小野清子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
小野 清子
おの きよこ
生年月日 1936年2月4日(78歳)
出生地 日本の旗 宮城県岩沼市
出身校 東京教育大学体育学部卒業
前職 体操選手
現職 日本スポーツ振興センター理事長
所属政党 自由民主党
称号 旭日大綬章
体育学士(東京教育大学)

内閣 第2次小泉内閣
任期 2003年11月19日 - 2004年9月27日

内閣 第2次小泉内閣
任期 2003年11月19日 - 2004年9月27日

内閣 第2次小泉内閣
任期 2003年11月19日 - 2004年9月27日

日本の旗 第70代 国家公安委員会委員長
内閣 第1次小泉第2次改造内閣
任期 2003年9月22日 - 2003年11月19日

日本の旗 内閣府特命担当大臣
(青少年育成及び少子化対策担当)
内閣 第1次小泉第2次改造内閣
任期 2003年9月22日 - 2003年11月19日

その他の職歴
日本の旗 内閣府特命担当大臣
(食品安全担当)

(2003年9月22日 - 2003年11月19日)
日本の旗 参議院議員
1986年7月8日 - 1992年7月7日
1992年7月26日 - 1998年7月25日
2001年7月29日 - 2007年7月28日
テンプレートを表示
獲得メダル
女子 体操競技
オリンピック
1964 女子 体操団体

小野 清子(おの きよこ、1936年2月4日 - )は、日本体操選手政治家勲等旭日大綬章。旧姓は大泉

参議院議員(3期)、社団法人日本音楽著作権協会理事長国家公安委員会委員長(第7071代)、内閣府特命担当大臣(青少年育成及び少子化対策担当)内閣府特命担当大臣(食品安全担当)参議院予算委員長独立行政法人日本スポーツ振興センター理事長などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

宮城県岩沼市に生まれ、その後秋田県秋田市に移る。幼少時、病弱だったため体操を始めた。

1952年の国民体育大会で後の夫となる同じ秋田県出身で4学年上の体操選手の小野喬と知り合った[1]。喬の指導を受けるうちに互いに恋が芽生え、東京教育大学(現・筑波大学)体育学部を卒業後の1958年に結婚した[1]

体操選手として[編集]

慶應義塾大学体育研究所に勤務しながら体操の技能を磨いた彼女は1960年ローマオリンピック(24歳)、1964年東京オリンピック(28歳)と夫婦そろって連続出場(夫の喬は1952年のヘルシンキオリンピック、1956年のメルボルンオリンピックから4大会連続出場)した。特に東京大会では1男1女の2児の母として出場し、赤の長袖レオタードにハーフシューズ姿で演技をこなし、体操競技で団体銅メダルを得た。夫との間には息子2人、娘3人がいる[1]

体操選手を引退後は中央教育審議会委員など、各種審議会委員を務めてスポーツを通じた青少年教育に従事。

政治家として[編集]

1986年第14回参議院議員通常選挙に当時の総理総裁中曽根康弘の要請で出馬し、東京都選挙区で初当選。中曽根派に所属し、第18回参議院議員通常選挙での落選を挟み、通算3期18年間議員を務めた。

議員活動のかたわら、日本音楽著作権協会理事長や日本オリンピック委員会理事など、スポーツ・文教関係の役職を歴任。また現在も国際養神会合気道連盟の会長や日本オリンピアンズ協会の副会長を務めている。

小泉政権[編集]

第1次小泉第2次改造内閣で初入閣。国家公安委員会委員長内閣府特命担当大臣(青少年育成及び少子化対策担当)内閣府特命担当大臣(食品安全担当)の3ポストを兼任した。また、第2次小泉内閣では、国家公安委員会委員長、内閣府特命担当大臣(青少年育成及び少子化対策担当)、内閣府特命担当大臣(食品安全担当)の3ポストに再任された。その後も、参議院予算委員長、自由民主党紀委員会副委員長を歴任した。

2007年、3期の任期満了と共に政界を引退。

日本スポーツ振興センター[編集]

2008年4月、長年に亘るスポーツ界並びに政界への功績により日本政府より春の叙勲旭日大綬章を受章することが発表された。日本のスポーツ選手経験者としては初となる大綬章叙勲でもある。また、2009年より日本スポーツ振興センターの理事長を務めた。2011年の任期満了により理事長を退任し、後任には日本アンチ・ドーピング機構会長などを務めた医学者河野一郎が就任した[2]

年譜[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 読売新聞大阪本社運動部 『ザ・ヒーロー戦後スポーツの40人』 読売新聞、1996年ISBN 4-643-96076-0
  2. ^ 「文部科学省」『【人事】文部科学省 - MSN産経ニュース産経デジタル2011年9月17日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
中曽根弘文
日本の旗 参議院予算委員長
2005年 - 2006年
次代:
尾辻秀久
先代:
松浦孝治
日本の旗 参議院文教委員長
1995年 - 1996年
次代:
清水嘉与子
公職
先代:
谷垣禎一
日本の旗 国家公安委員会委員長
第70・71代:2003年 - 2004年
次代:
村田吉隆
先代:
谷垣禎一
日本の旗 特命担当大臣(食品安全)
第2・3代:2003年 - 2004年
次代:
棚橋泰文
先代:
創設
日本の旗 特命担当大臣(青少年育成及び少子化対策)
初・第2代:2003年 - 2004年
次代:
南野知惠子