竹本直一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗衆議院議員 竹本直一
Naokazu Takemoto - World Economic Forum on East Asia 2011.jpg
生年月日 1940年11月23日(73歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府南河内郡河南町
出身校 京都大学法学部
学位・資格 学士(法学)
前職 国家公務員建設省
所属委員会 財務金融委員会(理事)
世襲
選出選挙区 大阪15区→)
比例近畿ブロック
当選回数 6回
所属党派 自由民主党岸田派
党役職 大阪府支部連合会会長
会館部屋番号 衆議院第2議員会館1221号室
ウェブサイト 竹本直一 オフィシャルweb
テンプレートを表示

竹本 直一(たけもと なおかず、1940年11月23日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(6期)、自民党大阪府連会長。元財務副大臣第3次小泉改造内閣)。

来歴[編集]

大阪府南河内郡河南町生まれ。大阪府立富田林高等学校京都大学法学部卒業。1964年、京大を卒業後建設省に入省した。1969年、政府派遣留学によりカリフォルニア大学バークレー校大学院、コロンビア大学大学院に留学。帰国後は本省河川局総務課長や住宅局住宅整備公団監理官をはじめ、国土庁首都高速道路公団、「国際花と緑の博覧会」日本政府代表部への出向を経て、国土庁長官官房審議官を最後に退官。

1996年第41回衆議院議員総選挙自由民主党公認で大阪15区から出馬し、初当選。2001年第2次森改造内閣で初代経済産業大臣政務官に任命される。2003年第1次小泉第2次改造内閣厚生労働大臣政務官に任命され、第2次小泉内閣まで務めた。2005年第3次小泉改造内閣財務副大臣に就任。

2007年、衆議院国土交通委員長に就任。2009年第45回衆議院議員総選挙では自民党公認、公明党推薦[1]で大阪15区から出馬。選挙区では民主党公認の大谷啓(のちに離党、国民の生活が第一結党に参加)に敗れたが、重複立候補していた比例近畿ブロックで復活し、5選[2]

2010年9月、自由民主党シャドウ・キャビネット谷垣禎一首班による第1次影の内閣)において影の国家公安委員会委員長に就任(地方分権改革金融経済財政政策消費者及び食品安全拉致問題の各分野も担当)。拉致問題担当については9月21日の内定時には設置されていなかったが、翌9月22日の正式発表の際に竹本が兼務する形で設置された[3][4]2011年10月に発足した自由民主党シャドウ・キャビネット(谷垣禎一首班による第2次影の内閣)では、担当分野に行政改革、公務員制度改革が追加される形で影の国家公安委員会委員長に再任。

同年10月、自民党大阪府支部連合会会長に就任。

2012年10月、自由民主党シャドウ・キャビネット(安倍晋三首班による影の内閣)において影の財務大臣に就任。

同年12月の第46回衆議院議員総選挙で自民党公認、公明党推薦で大阪15区から出馬。日本維新の会の本拠地大阪では自民党に強い逆風が吹く中、選挙区で日本維新の会公認の浦野靖人を追い詰めた。約3000票の僅差で敗れたが、重複立候補していた比例近畿ブロックで復活し、6選。

当選後は、自民党政務調査会財務金融部会長に留任。自民党政務調査会超電導リニア鉄道に関する特別委員会委員長、自民党政務調査会国土強靭化総合調査会常任幹事、自民党政務調査会航空政策特別委員会理事、自民党政務調査会資源・エネルギー戦略調査会副委員長に就任した。

2013年1月、財務金融委員会理事に就任。

政策[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

不祥事[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
渡海紀三朗
日本の旗 衆議院科学技術・イノベーション推進特別委員長
2013年 - 2014年
次代:
渡辺博道
先代:
塩谷立
日本の旗 衆議院国土交通委員長
2007年 - 2008年
次代:
望月義夫
公職
先代:
上田勇
田野瀬良太郎
日本の旗 財務副大臣
赤羽一嘉と共同
2005年 - 2006年
次代:
田中和徳
富田茂之
先代:
森田次夫
渡辺具能
日本の旗 厚生労働大臣政務官
佐々木知子と共同
→(単独)

2003年 - 2004年
次代:
森岡正宏
藤井基之
先代:
(新設)
日本の旗 経済産業大臣政務官
西川太一郎と共同

2001年
次代:
西川太一郎
大村秀章