前田正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗の政治家
前田 正
まえだ ただし
生年月日 1946年12月7日
出生地 大阪府大阪市
没年月日 2013年10月28日(満66歳没)
出身校 関西大学工学部

日本の旗 衆議院議員(1期目)
選挙区 大阪府第2区 (中選挙区)
当選回数 1回
任期 1990年2月19日 - 1993年6月18日

日本の旗 衆議院議員(2期目)
選挙区 大阪府第4区 (小選挙区)
当選回数 1回
任期 1996年10月21日 - 2000年6月2日
テンプレートを表示

前田 正(まえだ ただし、1946年12月7日2013年10月28日)は、日本政治家衆議院議員(2期)を務めた。

概要[編集]

大阪府大阪市出身。父は衆議院議員の前田治一郎。1969年関西大学工学部卒。自民党大阪府組織推進部長を経て、1990年の第39回衆議院議員総選挙にて衆議院議員に初当選し河本派所属。

1993年第40回衆議院議員総選挙で落選。第41回衆議院議員総選挙大阪4区より新進党から出馬し国政復帰、1998年1月に改革クラブに参加。1999年10月5日に改革クラブと統一会派を組む公明党が自由民主党と自由党との間の連立政権に加わった(自自公連立政権)ことに伴い、改革クラブが閣外協力の形で連立政権に参加すると、改革クラブを代表して郵政政務次官に就任、小渕内閣第2次改造内閣第1次森内閣で郵政政務次官を務めた。

2000年の第42回衆議院議員総選挙では、政務次官在職のまま前回比例復活中山正暉に敗北し落選した。2003年の第43回衆議院議員総選挙では大阪4区吉田治の支援に回り、自らは立候補を断念した。

2013年10月28日、心不全のため死去[1]。66歳没。

参考文献[編集]

  • 日外アソシエーツ編 『新訂 現代政治家人名事典―中央・地方の政治家4000人』 (日外アソシエーツ 、2005年)

脚注[編集]