茨城県第4区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗茨城県第4区
行政区域 常陸太田市ひたちなか市常陸大宮市(旧御前山村域を除く)、那珂市久慈郡
(2014年1月現在)
比例区 北関東ブロック
設置年 1994年2013年区割変更)
選出議員 梶山弘志自由民主党
有権者数 272,951人
1.17 倍(一票の格差宮城5区との比較)
総務省・2013年9月2日)
テンプレートを表示

茨城県第4区(いばらきけんだい4く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

以前は那珂郡東海村は4区の区域であったが、2013年の区割変更に伴い5区に移行した。

歴史[編集]

自由民主党幹事長内閣官房長官国家公安委員長等を歴任した梶山静六が、中選挙区時代から強固な地盤を誇っており、静六の死後も息子の梶山弘志が地盤を引き継ぎ連戦連勝を重ねている。

2009年に行われた第45回衆議院議員総選挙では自民党に猛烈な逆風が吹き荒れる中、梶山弘志が約7000票差まで迫られたものの小選挙区で4選。この選挙では茨城県選出の自民党議員のうち、小選挙区選出者は梶山ただ1人だった。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 梶山静六 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 梶山弘志 自由民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 梶山弘志 自由民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 梶山弘志 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 梶山弘志 自由民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 梶山弘志 自由民主党

選挙結果[編集]

第46回衆議院議員総選挙 茨城県第4区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
梶山弘志 57 自由民主党 113,718票 65.1%
高野守 53 民主党 48,395票 27.7%
宇野周治 62 日本共産党 12,555票 7.2%
第45回衆議院議員総選挙 茨城県第4区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
梶山弘志 53 自由民主党 104,236票 50.7%
比当 高野守 50 民主党 97,256票 47.3% 国民新党 推薦
中村伸丈 42 幸福実現党 3,968票 1.9%
第44回衆議院議員総選挙 茨城県第4区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
梶山弘志 49 自由民主党 122,200票 63.2%
高野守 46 民主党 59,941票 31.0%
川崎篤子 52 日本共産党 11,212票 5.8%
第43回衆議院議員総選挙 茨城県第4区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
梶山弘志 48 自由民主党 119,047票 74.1%
大嶋修一 57 社会民主党 28,660票 17.8%
川崎篤子 50 日本共産党 13,015票 8.1%
第42回衆議院議員総選挙 茨城県第4区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
梶山弘志 44 自由民主党 139,817票 83.4%
大和田喜市 73 日本共産党 27,927票 16.6%
第41回衆議院議員総選挙 茨城県第4区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
梶山静六 70 自由民主党 112,977票 68.3%
斎藤全一郎 41 新進党 38,028票 23.0%
根本道直 62 日本共産党 14,325票 8.7%

関連項目[編集]