井沢京子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗元衆議院議員 井沢 京子
生年月日 1962年10月16日(51歳)
出身地 東京都大田区
出身校 日本大学法学部法律学科
慶應義塾大学大学院経営管理研究科
世襲
選出選挙区 比例近畿ブロック京都6区
当選回数 1回
所属党派 自由民主党
ウェブサイト 元衆議院議員【いざわ京子】
テンプレートを表示

井沢 京子(いざわ きょうこ、1962年10月16日 - )は、日本政治家。元衆議院議員(1期)。

概要[編集]

東京都大田区生まれ。大田区立小池小学校、森村学園中等部、高等部、日本大学法学部法律学科卒業。慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了[1]2005年には、自民党の衆議院議員候補者公募合格し、産業再生機構を退社。同年の総選挙京都6区より立候補し、小選挙区では落選したが、比例近畿ブロックで当選した。83会の一人。ちなみにこの選挙では民主党の候補者募集へも応募しており、物議を醸した[要出典]

2006年自民党総裁選では、谷垣禎一の推薦人に名を連ね、翌月谷垣派の一員となる。2007年自由民主党総裁選挙では福田康夫を支持、2008年自由民主党総裁選挙では小池百合子の推薦人に名を連ねた。ちなみに京都6区は中選挙区時代の旧京都2区で谷垣や後に経世会の大幹部となる野中広務が選出されていた。

2009年8月30日第45回衆議院議員総選挙では、前回に引き続き山井和則との対決となったが、ダブルスコアに近い大差で惨敗、比例復活もできずに落選した。2010年2月12日、次回総選挙への不出馬を発表した[2]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ プロフィール/生い立ち元衆議院議員【いざわ京子】
  2. ^ お世話になった皆様へ元衆議院議員【いざわ京子】

関連項目[編集]

外部リンク[編集]