脇雅史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
脇雅史
わき まさし
生年月日 1945年2月2日(69歳)
出生地 東京都
出身校 東京大学工学部土木工学科
前職 国家公務員建設省
所属政党 自由民主党額賀派
公式サイト ようこそ!脇 雅史のホームページへ

選挙区 比例区
当選回数 3回
任期 1998年7月 - 現職
議員会館 参議院議員会館501号室
テンプレートを表示

脇 雅史(わき まさし、1945年2月2日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(3期)、自民党参議院幹事長

来歴[編集]

東京都出身。東京都立西高等学校東京大学工学部土木工学科卒業。東大卒業後、建設省に入省し近畿地方建設局長を最後に退官。

1998年第18回参議院議員通常選挙自由民主党公認で比例区から出馬し、初当選。当選後、平成研究会に入会。

2004年第20回参議院議員通常選挙で再選、2010年第22回参議院議員通常選挙で3選。2010年参院選で民国連立政権は参院で過半数を失ったため、同年8月、自民党の鈴木政二参院国会対策委員長が参議院議院運営委員長に就任し、脇が後任の参院国対委員長に就任した。2011年10月、参院国対委員長に再任。2013年7月、自民党参議院幹事長に就任した。

人物[編集]

  • 選挙では全国建設業協会の支援を受けている[要出典]
  • 自由民主党人権問題等調査会副会長を務める(人権擁護法案推進派)[要出典]

発言[編集]

  • 2013年9月18日に行われた自民党女性議員の集会で「今の制度は政党の段階で候補者の選び方が未熟だ。政党が本当に正しい意味で国会議員を選べるか。これさえしっかりしていれば、あまり大きな声では言えないが、選ぶ人がアホでも、選ばれる人は立派だ」と発言し、その後も撤回を否定した[1]
  • 一票の格差が最大4.77倍だった同年7月の参議院選挙を無効と判断した広島高等裁判所岡山支部判決の一部について11月29日、「取り消してほしい。はなはだ変な判決だ」と批判した。また判決文で本質的協議が行われているとは認められないと指摘されたことに「裁判所に進行中の協議に言及する資格はない」とも述べた。政党幹部が判決の取り消しを求めるのは異例である[2]
  • 2014年1月19日の沖縄県名護市長選挙で争点となったアメリカ軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設問題に関して、1月21日の記者会見で「(米軍)基地といった迷惑施設、例えばごみ焼却場とか、そういったものはたくさんある」と述べた[3]

TV出演[編集]

タイトル 放送日
安倍政権に期待するもの【1】 乗り超えるべき当面の難所 2013年1月19日
安倍政権に期待するもの【2】 挑戦すべき長期の課題 2013年1月26日

脚注[編集]

  1. ^ 「選ぶ人がアホでも」 自民参院幹事長、有権者軽視?朝日新聞デジタル 2013年9月18日
  2. ^ 「取り消してほしい」と自民・脇参院幹事長 「本質的協議ない」との指摘に立腹MSN産経ニュース 2013年11月29日
  3. ^ 米軍基地は「迷惑施設」=自民・脇氏時事ドットコム 2014年1月21日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


党職
先代:
溝手顕正
自由民主党参議院幹事長
2013年 -
次代:
現職