 のち文庫)
  • 夜ふけのなわとび(文藝春秋 2005年2月 のち文庫)
  • 美女に幸あり(マガジンハウス 2005年3月 のち文庫)
  • 林真理子の名作読本(文春文庫、2005年)
  • アッコちゃんの時代(新潮社 2005年 のち文庫)
  • ウーマンズ・アイランド(マガジンハウス 2006年1月 のち文庫)
  • オーラの条件(文藝春秋 2006年3月 のち文庫)
  • 秋の森の奇跡(小学館 2006年5月 のち文庫)
  • 本朝金瓶梅(文藝春秋 2006年7月 のち文庫)
  • 美女は何でも知っている(マガジンハウス 2006年9月 のち文庫)
  • 私のスフレ(マガジンハウス 2007年1月)
  • なわとび千夜一夜(文藝春秋 2007年3月 のち文庫)
  • グラビアの夜(集英社 2007年5月 のち文庫)
  • 「綺麗な人」と言われるようになったのは、四十歳を過ぎてからでした(光文社 2007年7月 のち文庫)
  • 美か、さもなくば死を(マガジンハウス、2007年11月)
  • はじめての文学 林真理子(文藝春秋 2007年10月)
  • 本朝金瓶梅 お伊勢篇(文藝春秋 2007年11月 のち文庫)
  • 美貌と処世(文藝春秋 2008年3月)
  • 秘密(ポプラ文庫 2008年)
  • Ruriko(角川書店 2008年)
  • もっと塩味を!(中央公論新社 2008年8月)
  • マリコ・レシピ original recipe book(マガジンハウス 2008年)
  • 綺麗な生活(マガジンハウス 2008年)
  • 生き方名言新書 1 林真理子(小学館 2008年)
  • 東京(ポプラ文庫 2008年)
  • 結婚(ポプラ文庫 2009年)
  • 嫉妬(ポプラ文庫 2009年)
  • 約束(ポプラ文庫 2009年)
  • 美は惜しみなく奪う(マガジンハウス 2009年)
  • 最初のオトコはたたき台(文藝春秋 2009年)
  • 私のこと、好きだった?(光文社 2009年)

2010年代[編集]

  • 下流の宴(毎日新聞社 2010年)
  • 美女入門 pt.9 地獄の沙汰も美女次第(マガジンハウス 2010年)
  • いいんだか悪いんだか (文藝春秋 2010年)
  • 六条御息所 源氏がたり 一、光の章(小学館 2010年)
  • 本朝金瓶梅 西国漫遊篇(文藝春秋 2010年)
  • 秘密のスイーツ(一般書)(ポプラ社 2010年)
  • 秘密のスイーツ(児童書)(ポプラ社 2010年)
  • 六条御息所 源氏がたり 二 華の章(小学館 2011年)
  • やんちゃな時代(文藝春秋 2011年)

連載など[編集]

  • マイストーリー 私の物語(『朝日新聞』朝刊連載 2014年5月1日 - )

共著[編集]

  • チャンネルの5番(山藤章二共著 講談社 1988年2月 のち文庫)
  • 超恋愛(江原啓之 マガジンハウス 2007年12月)
  • 誰も教えてくれなかった『源氏物語』本当の面白さ(山本淳子対談 小学館101新書 2008年10月)

翻訳[編集]

漫画原作[編集]

作詞[編集]

映像化作品[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 林真理子の星に願いを(1984年、TBS)原作:『星に願いを』
  • 南青山物語(1986年、フジテレビ)原作:『南青山物語』
  • 胡桃の家(1987年、TBS)原作:『胡桃の家』
  • ビデオ・パーティー(1987年、TBS)原作:『ビデオパーティー』(『身も心も』に収録)
  • しあわせ志願(1988年、NHK)原作:『真理子の青春日記&レター』『食べるたびに哀しくって』
  • 林真理子の危険な女ともだち(1989年、テレビ朝日)原作:『満ちたりぬ月』
  • 女キャスター物語(1990年、テレビ東京)原作:『幕はおりたのだろうか』
  • 葡萄が目にしみる(1991年、フジテレビ)原作:『葡萄が目にしみる』
  • ラブストーリーは突然に「素敵なボーイ・ミーツ・ガール」(1991年、フジテレビ)原作:『素敵なボーイ・ミーツ・ガール』
  • ミカドの淑女(1992年、テレビ朝日)原作:『ミカドの淑女』
  • トーキョー国盗り物語(1993年、NHK)原作:『トーキョー国盗り物語』
  • 素晴らしき家族旅行(1996年、フジテレビ/1998年、テレビ東京)原作:『素晴らしき家族旅行』
  • 恐い女シリーズ(1)女の怪談「土曜日の献立」ほか2編(1996年、フジテレビ)原作:『怪談―男と女の物語はいつも怖い』
  • 不機嫌な果実(1997年、TBS)原作:『不機嫌な果実』
  • 夢みる葡萄〜本を読む女〜(2003年、NHK)原作:『本を読む女』
  • コスメティック(2003年、WOWOW)原作:『コスメティック』
  • anego(2005年、日本テレビ)原作:『anego』
  • ウーマンズ・アイランド〜彼女たちの選択〜(2006年、日本テレビ)原作:『ウーマンズ・アイランド』
  • 下流の宴(2011年、NHK総合)原作:『下流の宴』

映画[編集]

テレビ出演[編集]

  • ドラマスペシャル「赤川次郎のおやすみ、テディ・ベア」(1983年8月9日、TBS)

その他のメディア展開[編集]

オーディオブック

脚注[編集]

  1. ^ 戸籍上、実際は3月末日という。
  2. ^ 斎藤美奈子『文壇アイドル論』(2002年岩波書店)参考
  3. ^ 金曜日のスマたちへ』(2013年7月5日放送)にゲスト出演した際、紹介されている。
  4. ^ これは、日本と米国の相互理解を政治・経済・教育・文化などあらゆる分野で促進し、人物交流を通じ広範な種々の課題について両国が共有することを目的としたプログラムである。内容は政治・経済・文化など、各分野のリーダーによる3週間の米国研修で、アメリカ合衆国国務省が実施した。
  5. ^ T&Gーハウスウエディングー 著名人対談 秋元康VS林真理子参考。
  6. ^ 林真理子のあれもこれも日記 林真理子年譜 41歳〜45歳参考。
  7. ^ 松田哲夫『これを読まずして、編集を語るなかれ。』の秋山との対談より。なお、同雑誌には、のちに『ルンルンを買っておうちに帰ろう』の担当編集者となる、主婦の友社の松川邦生(渡辺和博の『金魂巻』の担当でもある)もかかわっていた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]