大畠章宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
大畠 章宏
おおはた あきひろ
生年月日 1947年10月5日(66歳)
出生地 日本の旗 茨城県東茨城郡常北町
出身校 武蔵工業大学工学部卒業
武蔵工業大学大学院
工学研究科修士課程修了
前職 日立労働組合日立支部
執行委員
現職 民主党幹事長
民主党茨城県総支部連合会
顧問
民主党茨城県第5区総支部
総支部長
次の内閣
ネクスト副総理大臣
所属政党 日本社会党→)
社会民主党→)
旧民主党→)
民主党大畠グループ
称号 工学修士(武蔵工業大学・1974年
公式サイト 大畠章宏ホームページ

内閣 菅第2次改造内閣
任期 2011年1月14日 - 2011年9月2日
議員会館 衆議院第1議員会館406号室

内閣 菅第1次改造内閣
任期 2010年9月17日 - 2011年1月14日

選挙区 旧茨城2区→)
比例北関東ブロック→)
茨城5区
当選回数 8回
任期 1990年2月19日 - 現職

当選回数 1回
任期 1986年 - 1990年
テンプレートを表示

大畠 章宏(おおはた あきひろ、1947年昭和22年)10月5日 ‐ )は、日本政治家学位工学修士武蔵工業大学1974年)。衆議院議員(8期)。民主党幹事長(第14代)。

茨城県議会議員(1期)、経済産業大臣第13代)、国土交通大臣第15代)、民主党代表代行などを歴任。

経歴[編集]

政治家になるまで[編集]

茨城県東茨城郡常北町(のちの城里町)出身。茨城高等学校武蔵工業大学(現東京都市大学工学部機械工学科卒業1974年、武蔵工業大学大学院工学研究科修士課程修了

その後、日立製作所に入社。原子力発電所プラントの設計及び建設業務に従事した。1978年より2年間、労働組合専従役員として活動。

政治家へ[編集]

1986年に茨城県議会議員当選。代議士・城地豊司の死去に伴い、日立労組後継候補として1990年第39回衆議院議員総選挙で当時の日本社会党から初当選。1995年には村山内閣通産政務次官を務めた。1996年旧民主党に移籍し、1998年民主党結党にも参加した。

1999年村山富市の率いる訪朝団に伊藤英成と共に参加し、北朝鮮を訪問した。

2000年、民主党の高度情報化社会プロジェクトチーム座長として、民主党高度情報化社会プロジェクト提言を行った。

2000年12月、在日本朝鮮人総連合会の招請による民主党の訪朝団に選ばれ、北朝鮮を訪問[1]

2000年12月6日、民主党のネクスト情報通信大臣に就任。2002年12月17日、民主党のネクスト内閣府大臣に就任。2003年7月6日、民主党の次の内閣の閣議で、「新しい国立追悼施設のあり方について」の提起を行う[2]

2005年8月4日、『小泉政権郵政民営化法案』廃案を目指す国民集会に参加し、集会の締めとなる音頭を取った[3]

2007年9月5日、民主党のネクスト金融担当大臣に就任。2009年、衆議院国家基本政策委員長に就任。

2009年9月、鳩山由紀夫内閣総理大臣就任に伴い鳩山グループ会長に就任した[4]

初入閣後[編集]

2010年9月、菅第1次改造内閣において経済産業大臣として初入閣。入閣に伴い、民主党茨城県総支部連合会会長を退任[5]

2010年11月6日中国レアアース禁輸処置に世界が揺れる中「中国とレアアース(希土類)の代替材料やリサイクル技術を共同研究したい」との意向を示した[6]

2011年1月に行われた菅第2次改造内閣の組閣では、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)参加に積極的な海江田万里の経産相就任に伴い国土交通大臣へ補職変更となった[7]。それに加えて、国務大臣としての担当事項として「海洋に関する施策を集中的かつ総合的に推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整[8]も新たに担当することになった。

同年6月2日の菅内閣不信任決議に一旦は賛成を表明した鳩山と対立し、鳩山グループ会長を辞任する意向を示した[9]6月30日、鳩山の会長復帰に伴い顧問に退く[10]。菅総理の退陣に伴う8月の民主党代表選では、農林水産大臣鹿野道彦を「尊敬する政治家」と評価し[11]推薦人となる[12]が、鹿野は1回目の投票で4位に終わる[13]。 大畠は代表選後に鳩山グループを脱退。素交会(鹿野グループ)の旗揚げに参加し、会長代行に就任する。2011年9月、野田内閣発足に伴い国土交通大臣を退任した。10月21日、衆議院憲法審査会会長に就任。

2012年12月、民主党代表代行に就任。また、素交会(大畠グループ)会長に就任。

2013年7月、代表・海江田万里の下で民主党幹事長に就任[14]

2014年4月、日本記者クラブで記者会見し、今夏に民主党代表選挙を実施することもあり得るとの認識を示した[15]。会見後、「進退は代表が判断すべき事項で、私が特定の時期を指定したり、否定したりすべきではない。一般論として応答した」と釈明するコメントを出した[15]

政策[編集]

選挙歴[編集]

当落 選挙 施行年月 選挙区 政党 得票数 比例代表
茨城県議会議員選挙 1986年    日本社会党
第39回衆議院議員総選挙 1990年2月 旧茨城2区 日本社会党  122,237
第40回衆議院議員総選挙 1993年7月 旧茨城2区 日本社会党 81,537
当(比例) 第41回衆議院議員総選挙 1996年10月 茨城5区 民主党 53,497 比例北関東ブロック
第42回衆議院議員総選挙 2000年6月 茨城5区  民主党 65,995
第43回衆議院議員総選挙 2003年11月 茨城5区 民主党 74,407
第44回衆議院議員総選挙 2005年9月 茨城5区 民主党 74,753
第45回衆議院議員総選挙 2009年8月 茨城5区 民主党 91,855
第46回衆議院議員総選挙 2012年12月 茨城5区 民主党 61,142
当選回数9回 (衆議院議員8)

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 民主党ホームページ:北朝鮮に訪問団派遣~伊藤英成団長ら議員6名で [1]
  2. ^ 民主党ホームページ:【次の内閣】国立追悼施設設立について方針決める [2]
  3. ^ 民主党ホームページ:「『小泉政権の郵政民営化法案』廃案を目指す国民集会」を開催 [3]
  4. ^ YOMIURIONLINE2011年6月30日
  5. ^ 「遠藤章江氏の公認→推薦へ――茨城県議選――民主県連、会長に郡司氏」『遠藤章江氏の公認→推薦へ 茨城県議選 民主県連、会長に郡司氏 - MSN産経ニュース産経デジタル2010年10月25日
  6. ^ 日本経済新聞『レアアース代替素材「中国と共同研究」 経産相』[4]
  7. ^ asahi.com2011年1月14日
  8. ^ 「人事異動」『官報』号外特1号、国立印刷局2011年1月14日、1面。
  9. ^ 東奥日報2011年6月18日
  10. ^ 産経ニュース2011年7月1日
  11. ^ asahi.com2011年8月26日
  12. ^ YOMIURIONLINE2011年8月27日
  13. ^ 日テレNEWS242011年8月29日
  14. ^ http://www.asahi.com/politics/update/0726/TKY201307260098.html
  15. ^ a b 今夏に民主代表選も」大畠幹事長が言及 産経新聞 2014年4月30日 2014年5月4日閲覧。
  16. ^ a b “2012衆院選 茨城5区 大畠章宏”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A08005003003 2014年4月20日閲覧。 
  17. ^ 第140回国会 衆議院 法務委員会 請願3713号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
馬淵澄夫
日本の旗 国土交通大臣
第15代:2011年
次代:
前田武志
先代:
直嶋正行
日本の旗 経済産業大臣
第13代:2010年 - 2011年
次代:
海江田万里
議会
先代:
(新設)
日本の旗 衆議院憲法審査会会長
初代:2011年 - 2012年
次代:
保利耕輔
先代:
二田孝治
日本の旗 衆議院国家基本政策委員長
第11代:2009年 - 2010年
次代:
樽床伸二
先代:
横路孝弘
日本の旗 衆議院内閣委員長
2001年 - 2002年
次代:
佐々木秀典
党職
先代:
仙谷由人
民主党代表代行
2012年 - 2013年
次代:
高木義明
先代:
細野豪志
民主党幹事長
第14代:2013年 -
次代:
(現職)
先代:
鹿野道彦
素交会会長
第2代:2012年 -
次代:
(現職)