笠浩史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗衆議院議員 笠 浩史
生年月日 1965年1月3日(50歳)
出身地 日本の旗 福岡県福岡市[1]
出身校 慶應義塾大学文学部
学位・資格 文学士
前職 テレビ朝日記者
所属委員会 議院運営委員会(理事)
世襲
選出選挙区 神奈川9区→)
比例南関東ブロック→)
神奈川9区
当選回数 5回
所属党派 民主党細野派
党役職 国会対策委員長代理
会館部屋番号 衆議院第2議員会館723号室
ウェブサイト 笠ひろふみ 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

笠 浩史(りゅう ひろふみ、1965年1月3日 - )は、日本政治家民主党所属の衆議院議員(5期)、民主党国会対策委員長代理青山会事務局長。

文部科学副大臣野田第3次改造内閣)、文部科学大臣政務官菅第1次改造内閣菅第2次改造内閣)等を歴任した。

来歴[編集]

福岡県福岡市生まれ。福岡県立修猷館高等学校慶應義塾大学文学部卒業。大学在学中は衆議院議員太田誠一書生を務め、東京都港区赤坂議員宿舎に住み込む苦学生であった。大学卒業後は全国朝日放送(現在のテレビ朝日)に入社し、営業部や報道部で勤務する。首相官邸の担当も経験しており、首相の小渕恵三が緊急入院する直前にインタビューを行っていて、そのインタビュー中に小渕が突然、一時的に脳梗塞状態に陥り、数秒間沈黙する事態が起こった[要出典]

2003年第43回衆議院議員総選挙に神奈川9区から民主党公認で出馬し、初当選。なお神奈川9区は、神奈川県知事選挙に出馬するため衆議院議員を辞職した松沢成文の選出選挙区であった。2005年第44回衆議院議員総選挙では自由民主党公認の山内康一に神奈川9区で敗れるが、重複立候補していた比例南関東ブロックで復活し、再選。2006年民主党代表選挙では小沢一郎の推薦人に名を連ねる。2009年第45回衆議院議員総選挙では、神奈川9区で3選。2010年6月の民主党代表選挙では樽床伸二の推薦人、同年9月の民主党代表選挙では小沢一郎の推薦人に再び名を連ねる。小沢を破り再選された首相・菅直人の下、菅第1次改造内閣文部科学大臣政務官に任命され、菅第2次改造内閣まで務める。同年10月に結成された青山会(樽床グループ)事務局長に就任。2012年4月、辞表を提出した樋高剛に代わって民主党総括副幹事長に起用された。

同年10月、野田第3次改造内閣文部科学副大臣に任命された。なおこの内閣改造において、笠が所属する青山会の会長・樽床伸二が総務大臣に任命され初入閣した。同年12月の第46回衆議院議員総選挙では、神奈川9区で自民党の中山展宏の猛追を受けるも9,078票差で逃げ切り、4選(中山、みんなの党新人の椎名毅も比例復活)。この総選挙において神奈川県の小選挙区で議席を獲得したのは笠ただ1人であり、笠が事務局長を務める青山会所属の衆議院議員も笠、松本剛明以外は会長の樽床伸二を含む全員が落選した。

2014年5月、細野豪志を中心に結成された自誓会に参加[2]。同年12月の第47回衆議院議員総選挙では、前回よりも差を縮められたものの4,543票差で自民党の中山を破り、5選。なお神奈川9区では民主党、維新の党の間の選挙協力が不調に終わり、民主党の笠、みんなの党から結いの党を経て維新の党に移籍した椎名毅の両者が出馬したが、椎名は比例復活もならず落選した。

政策・主張[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

著書[編集]

  • 『Ekitou(駅頭)』
  • 『サッチャー改革に学ぶ 教育正常化への道』英国教育調査団編、PHP研究所
  • 『教育激変 - 新教育基本法案がめざす「家庭」「学校」「日本」の10年後』教育基本法改正促進委員会・起草委員会編、明成社

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
奥村展三高井美穂
日本の旗 文部科学副大臣
松本大輔と共同

2012年
次代:
谷川弥一福井照
先代:
後藤斎高井美穂
日本の旗 文部科学大臣政務官
林久美子と共同

2010年 - 2011年
次代:
城井崇神本美恵子