第39回衆議院議員総選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 日本の旗 第39回衆議院議員総選挙 国会議事堂
投票日 1990年2月18日
内閣 第1次海部内閣
解散日 1990年1月24日
改選数 512人
選挙制度 中選挙区制
議席内訳 Japanese General election, 1990 ja.svg
選挙後の党派別勢力図
 < 19861993 > 
衆議院議員総選挙
テンプレートを表示

第39回衆議院議員総選挙(だい39かいしゅうぎいんぎいんそうせんきょ)は、1990年平成2年)2月18日に行われた日本衆議院議員総選挙である。

概説[編集]

選挙データ[編集]

解散日[編集]

解散名[編集]

  • 消費税解散

公示日[編集]

投票日[編集]

  • 1990年(平成2年)2月18日

改選数[編集]

  • 512

選挙制度[編集]

主な争点[編集]

政策[編集]

  • 体制選択(自由民主主義政権か社会主義政権か)
  • 消費税の是非

政局[編集]

  • 政治腐敗の追及

選挙結果[編集]

党派別勢力図

投票率[編集]

  • 73.31%(男71.93%、女74.61%) ※自治省集計・・・前回投票率(71.40%)より+1.91%増
    • 当日有権者数:90,322,908名
    • 棄権・無効票:24,618,604名
    • 有効票数:65,704,304票

議席数[編集]

政党名 議席数 得票数[1] 得票率
与党 275
B100.pngB100.pngB50.pngB10.pngB10.pngB05.png
30,315,417 46.11
自由民主党 275
B100.pngB100.pngB50.pngB10.pngB10.pngB05.png
30,315,417 46.11
野党・無所属 237 【野党 R10.pngR10.png 無所属 Y10.pngY10.png
R100.pngR100.pngR10.pngR05.pngY10.pngY10.pngY01.pngY01.png
35,330,352 53.89
日本社会党 136
R100.pngR30.pngR05.pngR01.png
16,025,472 24.39
公明党 45
R30.pngR10.pngR05.png
5,242,675 7.98
日本共産党 16
R10.pngR05.pngR01.png
5,226,986 7.96
民社党 14
R10.pngR03.pngR01.png
3,178,949 4.84
社会民主連合 4
R03.pngR01.png
566,957 0.86
進歩党 1
R01.png
281,793 0.43
無所属 21
Y10.pngY10.pngY01.pngY01.png
4,807,520 7.32
合計 512
B100.pngB100.pngB50.pngB10.pngB10.pngB05.pngR100.pngR100.pngR10.pngR05.pngY10.pngY10.pngY01.pngY01.png
65,645,769 100.00

政党[編集]

自由民主党[編集]

獲得議席:275議席

派閥

日本社会党[編集]

獲得議席:136議席

公明党[編集]

獲得議席:45議席

日本共産党[編集]

獲得議席:16議席

民社党[編集]

獲得議席:14議席

社会民主連合[編集]

獲得議席:4議席

進歩党[編集]

獲得議席:1議席

無所属[編集]

獲得議席:21議席

主要政党のほか、真理党麻原彰晃上祐史浩ほか)、地球維新党太田竜東郷健ほか)、スポーツ平和党細木久慶)、緑の党日本労働党社会主義労働者党などのミニ政党も候補者を擁立したが、いずれも落選した。

議員[編集]

この選挙で当選[編集]

 自民党   社会党   進歩党   公明党   民社党   共産党   社民連   無所属 

北海道 1区 伊東秀子 小林恒人 松浦昭 町村信孝 児玉健次 2区 佐々木秀典 五十嵐広三 今津寛 上草義輝
藤原房雄 3区 佐藤孝行 阿部文男 鉢呂吉雄
4区 池端清一 中沢健次 鳩山由紀夫 小平忠正 渡辺省一 5区 中川昭一 武部勤 北村直人 岡田利春 鈴木宗男
青森県 1区 関晴正 田名部匡省 津島雄二 大島理森 2区 木村守男 山内弘 田澤吉郎
岩手県 1区 鈴木俊一 山中邦紀 工藤巌 小野信一 2区 小沢一郎 志賀節 沢藤礼次郎 菅原喜重郎
宮城県 1区 戸田菊雄 岡崎トミ子 愛知和男 三塚博 伊藤宗一郎 2区 日野市朗 内海英男 大石正光 長谷川峻
秋田県 1区 佐藤敬治 佐藤敬夫 野呂田芳成 二田孝治 2区 村岡兼造 川俣健二郎 御法川英文
山形県 1区 遠藤登 鹿野道彦 遠藤武彦 近藤鉄雄 2区 加藤紘一 近岡理一郎 阿部昭吾
福島県 1区 増子輝彦 佐藤恒晴 佐藤徳雄 金子徳之介 2区 伊東正義 渡部恒三 穂積良行 志賀一夫 渡部行雄
3区 鈴木久 斎藤邦吉 坂本剛二
茨城県 1区 時崎雄司 葉梨信行 額賀福志郎 中山利生 2区 大畠章宏 梶山静六 塚原俊平
3区 中村喜四郎 丹羽雄哉 赤城徳彦 竹内猛 二見伸明
栃木県 1区 小林守 渡辺美智雄 船田元 簗瀬進 安田範 2区 武藤山治 藤尾正行 神田厚 稲村利幸 植竹繁雄
群馬県 1区 田邊誠 尾身幸次 佐田玄一郎 2区 須永徹 中島源太郎 笹川尭
3区 福田康夫 山口鶴男 中曽根康弘 小渕恵三
埼玉県 1区 和田静夫 松永光 浜田卓二郎 2区 小松定男 山口敏夫 小宮山重四郎 宮地正介
3区 加藤卓二 田並胤明 増田敏男 4区 細川律夫 青木正久 山田英介 三ッ林弥太郎
5区 沢田広 福永信彦 和田一仁
千葉県 1区 上野建一 臼井日出男 江口一雄 鳥居一雄 岡島正之 2区 水野清 山村新治郎 小川国彦 林大幹
3区 大木正吾 森英介 浜田幸一 石橋一弥 中村正三郎 4区 井奥貞雄 狩野勝 小岩井清 新村勝雄
神奈川県 1区 伊藤茂 鈴木恒夫 小此木彦三郎 伏木和雄 2区 小泉純一郎 田川誠一 岩垂寿喜男 市川雄一 原田義昭
3区 加藤万吉 河上覃雄 甘利明 藤井裕久 4区 大出俊 佐藤謙一郎 池田元久 草野威
5区 富塚三夫 河野洋平 亀井善之
山梨県 全県 金丸信 上田利正 輿石東 中尾栄一 田辺国男
東京都 1区 鈴木喜久子 与謝野馨 大塚雄司 2区 石原慎太郎 上田哲 新井将敬 大内啓伍 遠藤乙彦
3区 斉藤一雄 越智通雄 小杉隆 井上義久 4区 粕谷茂 石原伸晃 高橋一郎 外口玉子 沖田正人
5区 高沢寅男 小林興起 長田武士 6区 柿澤弘治 不破哲三 吉田和子 東祥三
7区 小沢潔 常松裕志 菅直人 大野由利子 8区 鳩山邦夫 深谷隆司 金子満広
9区 浜野剛 渋谷修 中村巌 10区 渋沢利久 島村宜伸 山口那津男 鯨岡兵輔 佐藤祐弘
11区 山花貞夫 伊藤公介 石川要三 斉藤節 長谷百合子
新潟県 1区 関山信之 近藤元次 小沢辰男 2区 吉田正雄 岩村卯一郎 佐藤隆
3区 目黒吉之助 渡辺秀央 星野行男 桜井新 村山達雄 4区 筒井信隆 高鳥修
富山県 1区 安田修三 住博司 長勢甚遠 2区 綿貫民輔 萩山教嚴 木間章
石川県 1区 奥田敬和 森喜朗 嶋崎譲 2区 瓦力 坂本三十次
福井県 全県 牧野隆守 辻一彦 平泉渉 山本拓
長野県 1区 田中秀征 清水勇 小坂憲次 2区 堀込征雄 羽田孜 井出正一
3区 串原義直 宮下創平 中島衛 木島日出夫 4区 北沢清功 唐沢俊二郎 村井仁
岐阜県 1区 渡辺嘉蔵 武藤嘉文 大野明 松田岩夫 伏屋修治 2区 金子一義 渡辺栄一 古屋圭司 山下八洲夫
静岡県 1区 原田昇左右 松前仰 戸塚進也 大石千八 藪仲義彦 2区 前島秀行 斉藤斗志二 栗原祐幸 木部佳昭 杉山憲夫
3区 元信尭 熊谷弘 柳澤伯夫 塩谷立
愛知県 1区 佐藤泰介 今枝敬雄 田辺広雄 平田米男 2区 網岡雄 丹羽兵助 草川昭三 久野統一郎
3区 海部俊樹 佐藤観樹 江崎真澄 4区 川島實 伊藤英成 杉浦正健 浦野烋興
5区 早川勝 浅野勝人 村田敬次郎 6区 赤松広隆 片岡武司 石田幸四郎 塚本三郎
三重県 1区 伊藤忠治 北川正恭 川崎二郎 岡田克也 中井洽 2区 田村元 藤波孝生 野呂昭彦 石井智
滋賀県 全県 宇野宗佑 山元勉 武村正義 川端達夫 山下元利
京都府 1区 奥田幹生 永末英一 竹村幸雄 伊吹文明 竹内勝彦 2区 山中末治 野中広務 谷垣禎一 寺前巌 西中清
大阪府 1区 小谷輝二 柳本卓治 正森成二 2区 左近正男 中山正暉 浅井美幸 東中光雄 前田正
3区 井上一成 原田憲 近江巳記夫 菅野悦子 中野寛成 4区 塩川正十郎 上田卓三 吉井英勝 矢野絢也
5区 中山太郎 和田貞夫 北側一雄 藤田スミ 6区 左藤恵 矢追秀彦 中馬弘毅
7区 中村正男 北川石松 春田重昭
兵庫県 1区 土肥隆一 石井一 砂田重民 渡部一郎 岡崎宏美 2区 土井たか子 鴻池祥肇 冬柴鐵三 堀昌雄 原健三郎
3区 永井孝信 井上喜一 渡海紀三朗 4区 後藤茂 松本十郎 河本敏夫 戸井田三郎
5区 吉岡賢治 谷洋一
奈良県 全県 松原脩雄 前田武志 奥野誠亮 森本晃司 辻第一
和歌山県 1区 中西啓介 坂井弘一 貴志八郎 2区 野田実 東力 二階俊博
鳥取県 全県 石破茂 野坂浩賢 武部文 相沢英之
島根県 全県 竹下登 櫻内義雄 細田博之 亀井久興 石橋大吉
岡山県 1区 江田五月 谷村啓介 逢沢一郎 平沼赳夫 日笠勝之 2区 橋本龍太郎 水田稔 加藤六月 村田吉隆 貝沼次郎
広島県 1区 秋葉忠利 岸田文武 粟屋敏信 2区 森井忠良 谷川和穂 増岡博之 池田行彦
3区 亀井静香 宮澤喜一 小森龍邦 柳田稔 佐藤守良
山口県 1区 安倍晋太郎 小川信 林義郎 河村建夫 2区 小沢克介 高村正彦 吹田あきら 佐藤信二 吉井光照
徳島県 全県 後藤田正晴 仙谷由人 山口俊一 遠藤和良 井上普方
香川県 1区 真鍋光広 三野優美 木村義雄 2区 森田一 加藤繁秋 大野功統
愛媛県 1区 塩崎潤 関谷勝嗣 宇都宮真由美 2区 藤田高敏 越智伊平 村上誠一郎
3区 西田司 田中恒利 今井勇
高知県 全県 五島正規 中谷元 山本有二 石田祝稔 山原健二郎
福岡県 1区 楢崎弥之助 松本龍 山崎拓 太田誠一 神崎武法 2区 岩田順介 麻生太郎 三原朝彦 小沢和秋 東順治
3区 細谷治通 古賀誠 古賀正浩 権藤恒夫 古賀一成 4区 中西績介 自見庄三郎 三浦久 鍛冶清
佐賀県 全県 緒方克陽 山下徳夫 保利耕輔 坂井隆憲 愛野興一郎
長崎県 1区 田口健二 西岡武夫 髙木義明 久間章生 倉成正 2区 速見魁 金子原二郎 光武顕 虎島和夫
熊本県 1区 田中昭一 倉田栄喜 野田毅 魚住汎英 松岡利勝 2区 馬場昇 東家嘉幸 福島譲二 園田博之 渡瀬憲明
大分県 1区 村山富市 衛藤晟一 衛藤征士郎 畑英次郎 2区 阿部未喜男 田原隆 岩屋毅
宮崎県 1区 大原一三 松浦利尚 米沢隆 2区 北川昌典 中山成彬 持永和見
鹿児島県 1区 新盛辰雄 川崎寛治 宮路和明 宮崎茂一 2区 村山喜一 小里貞利 平田辰一郎
3区 二階堂進 有川清次 奄美 徳田虎雄
沖縄県 全県 古堅実吉 仲村正治 宮里松正 上原康助 玉城栄一

この選挙で初当選[編集]

※初当選者のうち、参議院議員経験者には「※」の表示がある。

自由民主党[編集]


日本社会党[編集]


公明党[編集]


日本共産党[編集]

民社党[編集]

無所属[編集]


この選挙で返り咲き[編集]

自由民主党[編集]

日本社会党[編集]


日本共産党[編集]

民社党[編集]

無所属[編集]

この選挙で引退[編集]

自由民主党[編集]


日本社会党[編集]


公明党[編集]


日本共産党[編集]

民社党[編集]

無所属[編集]

この選挙で落選[編集]

自由民主党[編集]


日本社会党[編集]

公明党[編集]


日本共産党[編集]


民社党[編集]


無所属[編集]

選挙関連特別番組[編集]

  • NHK開票速報
  • 筑紫哲也のどーなるニッポン 世紀末決戦'90(JNN系)
  • NNN'90総選挙(投票時間終了と同時に出口調査の結果を発表した最初の番組である)
  • スーパータイム選挙スペシャル
  • 総選挙ワイド・ドキュメント 崖っぷちの人間模様(FNN系)
  • 選挙ステーション
  • '90衆院選徹底討論 朝まで生選挙(ANN系)
  • 1990あなたの一票(TXN系)

選挙後[編集]

国会[編集]

第118特別国会

会期:1990年2月27日 - 6月26日
  • 衆議院議長選挙
櫻内義雄(自民党)-507票 無効-1票
  • 衆議院副議長選挙
村山喜一(社会党)-508票
  • 首班指名選挙(衆議院議決)
海部俊樹(自民党)-286票 土井たか子(社会党)-146票 石田幸四郎(公明党)-46票 不破哲三(共産党)-16票 永末英一(民社党)-14票

政党[編集]

1989年4月の消費税導入後最初の総選挙であり、当初自民党は前回の第38回総選挙での300議席の圧勝からの反動も重なって厳しい戦いになると予測されていた。実際、1989年7月の第15回参議院議員通常選挙では当選者数で社会党を下回り、参議院での過半数を大幅に割り込んで大敗北を喫している。しかし、1989年秋に一気に進んだ東ヨーロッパ諸国の民主化によりソビエト連邦を中心とした東側社会主義陣営の崩壊が進んだ事で、自民党はこの選挙の争点を「体制選択」と設定することに成功した。好調な経済(「バブル景気」)を享受する国民の反共・保守的意識に訴えかけ、さらに参院選での惨敗や海部内閣の人気から有権者に「もう十分だ」と思わせることにも成功。議席減を小幅に食い止め、追加公認を含めた議席数は286として、衆議院での単独過半数を維持した。

一方、社会党は前年の参議院選挙での圧勝を受け、衆議院での与野党逆転と政権獲得を目指した。しかし、長期低落傾向で党の基礎体力が落ちていたため、新たな候補者選定作業は難航し、特に中選挙区制での過半数議席獲得では絶対に必要な複数候補の立候補方針に対しては現職議員からの抵抗が強かった。また、立候補の勧誘でも、資金難のため落選した場合の生活保障ができず、断られることが多々あったという[2]。土井は選挙協力した社公民と社民連合わせて、定数512に対し社会党で180人、公民社民連の3党で120人、計300人の擁立を見込んでいた[3]。しかし、公民が苦戦を予想して候補者を減らしたことも相まって、公認候補は社会党149人、公民社民連3党で108人、計257人(系列の無所属は29人)と過半数ぎりぎりに留まった。公認だけで338人(保守系無所属は109人)擁立した自民党との体力差は歴然としていた。野党は全体的に、候補を立てる能力が衰退していたといえる。

それでも社会党の当選者は1967年第31回総選挙での140議席以来の議員数となったが、その半分は公明党・民社党などの他野党から奪った議席だった(残りの半分は、自民独占区からの議席奪還が多かった)。特に民社党は議席がほぼ半減の惨敗であった。公明党と民社党は、社会党が社公民路線と呼ばれる野党連立政権の相手と想定していたが、この選挙で社会党が一人勝ちしたことに反発し、社会党との連立政権協議を打ち切った。そして、自公民路線と呼ばれる保守・中道連携路線が定着していった。また、共産党は消費税への反対票が社会党に集中し、自民党による体制選択の争点化でダメージを受けたため、議席数がほぼ半減した。

ちなみに、この総選挙での社会党及び民社党からの初当選者には、およそ20年後の民主党政権で入閣した者が多く含まれている。例としては、赤松広隆(農水相)、大畠章宏(経産相・国交相)、仙谷由人(官房長官)、細川律夫(厚労相)、松本龍(環境相)など。

なお、この総選挙では宗教団体オウム真理教(現:アーレフ)が「真理党」を結成し、教祖の麻原彰晃(本名:松本智津夫)や信徒の上祐史浩など25人を立候補させたが、供託金没収の惨敗となった。特に麻原が出馬した東京都第4区では、開票に不正がないか確かめるため、信者3人にわざと本名の松本智津夫で投票させた上で、開票時の立会時に票を確認させた。実際には発見するのは至難の業であるが、麻原は松本票を確認できなかったことを「選挙不正」であると喧伝した(野田成人著『革命か戦争か』)。これを機に教団が武力による権力掌握に方向転換、後の松本サリン事件地下鉄サリン事件といった一連のオウム事件へとつながったと言われている。

脚注[編集]

  1. ^ 石川真澄著『戦後政治史 新版』(岩波新書)の巻末資料「データ 国会議員選挙の結果」より引用。
  2. ^ 土井たか子 『せいいっぱい 土井たか子半自伝』 朝日新聞社 pp84,129
  3. ^ 前掲、土井 p128

外部リンク[編集]