大石尚子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
大石 尚子
おおいし ひさこ
生年月日 1936年8月26日
出生地 日本の旗広島県安芸郡江田島村
(現・広島県江田島市
没年月日 2012年1月4日(満75歳没)
死没地 東京都
出身校 横浜国立大学学芸学部
前職 大学講師
所属政党 民社党→)
民主党
称号 旭日中綬章
学芸学士(横浜国立大学)

選挙区 比例区
当選回数 1回
任期 2007年 - 2012年

選挙区 神奈川4区
当選回数 2回
任期 2000年 - 2005年

選挙区 鎌倉市選挙区
当選回数 5回
任期 1971年 - 1989年
テンプレートを表示

大石 尚子(おおいし ひさこ、1936年8月26日 - 2012年1月4日)は、日本政治家参議院議員(1期)、衆議院議員(2期)、神奈川県議会議員(5期)を務めた。民主党所属。母方祖父は日本海海戦連合艦隊作戦参謀を務めた秋山真之海軍中将

概要[編集]

政策[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度導入を推進していた。2000年には、大石ら超党派女性国会議員50名が、夫婦別姓選択制を求めて首相(当時)の森喜朗に申し入れを行った。申し入れでは、「とくに若い世代では、夫婦別姓選択制を望む声が高まっています。政府には、世論を喚起するなど、夫婦別姓選択制を導入するための努力を望む」としている[4]

脚注[編集]

関連項目[編集]

議会
先代:
松村龍二
日本の旗 参議院懲罰委員長
2010 - 2011
次代:
今野東